スピーチ講座⑤

英検1級 二次試験スピーチ講座⑤

英検1級のエッセイ、スピーチの組み立てをサポートする「IC3フォーマット」
実際にどのように活用されているか実証します。

【2017年度1回】
“Can restrictions on freedom of speech ever be justified?”
(表現の自由の制限は、正当化されうるか?)


Finally, social media's enormous role in information sharing means restrictions
on free speech would likely involve intensive monitoring of the Internet.
This would inevitably entail the invasion of privacy.
If such invasive measures were introduced, citizens would begin to lose even more of their rights.

この段落を「論点」「事例」「影響」に分解してみよう。

①論点+事例
Finally, social media's enormous role in information sharing means restrictions on free speech would likely involve intensive monitoring of the Internet.
(最後に、情報共有におけるソーシャルメディアの役割からすると、表現の自由の制限はインターネットの検閲につながる可能性がある)

②影響
This would inevitably entail the invasion of privacy.
(これはプライバシーの侵害を伴うことになる)

③影響
If such invasive measures were introduced, citizens would begin to lose even more of their rights.
(そのような侵害的な手段が導入されると、人々は人権をさらに失うことになる)

【2017年度第2回】
“Should developed nations encourage immigration from other countries?””
(先進国は他国からの移民を奨励すべきか?)


Finally, immigrants contribute to developed countries' economies by supporting pensions. Pension systems in countries with aging populations will cease functioning as fewer and fewer people pay into them. Immigrants often spend years paying into pension systems, making an enormous contribution. This makes more money available to retirees in host nations and is an invaluable economic advantage.

①論点
Finally, immigrants contribute to developed countries' economies by supporting pensions.
(最後に、移民は年金をサポートすることで先進国の経済に貢献する)

②事例
Pension systems in countries with aging populations will cease functioning as fewer and fewer people pay into them. Immigrants often spend years paying into pension systems, making an enormous contribution.
(高齢化が進む国の年金制度は年金を支払う人が少なくなるについて機能停止となる。移民は何年も年金を支払い、大きな貢献をしてくれる)

③影響
This makes more money available to retirees in host nations and is an invaluable economic advantage.
(このことよにって、定年退職者への財源が増え、経済的にはプラスである)

【2017年度第3 回】
“Should Japan rethink its relationship with the United States?”
(日本はアメリカとの関係を見直すべきか?)


Finally, there is the disadvantage to the United States.  As it is obligated to defend Japan, the United States could be forced to deploy troops for conflicts it has nothing to do with, such as territorial disputes between Japan and its neighbors. This could cause bitterness between the US and Japan, and compromise the US military's ability to handle its own conflicts.

①論点
Finally, there is the disadvantage to the United States.
(最後に、アメリカにとっても不利益がある)

②事例
As it is obligated to defend Japan, the United States could be forced to deploy troops for conflicts it has nothing to do with, such as territorial disputes between Japan and its neighbors.
(アメリカは日本を防衛しないといけないため、日本と隣国との争いなど、自国とは無関係な対立の場合も軍隊を配備しなくてはならない)

③影響
This could cause bitterness between the US and Japan, and compromise the US military's ability to handle its own conflicts.
(これは日米間に摩擦をもたらし、米軍の自国防衛力を弱める結果につながるだろう)


スポンサーサイト

スピーチ講座④

英検1級 二次試験スピーチ講座④

英検1級のエッセイ、スピーチの組み立てをサポートする「IC3フォーマット」
実際にどのように活用されているか実証します。

【2017年度1回】
“Can restrictions on freedom of speech ever be justified?”
(表現の自由の制限は、正当化されうるか?)

Furthermore, free speech is especially important given that tensions run high among governments and citizens alike. Restrictions introduced to help prosecute suspected terrorists could escalate into widespread suppression of ideas deemed threatening to the state. Such suppression could then inspire citizens to commit violence and vigilante acts, as they may feel they are justified in serving as an arm of the government.

①論点
Furthermore, free speech is especially important given that tensions run high among governments and citizens alike.
(さらに、表現の自由は政府と民衆の緊張が高まっているときこそ特に重要だ)

②事例
Restrictions introduced to help prosecute suspected terrorists could escalate into widespread suppression of ideas deemed threatening to the state.
(テロリスト容疑者を起訴するための制限は、抑圧意識にエスカレートし国家にとって脅威になりえます)

③影響
Such suppression could then inspire citizens to commit violence and vigilante acts, as they may feel they are justified in serving as an arm of the government.
(そのような抑制は民衆が暴力や制裁行為を正当化することにつながる)

◆分析
構成は通常パターン。主張、事例、影響となっている。

【2017年度第2回】
“Should developed nations encourage immigration from other countries?””
(先進国は他国からの移民を奨励すべきか?)

Furthermore, cultural homogeneity is hardly an asset in the globalized world. True internationalization cannot be achieved by simply improving a population's foreign-language skills; rather, people in culturally homogenous developed nations must learn to be comfortable with immigrants and cease viewing them as outsiders. Large-scale immigration will create an internationally minded populace by increasing cultural diversity.

①論点
Furthermore, cultural homogeneity is hardly an asset in the globalized world.
(さらに、表現の自由は政府と民衆の緊張が高まっているときこそ特に重要だ)

②事例
True internationalization cannot be achieved by simply improving a population's foreign-language skills; rather, people in culturally homogenous developed nations must learn to be comfortable with immigrants and cease viewing them as outsiders.
(真の国際化は、外国語のスキルを伸ばしただけでは達成できない。同質的な文化の先進国の人々は、移民に慣れ、彼らを部外者とみなすことをやめないといけない)

③影響
Large-scale immigration will create an internationally minded populace by increasing cultural diversity.
(そのような抑制は民衆が暴力や制裁行為を正当化することにつながる)

◆分析
構成は通常パターン。主張、事例、影響となっている。

【2017年度第3 回】
“Should Japan rethink its relationship with the United States?”
(日本はアメリカとの関係を見直すべきか?)


