過去問2016-1

英検1級・過去問3回チャレンジ
2012年度第1回


大問① 語彙問題(20/25)
前回とは逆に5ミス。やっぱりこれが実力か・・・・
foster a sense =感覚を養う
a feeling off malaise = 倦怠感
be plagued by ~ = ~にさいなまれる
resurgence in crime = 犯罪の再増加
engender enthusiasm = 情熱を生み出す
wager on = bet on
consternation = 驚愕
debrie = 報告を受ける
disparate =まったく異なる
features = 顔立ち
overt = あからさまな

bowl over = amaze
 
大問② 長文空所問題(6/6)
初見で全問正解。

The Inverted Jenny Stamp
マニア垂涎の希少な切手

A New Look at Optimism/strong>
楽観主義

大問③ 長文内容正誤問題(10/10)
初見で全問正解。

リスニング問題( 25/27)
Part 1 8/10
Part 2 9/10
Part 3 45
Part 4 2/2
合計 22/27

一次合計58/68
10ミス。合格ラインではあるけど、ダメだな。
スポンサーサイト

過去問2012-2

英検1級・過去問3回チャレンジ
2012年度第2回


大問① 語彙問題(24/25)
やった!初見で24問正解は、過去最高の成績。
a quizzical expression  けげんな表情
stifle a yawn あくびをかみ殺す
make a concerted effort 一致協力する
be distraught パニックになる
plenary meeting = 全体会議、本会議
preliminary meeting = 打合会、予備会議
spearhead = 先頭に立って行動する
brindle at ~ = ~に対してつんとした態度をとる
rift = 亀裂、不和
hone one's skills = 腕を磨く

大問② 長文空所問題(5/6)
1問ミス。

The Faces of Nero
ネロ将軍の素顔

Cooking and Early Humans
人類と料理の歴史

大問③ 長文内容正誤問題(9/10)
1問ミス。

リスニング問題( 25/27)
Part 1 10/10
Part 2 10/10
Part 3 3/5
Part 4 2/2
合計 25/27

一次合計63/68

第213回公開テスト

【第213回テスト受験レポート】

2ヶ月ぶりのTOEIC受験。

7月以来だと、ずいぶんひさしぶりに感じる。
日本も早く韓国のように「毎月開催」にしてもらいたいものだ。
(早く8月と2月もやってほしい)

会場は「名古屋国際会議場」であった。
初めてだが、交通アクセスが良い会場である。
「TOEIC研究会」公認ビヨンダーJet Bullさんと同じ会場。
教室は1つしかなく200名ぐらいの大講義室。
私の席は最前列であった。真ん中よりも最前列、最後列の方が落ち着く。

【Part 1】 
最も難易度が低かいセットではないだろうか。
最初の2問は「やる気あるのか」と不満を感じるぐらいだった。
もうすこし難しい方が歯ごたえがある。
ここは全問正解。

【Part 2】
「質問返し」や「否定的な応対」が多く出たが
ここも全問正解できたと思われる。

【Part 3】
集中できたが、1問ミスしたらしい。
「プロジェクターの準備をする会話のセットで
「意図問題」を間違えたあ!

【Part 4】
「会社備品の注文」のセットでも「意図問題」を間違えたようだ。
私の弱点は「意図問題」にあるようだ。

【Part 5】 13:46-13:54 (8分)
おそらく全問正解。

【Part 6】 13:54-14:01 (7分)

全問正解できたと思う。あまり悩む問題はなかった。

【Part 7 SP】 14:01-14:30 (29分)
前回より4分早く処理できた。

【Part 7 DP, TP】 14:30-14:55 (25分)
「法律事務所の応募」のセットで1ミスしたようだ。
200問目を解いたら5分前。なんとか収まった。