Furthermore, Japan should consider its sovereignty. Japanese territory is essentially at the mercy of the United States.  Apart from the numerous existing US military bases considered unwelcome by many Japanese citizens, there is the possibility many more troops could arrive in the interest of US national security. 
This would place extreme stress on Japanese society.

①論点
Furthermore, Japan should consider its sovereignty. Japanese territory is essentially at the mercy of the United States.
(さらに、日本は自国の主権について考えるべきだ。日本の領土はアメリカのなすがままになっている)

②事例
Apart from the numerous existing US military bases considered unwelcome by many Japanese citizens, there is the possibility many more troops could arrive in the interest of US national security.
(日本の市民から歓迎されていないと思われる多数の在日駐在基地の存在に加え、米国の防衛のため、より多くの米国軍隊が日本に来る可能性がある)

③影響
This would place extreme stress on Japanese society.
(これは日本社会にとって大きな緊張を与える)

◆分析
構成は通常パターン。主張、事例、影響となっている。

スピーチ講座③

英検1級 二次試験スピーチ講座③

英検1級のエッセイ、スピーチの組み立てをサポートする「IC3フォーマット」
実際にどのように活用されているか実証します。

【2017年度1回】
“Can restrictions on freedom of speech ever be justified?”
(表現の自由の制限は、正当化されうるか?)

First of all, freedom of speech is integral to democracy. When governments crack down on citizens' expression, democracy itself is threatened. History has shown that there is a correlation between the rise of government authoritarianism and the imposition of restrictions on free speech. Without the transparency afforded by the unrestricted flow of ideas and information, government accountability is impossible and democracy fails.

この段落を「論点」「事例」「影響」に分解してみよう。

①論点
First of all, freedom of speech is integral to democracy. 
(まず最初に、表現の自由は民主主義に不可欠である)

②事例
When governments crack down on citizens' expression, democracy itself is threatened. History has shown that there is a correlation between the rise of government authoritarianism and the imposition of restrictions on free speech.
(政府が市民の表現を制限するとき民主主義の本質が脅かされる。歴史的には、権威主義の興隆と表現の自由の制限には相関性がある)

③影響
Without the transparency afforded by the unrestricted flow of ideas and information, government accountability is impossible and democracy fails.
(制限のない透明性のある情報や意見の交換がなければ、政府の運営責任は不可能となり民主主義は破壊される)

◆分析
構成は通常パターン。「論点」→「事例」→「影響」
「表現の自由は民主主義に不可欠」→「政府が表現統制すると独裁主義につながるという歴史的事例がある」→「制限されない情報交換がないと民主主義は破壊される」
変則的なのは2つ目の「事例」が2つの文になっていること。
be integral to ~にとって不可欠
crack down on ~ ~を取り締まる
be threatened 脅かされる、悪くなる
imposition of restrictions 統制の実施

【2017年度第2回】
“Should developed nations encourage immigration from other countries?”
(先進国は他国からの移民を奨励すべきか?)


“First of all, developed countries face a labor shortage. As their population ages, workers of all skill levels are becoming scarce. The only solution is for governments to encourage working-age people to immigrate. Some commentators say automation can provide a solution, but in reality this cannot compare with a steady influx of immigrants who can sustain the workforce.”

この段落を「論点」「事例」「影響」に分解してみよう。

①事例
“First of all, developed countries face a labor shortage. As their population ages, workers of all skill levels are becoming scarce. ”
(まず最初に、先進国は労働力不足に直面している。人口の高齢化により、さまざまなレベルの技能労働者が減っている)

②論点
“The only solution is for governments to encourage working-age people to immigrate. ”(唯一の解決策は労働人口の移入を促進することだ)

③影響
“Some commentators say automation can provide a solution, but in reality this cannot compare with a steady influx of immigrants who can sustain the workforce. ”
(一部の批評家はオートメーション化が労働力不足を解消するというが、現実的には移民の労働力にはかなわない)

◆分析
構成はやや変則パターンで、「論点」→「事例」→「影響」となっている。
通常パターンならこんな感じになる。
“First of all, immigrants would compensate for the labor shortage that developed countries face. As their population ages, workers of all skill levels are becoming scarce. The only solution is for governments to encourage working-age people to immigrate. ”
population ages  人口が高齢化する
A cannot compare with B  BはAより圧倒的に優れている

【2017年度第3 回】
“Should Japan rethink its relationship with the United States?”
(日本はアメリカとの関係を見直すべきか?)

First of all, Japan is guaranteed security under the US nuclear umbrella and so has not needed to take full responsibility for its own defense.  While this may allay the concerns of the populace in the face of threats from other countries, it is detrimental in the long term. Without a full-fledged military, Japan lacks the diplomatic leverage necessary to become an independent player on the world stage.

この段落を「論点」「事例」「影響」に分解してみよう。

①事例
First of all, Japan is guaranteed security under the US nuclear umbrella and so has not needed to take full responsibility for its own defense.
(まず最初に、日本はアメリカの核の傘によって防衛されているため、自国防衛の責任を全面的に負うことがなかった)

②論点
While this may allay the concerns of the populace in the face of threats from other countries, it is detrimental in the long term.
(確かにこの状態は他国からの攻撃に対する国民の不安を和らげるが、長い目で見ればマイナスである)

③影響
Without a full-fledged military, Japan lacks the diplomatic leverage necessary
to become an independent player on the world stage.
(本格的な軍隊がないために、日本は自立したプレーヤーとしての外交的影響力を欠いている)

◆分析
構成は変則パターン(「論点」→「事例」→「影響」)
1文目で「事例」(日本はアメリカの核の傘に守られてきた)を先に持ってきて、
2文目で「主張」(長い目で見るとよくない)している。

通常パターンならこんな感じ。

First of all, the Japan-U.S. military block is detrimental in the long term.
Japan is guaranteed security under the US nuclear umbrella and
so has not needed to take full responsibility for its own defense.
Without a full-fledged military, Japan lacks the diplomatic leverage
necessary to become an independent player on the world stage.

こっちの方がスッキリしている気がするが、いかがでしょう?

◆表現(英検1級レベル語彙)
is guaranteed security  治安を保証されている
allay the concerns   不安を和らげる
is detrimental   有害である
full-fledged military  本格的な軍隊
diplomatic leverage  外交的影響力

【まとめ】

本論①は「主張」+「事例」+「影響」である。

「表現の自由の制限は独裁主義につながった」⇒「民主主義への脅威」
「高齢化社会では労働力不足になる」⇒「移民により労働力がもたらされる」
「米国の核のカサに守られている」⇒「独立した外交ができない」


2文目で例を挙げるだけでなく
3文目で、「その事例がどういう意味をもつのか」を
しっかり述べることがポイントになる。

スピーチ講座②

英検1級 二次試験スピーチ講座②

エッセイでもスピーチでも「序論」からスタートします。
ここでいきなり「主張」(私は○○と思う)から入るパターンもありますが、
エッセイの模範解答を見る限り、「論題」をまず導入します。

【2017年度1回】
“Can restrictions on freedom of speech ever be justified?”
(表現の自由の制限は、正当化されうるか?) 


People's right to express themselves freely is a cornerstone of democracy.
Even the slightest restrictions could threaten democracy and are therefore unacceptable.
Additionally, the war on terror and the prevalence of the Internet
in communication make it vital to protect free speech.

①論題 (表現の自由は民主主義の基礎)
People's right to express themselves freely is a cornerstone of democracy.

②主張+論点(表現を制限は、民主主義を脅かす)
Even the slightest restrictions could threaten democracy and are therefore unacceptable.

③論点(テロリズムとの戦い、インターネットの普及にとっても、表現の自由は不可欠)
Additionally, the war on terror and the prevalence of the Internet in communication make it vital to protect free speech.

◆分析
この例では、少しだけ「フォーマット」を崩しているパターン。
というのは、2文目の「主張」のセンテンスに「論点」の1つを組み込んでいるから。

私なら、フォーマットに忠実に合わせるため
2文目を “I believe that even the slightest restriction on freedom of speech would be detrimental to society.”
3文目を”Restrictions would undermine democracy, the war on terror, and the prevalence of the Internet in communication.”
とすると、スッキリするように思う。

【2017年度第2回】
“Should developed nations encourage immigration from other countries?””
(先進国は他国からの移民を奨励すべきか?)


Immigrants have been arriving on the doorstep of wealthy nations for centuries.
I believe that immigration would offer them overwhelming benefits.
Of these, most notable are a sustainable workforce, multiculturalism, and stronger pension systems.

①論題(先進国には移民が押し寄せている)
Immigrants have been arriving on the doorstep of wealthy nations for centuries.

②主張(移民は大きなメリット)
I believe that immigration would offer them overwhelming benefits.

③論点(労働力、多民族主義、年金制度のサポート)
Of these, most notable are a sustainable workforce, multiculturalism, and stronger pension systems.

◆分析
フォーマットピッタリ。
「1文目論題、2文目主張、3文目論点」という「フォーマット」にピッタリ合わせているパターン。また、2文目でbenefits(メリット)と表現し、3文目でOf these (benefits)とスムーズにつなぐ技、これはぜひ使ってみたい。

【2017年度第3 回】
“Should Japan rethink its relationship with the United States?”
(日本はアメリカとの関係を見直すべきか?)


For decades, the United States has been largely responsible for Japan's defense.
While it once served a purpose, this arrangement is now harmful to Japan's sovereignty,
its role in international relations and US interests,.

①論題(アメリカは日本の防衛責任を負ってきた)
For decades, the United States has been largely responsible for Japan's defense.

②主張(日本はアメリカとの関係を見直すべき)
I believe, however, Japan should rethink its relationship with the U.S.

③論点(日米関係は日本の主権、国際関係、アメリカの利益にとって有害)
While it once served a purpose, this arrangement is now harmful to Japan's sovereignty, its role in international relations and US interests.

◆分析
「フォーマット」をやや崩している。というのは、実は、英検協会発表の「模範解答」では「主張」の文がなく、2文目でthis arrangement is now harmfulと言っている。つまり2文目が「主張+論題」となっているわけだ。そこで「フォーマット」に合わせるため、2文目でI believe, however, Japan should rethink its relationship with the U.S.を入れてみた。

【まとめ】
2017年度実施3回分の「序論」を分析すると、以下のことがわかる。

①1文目は論題の紹介。
英検協会の「模範解答」では1文目は必ず「論題の導入」となっており、
そこには「主張」はは入れていない。
つまり、1文目から「私の意見は~です」と「主張」にしてしまうのは
「英検協会のおススメ」ではない!ということである。

②ほぼフォーマット通り。
3例のうち、変則パターンが見られた。

1文目「論題」+2文目で「主張+論点①②③」
1文目「論題」+2文目で「主張+論点①」+3文目「論点②③」

しかながら、
パターンを変えると受験者への負担が大きくなるので、
私は、1文目「論題」+2文目「主張」+3文目「論点①②③」の
定型パターンを堅持すべきと考える。
(柔軟に対応できる方はどうぞご自由に)