【予想得点】
打ち上げ会での自己採点ではL2ミス・R1ミス。
前回よりはミスが少ないはず。

通算11回目の990点の可能性は高いという感触。
しかし、前回はびっくりするような結果だったので
決して油断はできない。

最近毎日1日1セット英検1級の問題を解いているためか、
Rはときやすく感じた。

英検1級は語彙レベルも高く、学術的な論理展開が多く、
文脈把握がついていけないことがある。

TOEICの長文は具体的な話題なので
「文脈展開についていけない」と感じることはない。

過去問2012-3

英検1級・過去問3回チャレンジ
2012年度第3回


大問① 語彙問題(22/25)
初見だと3ミスぐらいしちゃうなあ。
この頃、つまり4年前の単語は「パス単」に載っていることが多い。
一方、ここ3年間ぐらいの出題語句はあまり出ていない。
現行の「パス単」はもう古い、ということになる。
a tacit agreement = 暗黙の了解
a spate of = a series of
expropriate = confiscate, forfeit
secrete toxins = 有毒物質を分泌する
wayward = 勝手気ままな

glut = surplus 過剰供給 (glutonous 食いしん坊の)
rummage = 乱暴に探す

大問② 長文空所問題(6/6)
1問ミス。ロジャースさんがTV番組を始めたきっかけを間違えた。
he was revolved by the mindeless nature of programs being broadcast.
Resolving to provide an antidote to waht he sawa, he got a job
at NBC network.

Mister Roger's Neighborhood お隣はロジャースさん
アメリカの教育番組の話。
見たことがなかったのでYouTubeで検索したらヒット。
真面目そうな50代ぐらいのおじさんが出ていた。
NHKっぽい番組だが、これが
PBSじゃなくて民放のNBCで放映されていたことに驚く。

Inventing the Wheel 車輪の発明
車輪が発明されるにはそれを必要とする時代になる必要があった。
制作段階では、車輪と車軸のバランスが難しかった。
車輪の発祥の地はウクライナという説がある。

大問③ 長文内容正誤問題(10/10)
やった!全問正解。ていねいに読めばできるものだ。

The Amritsar Massacre アムリトサルの虐殺
Washington DC アメリカの首都
The Death of a British Hero 探検家スコットの評価

リスニング問題( 25/27)
3ミス。
Part 1 10/10
Part 2 10/10
Part 3 3/5
Part 4 2/2
合計 25/27

一次合計62/68

自分の実力は5~6ミスってところだなあ。

過去問2013-1

英検1級・過去問3回チャレンジ
2013年度第1回


大問① 語彙問題(25/25)
全問正解。この問題は2回目ですから。
litigate = 裁判沙汰にする
embezzle = 横領する
waive a fee = 料金を免除する
regurgitate = 吐き戻す
in hindsight = in retrospect
brazen = ずうずうしい
alienate = ~に嫌われる
reinstate = 復職させる
quell = 沈静化させる
scrape by =かつかつで生活する
drown out = (音を)かき消す
blow away ~ = 圧勝する

大問② 長文空所問題(6/6)
全問正解

The End of Maya Civilization マヤ文明の終焉
マヤ文明が滅亡したのは気候状況のため。

Meigs Field 空港廃港
シカゴの市長が独断で空港を廃港しちゃった話。

大問③ 長文内容正誤問題(7/10)
前回と同じ。3ミス。だめだあ。

リスニング問題(24/27)
3ミス。
Part 1 10/10
Part 2 8/10
Part 3 4/5
Part 4 2/2
合計 24/27

一次合計62/68

過去問2013-2

英検1級・過去問3回チャレンジ
2013年度第2回


大問① 語彙問題(25/25)
全問正解。この問題は2回目ですから。
use one's clout = コネを使う(初見で不正解)
respite = 一時的休息。よく出る名詞。
interim = temporary
impassive = 無感動の、平然とした
blatantly = ずうずうしく、臆面も無く unabashedly
come around = change one's mind
dole out = give
jockey for = 出し抜こうとする
j

大問② 長文空所問題(5/6)
今回も1ミスしてしまった。

The Descent of Man 人類の系統
現代人よりも狩猟時代の人類の知性の方が
すぐれている、というおもしろいテーマではある。
しかし、具合的な例がほとんど出てこない。
抽象概念のみを理解しなくてはならず、文脈がつかめなかった。
その結果、1問ミスした。