スピーチ講座①

英検1級 二次試験スピーチ講座①

「一次のエッセイ、二次のスピーチが難しい。
どうしたらいいかわからない!」という声を聞きます。

たしかに何も対策をしていなければ、
「1分で考え2分スピーチする」という
「即興ゲーム」に確実に対応するのは不可能に近いと思います。

「では、どうやって準備したらいいのか?」

悩んだ私が目を付けたのは
「英検協会が発表している模範英作文」です。

あ、いや、正直に白状すると、
これを「発見」したのは、私ではありません。

「一級さん倶楽部」メンバーでもある「NOBUさん」です。
NOBUさんは、過去の模範解答をじっくりと分析された結果、
テンプレート(定型)があることを見つけました。

これを私が「IC3フォーマット」と命名しました。
「IC3フォーマット」の名称の由来は

「I」(Introduction序論)
「C」(Conclusion結論)の両方で
「3」(three points 3論点)を繰り返す。


実は、このテンプレートは、
エッセイ、ライティングどちらにも使えますし、
構成が最初から完成しているため、
あとはネタさえ思いつけばよいことになります。

この「IC3フォーマット」を使うようになってから、
ライティングは730点以上をキープし、
今回2017年度第3回では
32/32点(850点)満点を取ることができました。
スピーチも32/40点をキープできています。

この「IC3フォーマット」では
5段落+14文を作るという構成です。

序論:論題→主張→論点
本論①:論点→事例→影響
本論②:論点→事例→影響
本論③:論点→事例→影響
結論:論点→主張


序論/本論①/本論②/本論③は3センテンスずつ、
結論は、2センテンスです。合計14センテンスで完成です。

それでは具体的に
「2017年度3回分(第1回~第3回)の
模範解答に、このIC3フォーマットを
当てはめて検証してみましょう。

二次試験に向けて

さて2月25日の二次試験に向けて準備開始。

過去4回の成績は以下の通り。

2016年度2回 9/9/9/9  36 656
2016年度3回 8/10/8/8  34 642
2017年度1回  8/8/8/9  33 643
2017年度2回  8/8/8/8  32 646


ちなみに選んだトピックは以下の通り。
スピーチは5つの中から1つを選べるので
「過去に用意したことのあるトピック」を選んできた。

2016年度2回  Should protect movement be restricted?
2016年度3回  Is globalization good for society?
2017年度1回  Can military conflicts be eliminated?
2017年度2回  Is democracy the best form of government?

過去4回とも640点は確実にとれているので
おそらく今回も合格点(602)は
問題なくクリアできると思われる。

しかし一方で
「8点から上」(9点、10点)が見えてこない。
「8点の壁」というべきか。

2016年度第1回は、NOBUさんが40点満点、
2017年度第2回は、Junさんが39点(702点)という
高得点をマークしており
5回目チャレンジの今回はそろそろ40点を取りたいと思うのだが
どうやったら10点取れるのかがわからない。

今回英作文で32点満点をとれたが
「これまでよりできた」部分と言えば
「具体例を意識的に盛り込んだ」ぐらいである。
具体例については意識したい。

構成としては「IC3フォーマット」を使い
序論、結論で3論点を述べた。
これはスピーチでも同じでいくつもりだ。
(ちなみに、論点が2つしか思いつかなくても合格できる)

あと考えつくのは過去のモデルを反復するぐらいなので
今日から音読をしていこうと思う。

英検一次結果

2017年度第3回英検 一次試験結果

【1級】(2261/2550)

S1_2018021009595402e.jpg

【語彙】
いつもはライティングからやるのだが、
今回は語彙を最初にやってみた。
前回(2017年度第2回)では25問全問正解だったが、
今回は単語1問(rift)と熟語2問(ride out, dawn on)
を不正解。いつもどおりの3問ミス。
「パス単」からは18問ぐらい出ていたので
「パス単をやれば合格する」は今回も証明された。
では、満点を取るには?
「パス単」プラス「単語大特訓」とジャパンタイムズかな?

【ライティング】
次にやったのがライティング。政治的な内容であり
過去に予想していたネタが使えなかった。
立場は「米国従属をやめるべし」で、
根拠は「人権保護」「国際平和」「経済成長」だった
ように思う。気がついたら40分もかかってしまい、
かなり焦る。できとしてはそれほどよいとは思わなかったが
フタを空けたら「初ホームラン」(850点)でビックリ!
しまった!試験直後にエッセイを再現すべきだった。
(今からだと詳細が思い出せない)
英作文満点

【長文】
ライティングで時間をとられすぎ、
長文をスタートした段階で
「あ、これはもうちゃんと読んで答えるのは無理だ・・・」と感じた。
とりあえず空所補充をやったが
内容把握は難しく「読まずに解いた」問題もあった。
結果的には9/16という「過去最低」のできで
初めて700点を切ってしまった。
練習不足がもろに出た。

【リスニング】
各パート2問、1問、1問、1問ずつミス。
スクリプトを分析すると
「否定」「限定」「比較」「仮定法」の表現が
正解にかかわってきている印象。
これも練習不足。

【一次総合】
今回の失敗はWで40分もとられたこと。
そのため、Rがボロボロで700点割れ。
Lも代わり映えしない。練習してないからしかたない。
自己ワースト(2140)更新も覚悟していたが
まさかのライティング満点に驚いた。
850点は破壊力抜群で、一次合計点2200を越えた。
しかし・・・全体的には決して良くない。
R, Lは「シングルヒット」Wが「ホームラン」という感じ。
R, L, W 最低730点はとらないとなあ。
ちなみに今回RLで730取れていれば
2300点台まで伸ばせていた。

それでもまあ1級での満点(850)は今回初めて
素直に嬉しい。
これはSでも850を狙うしかない。

【準1級】(2083/2250)

P1_20180210100303b52.jpg

【語彙】
今回は語彙を最初にやってみた。
まさかの1問ミス。"heap"が選べなかった。
"a heap of food"と言うんですね。
恥ずかしながら、知らなかった・・・

【ライティング】
「人類は地球外に移住すべきか?」というSF的な話題でビックリした。
「移住すべし」で書いた。根拠はTechnologyとSituation on Earthの2つ。
突拍子もない内容だったが、2回目の満点。

【長文】
うーん、2問ミス。語彙でも1ミスなので、満点取れず。

【リスニング】
Part 3で屈辱の1ミス。
たった1ミスでも93点も失った。

【一次総合】
うーん、そろそろSでも満点取りたい。

TOEIC満点セミナー

TOEIC満点セミナー in 名古屋!

Jet Bullさん+菊池健彦さんによる
「TOEIC満点セミナー」を開催します。

■名称:TOEIC満点セミナー リスニング攻略編
■日時: 2月17日(土)13:00-17:00
■場所: 名古屋駅徒歩5分 「ABC会議室」(名古屋駅徒歩3分)
http://www.abckashikaigishitu.com/access.php
■内容: TOEICリスニング対策
■定員: 先着30名


【講師陣:990点×128回取得のTOEIC講師】
・菊池健彦さん 990点×78回取得
・Jet Bullさん 990点×50回取得 
お二人が「TOEICリスニング攻略法」を徹底指南します!

20150326013248697s.png 222.jpg


■題材:「公式問題集を徹底活用してリーディングセクション攻略」
をテーマに行います。

リーディングセクションが苦手な方は必見!
名古屋で菊池さんの指導を受けられる貴重なチャンスです!!!

★参加費 3,000円
当日、受付にてお支払いください。
キャンセルの場合でもご負担はありません。

★お申し込みはオンラインで!
こちらから

■持参品:以下をご持参ください。
「公式 TOEIC Listening & Reading 3」(写真)
※ご自身でご用意ください。会場では販売しません。
kousiki3.jpg

②英英辞典(どの出版社でもよい。アプリ可)

TOEIC満点の秘訣をつかむチャンス!

英検結果(秋)

初合格で盛り上がっているみなさん、
本当におめでとうございます!

私は予想通り「ガッカリな結果」でした。

【1級】
S1 2017-2

今回  730/683/727/646  2786
前回  726/712/764/643  2845
前々回 733/753/790/642 2918

うーん「自己ワースト」を達成してしまった!
敗因は練習不足。
Junさんの半分、いや3分の1ぐらいしか練習していない。

わかってきたのは
「二次試験は640点は確実にとれる」ということ。
ここから逆算すると、「3000点を突破する」には、
一次試験で2360点をとらないといけないことになる。
2360点といえば、各分野平均786点である。
はっきりいって3分野のうち最低1つは850を出さないと厳しい。


確実に850を取るとしたら、やはりR, Lだろう。
Wは750ならとれる気がするが
850となると、どうやってとれるのか全く見えてこない。

【準1級】
P1 2017-2

今回  717/632/624/638  2611
前回  750/686/750/640  2826
前々回 717/690/614/638 2669

うーん、全然ダメ。まずRで1ミスした時点でダメ。
L3ミスとかだし。前回満点のWも過去最低に。

次回は
「本気で満点狙う気で」
準備しないと!

ICEEセミナー

【ICEEセミナーin 名古屋】
「紘道館」の基本理念である「(松本式)六角ディベート」が
松本空龍先生(旧名道弘)指導のもとに、ナゴヤで学べるチャンスです!

【ICEEセミナーin 名古屋】
◆日時:12月09日(土)13:00-17:00
◆場所:「名駅ABCビル」(ABC会議室7階 第7会議室)
◆参加費:一般6,000円 学生3,000円
当日受付までお持ちください。
◆参加申し込みはオンラインで:
ここをクリック

matsu_20171111172819809.jpg

【松本空龍氏とは?】

1940年大阪生まれ。高校大学時代の柔道部の経験を生かして
「英語とともに自分を磨く」という武道的英語学習アプローチを追求。
海外経験がないままに、アメリカ大使館通訳者・NHK上級英会話ホストを歴任。
さらに、異文化間コミュニケーションの必要性から
ディベートの重要性を訴え「国際ディベート学会」を発足。
西洋ディベートに東洋のロジックを加えて発展させた
松本式「六角ディベート」を、実践的コミュニケーションテスト「ICEE」を運営。
インターネット番組NONES「Global Inside」のキャスターとして活躍。
英語教育界では特別な役割を果たしています。

【紘道館とは?】

松本道弘先生の「英語道」という理念に
基づく異文化コミュニケーションのワークショップで
すでに25年以上の歴史があります。
「ペラペラと話す英語」ではなく「日本人として発信する英語」を意識。
日本文化、西洋と東洋のロジックの統合(六角ロジック)
「TIME誌」分析を通じて国際的視野をもつ、などの
特徴をもっているのが、「英語道」松本式アプローチです。
紘道館 紹介動画

【ICEE(アイシー)とは?】

Inter-Cultural English Exchange 
松本先生が運営委員長。合計9種類もの実技種目のある
「地上最強の英語スピーキングテスト」です。
「検定試験」でありながら参加者同志が交流できる
「お祭り」的要素のあるイベントです。毎年1回実施。
ICEEは2017年で30回目を迎えた。
ICEE紹介動画

受験レポート(英検)

昨日の英検1級を受験された方、
本当におつかれさまでした!

私は「午前準1級+午後1級」の「ダブル受験」でした。
(3回連続のダブル受験)

DEQiZRNU0AAANV2_20171009122755b8f.jpg

「ライティング」
まずエッセイからやりました。
トピックは「先進国は移民を強化すべきか?」
もちろん「肯定側」で論じました。

「語彙問題」
ふだんより簡単に感じました。
「パス単」から単語21問中19問が出題!
熟語4問は「パス単」からは出ませんでしたが
知っている動詞の削除+前置詞のイメージからの憶測で、
4問とも正解できました。
初の「25問全問正解」!