U.S. Immunization Programs 予防接種制度
逆にこのパッセージは具体的でわかりやすかった。

大問③ 長文内容正誤問題(7/10)
3ミスはあかん。

Golden Rice 遺伝子操作の米
Feathered Dinosaurs 羽の生えた恐竜
Britain and the American Civil War イギリスと南北戦争

リスニング問題(25/27)
2ミス。
Part 1 10/10
Part 2 9/10
Part 3 4/5
Part 4 2/2
合計 25/27

一次合計 61/68

過去問2013-3

英検1級・過去問3回チャレンジ
2013年度第2回


大問① 語彙問題(22/25)
mundane = 日常的の、ルーチーンの
gregarious = 社交的な
the bane of life = 悩みの種
typify ~= ~の典型である。 epitomizeと同義語?

contrive = でっちあげる
have the gall to ~ = 図々しくも~する have a nerve to と同義語?
connoisseur = 通。フランス語ですね。
unrelenting = 絶え間ない incessant
protocol = 儀礼。韓国ドラマ「トンイ」で覚えた。
stand idly by = 手をこまねいて見ている
cavalier = われ関せずの
come to fruition = 実現する
root out corruption = 腐敗を一掃する
squeak by = 辛勝する
tamper with = 改ざんする

大問② 長文空所問題(6/6)
全問正解。

Religion and Education  宗教と教育の関係
定説論破タイプ。
大学教育で科学的思考を学ぶと宗教心が弱まるという定説に対して
そうでない、と反論を展開するタイプ。27問目ではhoweverの代わりに
nonthelessが「正解箇所」を示しているのがおもしろい。

A Voice from the Past 録音技術の歴史
定説論破タイプ。
「フォノグラフィー」といえば、エジソンである、が定説。
しかし、実はエジソンが蓄音機を発明する17年前に
音の録音に成功していた技術者Scoutがいた。
"Scott disained the very idea of phonograph."
(スコットはフォノグラフという考え方そのものを軽蔑した)はおもしろい英文。

大問③ 長文内容正誤問題(10/10)
トホホ、1ミスしてしまった・・・

The Hubble Space Telescope 宇宙望遠鏡
多角的展開タイプ。
NASA肝いりの宇宙望遠鏡ハッブルは当初は
世間の期待を裏切り、スペースシャトルその原因を分析。
"They desired to avoid alienating Congress."
(彼らは米国議会に見捨てられることを避けようとした)
はおもしろい。alienateは「嫌われる」という受け身的な意味をもった
他動詞のように思えるがどうだろうか?
"Kimura of SMAP alienated his fans due to his actions."

Ivan Ilich and Deschooling Society フリースクール
成否両論タイプ
イリッチ氏は学校教育は個性をつぶすと批判。
この斬新は理論、賛否両論が集まる。
否定派はイリッチの理論が客観データに基づいていないと批判。
イリッチ説はやがて廃れるが、インターネットの出現により
フリースクールが現実のものになってきた。

Autism Spectrum Disorders 自閉症
多角的展開タイプ。
自閉症に対する認識と治療法が進化してきた。
その結果、自閉症診断患者認定数が増えてきた。
早期発見できれば治療ができる。
自閉症の特性を生かして社会に貢献できる。
自閉症はたんぽぽのようなもの。
雑草と思われていたものが他の環境では薬草と見なされる。
dandelionの比喩はそういう意味だったのか。

リスニング問題(22/27)
2ミス。Part 2, 3についていけず。
Part 1 10/10
Part 2 9/10
Part 3 4/5
Part 4 2/2
合計 25/27

一次合計 65/68

過去問2014-1

英検1級・過去問3回チャレンジ
2014年度第1回


大問① 語彙問題(25/25)
2周目なので全問正解。
pry into ~ 鑑賞する (初見不正解)
have a aversion to~ ~が苦手である
an intravenous drip 点滴
derelict buildings 廃棄された建物 →パス単で覚えた。
a new strain 新種 (初見不正解)
unkempt だらしない →パス単に出てない! 
flout a code 規則を破る (初見不正解)
wade across 歩いて渡る (初見不正解)

resilience 回復力
copious 多量の →パス単で覚えた。
rudimentary →パス単には「基礎的な」とあるが、「未発達の」
rumble ゴロゴロと鳴る My stomach began rumbling.
物 grow on 人 = 人が物に慣れる The city grew on her.