「空所補充(長文)」
1問悩みました。どうやら間違えた模様。

「内容把握(長文)」
いつも通り難しいという印象。文脈がとれず何度も読み返す。
最後のセットに入ったとき10分あったので
なんとかなると思ったのですが
文脈が入ってこず、時間不足。ダメ。

「リスニング」
Part 1 まあまあ。たぶん全問正解。
Part 2 専門的な内容がなかなか映像化できず苦戦。2問落としたかも。
Part 3 「条件を頭に入れる」「聞きながら選択肢チェック」
ができたように思うが、5つめのセットが自信ない。
Part 4 とんでもない早口だったが質問そのものは易しかった。

全体的に

語彙は25問を「完全制覇」した反面、
長文で5問、リスニングで3問ぐらい落とした気がする。
前回よりも下がる気がする・・・ダメですな。

英検1級攻略法③

【ライティング問題】(1題・解答時間30分)

◆攻略法① 一次はライティングから!

一次試験で最も大切なのはライティング。
「残り時間」が最も多く疲労度も少ない「テスト開始時」に書いてしまうのがコツ。
ここでスコアをしっかり確保すれば、その後が有利に展開できる!
私自身、過去2回のダブル受験ではライティングからやりました。

◆攻略法② 書き出す前に「ネタ出し」を!

時間が限られているので「いきなり書き出す」のは非効率的。
エッセイの決めては「3論点」なので、
①論点とその展開(事例、理由、方法)を思い浮かべる
②「各パラグラフがどのくらいの量になるか」をイメージする
これを行ってから書き出すべし!

◆攻略法③ 「テンプレート」で書け!

英作文の参考書には
「いろいろな表現から選んで書きましょう」的なことが書いてある。
しかーし!本番では「表現を選んでいる余裕」なんてない!
そこで定型の書き方「IC3フォーマット」(序論と結論で3論点を繰り返す)を使う。
これで「表現を選ぶ時間」を削って効率的に書くべし!

◆攻略法④ 「自分のエッセイ」を書きためるべし!
エッセイ&スピーチは、
30個ほどの「定番トピック」がローテーションで出題される。
過去問から30個ほど自分のエッセイを書いておく。
「過去に自分が考えたことのあるトピック」なら、本番でも論点を思い出しやすい。
※英検1級対策本のサンプルエッセイ(スピーチ)は、そのまま覚えるのではなく「素材」として活用する。

◆攻略法⑤ 本番直前は「ポイント集」で復習!
上記で書いたエッセイ(スピーチ)の「3論点」を
一覧表にしておき、「このトピックが来たらこの論点」と
すぐに引き出せるようにしておく。これができているとかなり余裕がある。

以上のアプローチで
過去2回の英検1級一次試験のライティングは
素点はいずれも30/32,
CSEは790,, 764をゲットできている。

英検1級攻略法②

【攻略法② 長文問題】
長文空所問題(6問・解答時間14分、1題7分)
長文内容問題(10問・解答時間30分、12, 12, 16分)


英検1級の長文は、確かにクセがあります。

私は「準1級」もダブル受験しているのですが、
「1級」と「準1級」の長文問題は、
長文そのものではなく設問と選択肢に「レベル差」があると実感します。
1級の問題は「わざとややこしくしてある」という印象。
「ホントにイジワルだなあ」と感じますが
とは言っても避けて通ることはできないので、
以下のアプローチで攻略しましょう。

◆攻略法①:「12/16」を目安に!

合格を目指すなら、長文合計16問のうち12問は正解したい
つまり「4ミス」に抑えてきたいところです。

◆攻略法②:「逆接+プラスマイナス法」

前回(2017年度第1回)の空所補充問題は
1題の中に「逆接」が6回、7回と登場し話題となりました。

「逆接表現」とは(However, although, but, yet, despite, actually, in fact, instead, ironically) などです。
何度も出てくるとややこしいのですが、
見方を変えると、これらの表現は「正解を選ぶ為のヒント」になります。

逆接表現の前が肯定的なら「プラス」否定的なら「マイナス」
つまり「カッコの前の内容と反対の展開になる選択肢」を選ぶ、
これによって、選択肢が絞れます。

◆攻略法③:「困ったときの消去法」

当たり前ですが「正解」は4つの選択肢の中の1つだけです。
ということは「「間違い選択肢を3つ消去する」ことができればいい。

「本文と合わない」と思われる選択肢を
どんどん消しこんでいきます。
たいていはこの消去法で2つまで絞ることができます。

◆攻略法④:「勝負は終盤に!」

消去法により、
選択肢は2つまでは絞れるのですが、
最終的な「決め手」は
試合の終盤、いや本文の後半に登場することが多いようです。

空所補充問題:「カッコの後」
内容把握問題:「パラグラフの最後」

◆攻略法⑤:「3つのパターン」を選べ!

「正解選択肢」は本文中に書かれている情報を
別の表現で書いていることがほとんどです。
以下の3つのパターンがあります。

【類推型】
本文に書かれた内容から類推させるタイプ。
設問にIndicate, imply, suggestなどの語句があり「行間型」とも言える。

【要約型】
本文の内容をまとめるタイプ。
本文中より表現の抽象度が高くなります。

【言い換え型】
本文の内容を別の表現で表すタイプ。
本文とは逆の表現をするパターンもある。
2017年度第1回の英検ではこんな「反転表現」があり、
多くの受験者が苦戦したようです。

The threat was not as serious as it had been expected.
(その脅威は、予想されたほど深刻ではなかった)
         ↓
The threat looked worse than it really was.
(その脅威は実際よりも悪く見えた)

上記の3つのパターンを見破る
対策としては「内容を視覚的にイメージ(映像化)する」こと。

また「部分否定」「比較表現」「仮定法」「抽象表現」など
「よりひねった表現」が正解になることが多いことも注意したい。

私は前回、空所補充で2ミスしてしまい14/16でした。
過去最高は15/16の1ミス。次回はパーフェクト達成します!