大問② 長文空所問題(4/6)
初見2ミス。今回も1ミスしてしまった。
Birth of a Language オーストラリアの現地語と英語がまざった新語
A Therapeutic Controversy 精神病は心の問題か、脳の機能障害か?

大問③ 長文内容正誤問題(9/10)
The Career of Terence Rattigan イギリスの脚本家
The Water Wars of Southern California ロサンジェルスの治水問題
How the Black Death Changed England 黒死病の影響

リスニング問題(24/27)
初見と変わらず3ミス。成長が見られない。
Part 1 10/10
Part 2 8/10
Part 3 4/5
Part 4 2/2
合計 24/27

一次合計 63/68

過去問2014-2

英検1級・過去問3回チャレンジ
2014年度第2回


大問① 語彙問題(22/25)
in retaliation for ~ = ~の報復で
be entrenched in ~ = ~に刻み込まれた
dwindle = 減少する
clinch a deal = 契約取引をまとめる
flimsy material = もろい材質
in a stupor = 意識がもうろうとして
give a reprieve = 休憩をあたえる
have misgivings about ~ =~に不安を感じる
be absolved of ~ =~から解放される
have a fervent desire to ~ =熱心に~したがる
be adept at ~ = ~に熟達した
a pariah in ~ = ~におけるのけ者
a litany of ~ = たくさんの~
transpire = 起きる
exchange acrimonious remarks = 激しく非難し合う
settle up = 精算する
be chewed out = 叱られる
barge in = 口を挟む
 
大問② 長文空所問題(6/6)
良かった。
A New Kind of Nuclear Problem 核実験
Hanatavirus ウィールス

大問③ 長文内容正誤問題(10/10)
やった!全問正解である。
The Zapatista Movement アメリカ先住民
Urban Exploration 都市探索
Reviving Extinct Species 絶滅の危機とクローン技術

リスニング問題(25/27)
Part 1 10/10
Part 2 9/10
Part 3 4/5
Part 4 2/2
合計 25/27

一次合計 63/68

過去問2014-3

英検1級・過去問3回チャレンジ
2014年度第3回


大問① 語彙問題(22/25)
publicity stunt = 売名行為  stuntは世間の注目を集めるための行為
be oblivious to ~ = ~に気がつかない
delinquent = 未納の
in deference to ~ = ~に敬意を表して
repercussions = 悪い影響。韓国ドラマ「トンイ」の英語字幕で覚えました。
regenerate = 再活性化する
salvage ~ = ~を回収する
irrepressible = 活力にあふれた 知らんがな。まったく知らん!
vouch for ~= 保証する 「パス単」で覚えた!
oration = 口論
a figment of imagination = 空想の産物。 初めて知った!
garner support = 支持を集める garnishと似てるな。
dip into ~ = ~に手をつける
go at = attack
do up = renovate
 
大問② 長文空所問題(4/6)
またまた2ミス!ダメ。
Privacy in Hungary ハンガリーの撮影禁止法
Zero Tolreance for Crime ニューヨーク市の犯罪対策

大問③ 長文内容正誤問題(10/10)
やった!全問正解。ちょー気持ちいい!
Rodesia's Long Road to Independence ローデシア独立の歴史
Space Elevator 宇宙へのエレベータ設置
The Weimar Republic and Kapp Putch   ワイマール帝国の歴史

リスニング問題(22/27)
あちゃちゃ、5ミスはひどい!合格もヤバイレベル。
Part 1 9/10
Part 2 8/10
Part 3 3/5
Part 4 2/2
合計 22/27

一次合計 58/68
ダメダメ。10問もミスっちゃうと合格さえヤバイ!!