英検1級攻略法①

秋の英検(2017年度第2回)に
ダブル受験(3回連続)で申しこみました。
そろそろ3000点を取りたい、いや取ります!

英検1級合格に向けて、
私の攻略方法をまとめてみました。

【攻略法① 語彙問題】
単文空所問題(25問・解答時間10分)

◆攻略法①:「18/25」を目安に!
合格ライン突破のためには、単語16/21(75%)+熟語2/4(50%)=合計18/25(72%) を意識しましょう。
※私は、このセクションでは「23/25」を個人的なノルマにしています。
過去3回は、23, 22, 22でもう1つ。次回はパーフェクト(25/25)を狙います!

◆攻略法②:「大学受験プラスアルファ」の語彙が必要!
英検1級の語彙レベルは15000語レベルです。
大学受験では5000語レベルまでなので
「学生時代から英語をやっていない人」は
意識的にボキャブラリーを強化しましょう。

◆攻略法③:「文意に合うもの」を選ぶ!
本番テスト中、自分が知っている語句があると
つい嬉しくなってしまい、意味をしっかり確認せずに選びがちです。
落ち着いて「この語句が文意にピッタリ」を確認してから解答を選択しましょう。
※「文意をよく読まないで誤答」は毎回ありますね~

◆攻略法④:「パス単」(アプリ)を繰り返す!
ズバリ、「語彙集」を1冊やりこみましょう!!!
「暗記」よりも「反復」です。
「覚えよう」とするより「繰り返す」(何周できるか)を意識して
「1日1回の語彙学習を習慣化する」ことが語彙攻略の秘訣です。

※私は、「パス単」アプリを毎日使っています。
pasutan.jpg

価格840円で、音声、例文、テスト機能、検索機能がついているので、
書籍よりもだんぜんお得です!(スマホに入るので持ち運びも便利)

「パス単」をやり始めてから
本番では「知っている語句」が7割ぐらいになり
楽しくなってきました。

第222回公開テスト

第222回TOEIC公開テスト

実は、今回から愛知県で受験を申しこむ際
「名古屋・岡崎・豊橋」の「受験地選択」ができなくなった。
受験地は「愛知」としか選択できないのである。

TOEIC運営委員会に電話したところ
「登録住所に近い会場が割り当てられる」とのこと。
名古屋で受験するには名古屋の住所を登録してください、
とのことであった。

さて、フタを開けてみると・・・

TOEIC仲閒から情報を集めたところ、
「愛知県内は同一フォーム」だとわかり、逆にビックリした。
(以前は、尾張と三河は別フォームだったので)

DFY4jeWUQAElb_X.jpg

◆Part 1
全問正解だと思う。「猫車」がなつかしいなあ。

◆Part 2
相変わらず攻めていた。
「そんなのアリ?」と感じるようなパターンもあった。
1問ぐらいミスっているかも。

◆Part 3
1問ミスしてしまった。

◆Part 4
たぶん全問正解している。

◆Part 7 (13:47 ~14:32 45分)
リーディングは完全に後ろからBackward攻めた。
196-200のセット→191-195のセットという感じ。

これだと「だんだん問題が簡単になってくる」
という感覚があり、楽だった。

解答番号を間違えないよう気をつけないと
いけないが、心理的には楽であった。

Part 7を解き終わったのが14:32
今回リスニングが47分だったので、45分で解いたことになる。
50分以上かかることが多いので、速いほうだ。

難易度はやさしめだったように思う。
しかし・・・Double Passageで1問ミスしたらしい。

◆Part 6 (14:32 ~14:40 8分)
全問正解であった。
2セット目の挿入問題、文が短くてビックリした。

◆Part 5 14:40~14:50 (10分)
悩ましい問題もあったが、全問正解。

【全体評価】

Part 7→Part 6 →Part 5の順番に攻略。
リーディングセクションを終えたのが14:50であった。
12分あまったことになる。

答え合わせの結果、
L2ミス、R1ミスあたりになりそう。
L495 + R495=T990はイケるだろう、という手応え。
(少なくとも先月よりはマシ)

次回もこの作戦で行きたい。

英検最終スコア

「2017年度第1回」 英検結果

前回(2016年度第3回)に続き、
1級+準1級の「ダブル受験」でした。

その結果は、以下の通り。1級ダウン、準1級アップ。

【1級】

S1 2017-01

素点 33/40
CSE 643


◆感想:前回より1点ダウンの33点。
それにしてはCSEスコアは同じ643であった。
これで過去3回は36→34→33とやや「頭打ち」な印象。

IC3フォーマットで「合格点」は確実にとれるものの
「満点」が見えてこない。どうしたものか・・・

2017-01 S1

R, L, W はすべてスコアダウン、Sは前回と同じ。
トータルでは73点も下がってしまった・・・

【準1級】

P1 2017-01

素点 37/38
CSE 640


◆感想:ATTITUDEが1点アップ。満点まであと一歩。
まあ前回よりはスコアアップなので、よしとしましょう。

逆に言えば、ATTITUDEのマイナス1点で
ドーンと110点も引かれていることになる。
Cocoさんのケース(1級39/40点でマイナス149点)もそうだが
「満点に1点不足」のCSEスコアは、本当にエグいなあ・・・

うーん「態度が悪い」と言われてもなあ・・・
次回はもっとハイテンションでニコニコしてみる(笑)

2017-01 P1

1級とは対照的に、L, R, W, Sいずれもスコアアップで
トータルでは140点以上アップ。
パーフェクトまでLあと2点、Sあと1点に迫った。
次回は「完全制覇」したい。

二次試験レポート

2017年度第1回英検1級・準1級
二次試験(面接)を受けてきました。


DEQiZRNU0AAANV2.jpg

(1)ダブル受験のメリット

午前中は、準1級面接を受験。
これで「緊張ホルモン」を消費したので午後の1級はリラックスできた。
午後の1級単独での受験だと絶対にキンチョーするはず。

「ダブル受験」すなわち
「1級のコンディション作りのための準1級受験」
の効果テキメンで、もっと広まっていいと感じる。

秋も、もちろん「ダブル受験」をするつもり!

(2)受付時間の失敗

受付時間を「予定通り」の12時50分にした。
待合室でなんと1時間半も待たされ
テストを受けたのは14時20分ごろだった。
さすがに・・・待ちくたびれた。

次回は「予定の30分前に受付」をすませる!

(3)スピーチネタの勝利

スピーチは実は「トピック選び」が大変。
準備時間が1分しかないという「無理ゲー」なので、
トピックは10秒ぐらいで選ばないといけない。

私は「スピーチネタ」を40個ぐらい用意しているので
「その中から近いもの」を選ぶことになる。

本日の5題の中で選んだトピックは
2013年度第2回 "Can world peace ever achieved?"
とほぼ同じ内容であった。

なぜこれを選んだのか?
「考えたことのあるトピック」だったから。

自分で作ったスピーチ集の一番目でもあり、
したがって、3つの論点は(考えなくても)思い出せた。
「思い出す」のと「思いつく」の負担はまったく違う!

もちろん「その場で思いつく」のが理想だというのはわかるが
とにかく「制限時間」は1分、これは厳しすぎる。

(1) Long history of conflicts
(2) Uneven distribution of wealth
(3) Misleading coverage of media

IC3フォーマットで2分きっかりにフィニッシュできた。
スピーチは、まあ9点はもらえるだろう。

(4)質疑応答の準備不足

スピーチはそつなくこなしたが、
質疑応答(Interaction)にてこずった。
正直、答えに詰まるような質問が多かった。

"There was a conference of religious leaders.
Does such event have any good impact on our society?"

"What should be done to the misleading coverage of mass media?"

のような質問。

当たり障りのない応答しかできなかった。
自分でも「面白くないなあ」と思いながら話しており
面接委員の表情も「イマイチ」な感じ。
「満点」は絶対にないだろう。

質疑応答については普段から
もっと準備しておくことが必要だと痛感した。

【予想得点】

34~36点ぐらい(これまでと同じ程度)だろうなあ。
38以上・・・ちょっとありえない感じ。

秋は、さらに上を目指したい!

IC3フォーマット

明日は二次試験。

スピーチは「敷居が高い」印象がありますが、
「無対策」ではあまりにも危険です!

英作文、スピーチの過去問を分析し、
自分なりの攻略法を組み立ててみました。

結論としては「テンプレ化」することで
かなり攻略できるという手応えを得ました。

それは
「IC3フォーマット」
です。

発見者はNOBUさん、
私がつけた「IC3」の名称の意味は、以下の通り。

I=Introduction(序論)
C = Conlusion(結論)
3 = 3 points (3論点)

という意味です。つまり
「序論と結論で、3つの論点を述べる」
というテンプレートです。

IC3.png

スピーチ対策として
これがベストかどうかわかりませんが
「スピーチの半分近くが事前にできあがっている感覚」
があり、やりやすいのは間違いありません。

肝心の評価点ですが、
過去2回の受験ではこのIC3テンプレートでスピーチを行い、
以下の合格スコア(602点以上)が出ています。

2016年度第2回 36/40 CSE 674
2016年度第3回  34/40 CSE 642

平均35点が取れるということは、効果有りとみてよいでしょう。

この「IC3フォーマット」を活用したスピーチ例は公開しております。
(現在42本のネタを書きました)

もし、よろしかったらご活用下さい。
IC3スピーチ集

第221回受験

第221回TOEIC公開テスト受験レポート

◆会場:名古屋学院大学 白鳥キャンパス
ngu.jpg

雨のぱらつく中、3連勝を目指しての受験。

◆Part 1
特に難しい問題はなかったが、5問目に巧妙なトリックがあった。
全問正解だと思う。

◆Part 2
「変化球」(ひねった回答)が多く出現。
「こんなのアリ?」と思いながら選ぶ。全問正解。

◆Part 3
なんとか全問正解。

◆Part 4
登場人物の職業を尋ねる問題、図表問題でミス。

リスニングは合計2ミス。
2ミスならまあ495は行けるだろう。


◆Part 7
まずここから。SPで38分もかかってしまい、焦る。
SP, DP, TPでそれぞれ1問ずつ、合計3ミス。

◆Part 6
1問悩ましい問題があり1ミス。

◆Part 5
全問正解。

合計4ミス。終わった・・・・

一次試験スコア

2017年度第1回英検一次試験スコア

【1級】(前回よりダウン)


S1.png

◆R: 726/850 (36/41, 22, 4, 10)
◆L: 712/850 (24/27, 10, 10, 3, 1)
◆W: 764/850 (30/32, 8,, 7, 7, 8)
◆T:2202/2550 (90/100)
◆感想:R, L, Wすべてダウンだから敗北。
あとはSでのホームランにかけるしかない。

【準1級】(前回よりアップ)

P1.png

◆R: 750/750 (41/41, 25, 6, 10)
◆L: 686/750 (27/29, 12, 12, 3)
◆W: 750/750 (16/16, 4, 4, 4, 4)
◆T:2186/2250 (84/86)

◆感想:初のホームラン2本。
リスニングで2ミスしなければ満点だったのに。
秋もダブル受験で2250達成したい。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら

【一級さん倶楽部】
入会はこちら

【英検1級 戦績】
2016-2 2800 (749/721/674/656)
2016-3 2918 (733/753/790/642)
2017-1 2845 (726/712/764/643)
2017-2 2786 (730/683/727/646)

【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985
17/10 495 470 965
17/11 495 480 975
17/12 495 475 970
18/03 受験予定

カテゴリ
検索フォーム