過去問2015-1

英検1級・過去問3回チャレンジ
2015年度第1回


このセットは去年受験してるので2回目になる。

大問① 語彙問題(24/25)
過去最高の成績!ま、当たり前か。
cubersome = 扱いにくい→ 「パス単」に載ってない!
instill A in B = AをBに教え込む He instilled Karate in his son.
clamor = 喧噪。叫び声
depreciate = 価値が下がる appreciate (価値が上がる)
obscurity = 無名さ (初見で不正解)
tactful = 機転の利く(初見で不正解)

stint = 任期 (初見で不正解)
adroit = 機敏な、器用な(初見で不正解)
woo voters = 選挙民の心を掴む
go awry = 失敗に終わる→ 「パス単」に載ってない!
Anger washed over him. =怒りが押し寄せた。
limber up = 体をほぐす(初見で不正解)
hunger for ~ = ~を渇望する

大問② 長文空所問題(6/6)
やった!全問正解。ここはノーミスじゃないとダメだな。
Risk Compensation リスク保証
Rosenhan Experiment  狂気に関する実験

大問③ 長文内容正誤問題(9/10)
ううう、1ミスしてしまった・・・
Le Corbusier  フランスの建築家の評価(都市建築)
A Second Look at Fake Art 贋作の価値とは
The Tammany Legacy ニューヨークの政治組織

リスニング問題(24/27)
3ミス。リスニングで3ミスはしかたないのか・・・
特に24番はかなり手強い。何度聞いてもわからなかった。
「Part 3を全問正解できる人」は英語ができるというより
「情報処理能力が高い人」だと思う。
Part 1 10/10
Part 2 9/10
Part 3 3/5
Part 4 2/2
合計 24/27

一次合計 63/68
5ミスは「やむをえないレベル」か・・・

過去問2015-2

英検1級・過去問3回チャレンジ
2015年度第2回


大問① 語彙問題(25/25)
やったあ、全問正解達成!・・・このセットは2回目だから当たり前か。
去年の春に受けた問題なので、覚えている情報も多い。
arable = 耕作に適した(初見で不正解!) 
terrain = 地形。
catapult = 押し上げる。「パス単」未収録。
in profusion = 豊富に
clandestine = 秘密の(初見で不正解!)
proscribe = prohibit, ban(初見で不正解!)
daunting task = 困難な仕事
brusquely = ぶっきらぼうに、そっけなく
respite = 一時休止。(2016年第1回でも出題された)
acrid remark = 辛辣なコメント
leap out at ~ = ~の目につく
fix on = 日取りを決める

大問② 長文空所問題(6/6)
やった!全問正解!って当たり前か。2回目だしな。
Land Use Regulations ニューヨークの土地規制
The Origin of Milk Consumption 牛乳を飲むと下痢する話

大問③ 長文内容正誤問題(9/10)
2回目なのに、1ミスとは情けない。 
The Fur Trade アメリカの毛皮産業
Robotic Surgery ロボットによる手術
The Iran-Contra Scandal レーガン政権とイラン・コントラ疑惑

リスニング問題(25/27)
2周目で2ミスはマズイよね。
Part 1 9/10
Part 2 9/10
Part 3 5/5
Part 4 1/2
合計 25/27

一次合計 65/68
2回目なのでノーミスで行きたかったが

過去問2015-3

英検1級・過去問3回チャレンジ
2015年度第3回


大問① 語彙問題(23/25)
2ミスしてしまった・・・
culminate = 最高潮に達する
disheveled = だらしない
botch = 台無しにする spoil, ruin
curt = ぶっきらぼうな unfriendly, blunt
berate = 非難する
insinuate = 批判する
atrocious = 劣悪な
headway = 進歩
recuperate from ~ = ~から回復する
marginal = 取るに足らない、小さい
slur = 人種的中傷。「パス単」には動詞(口ごもる)で収録されている。
fickle = 気まぐれな
boot out = 追い出す。「パス単」に収録。
dispense with ~ =~なしで済ます
put across ~ = ~ を伝える

大問② 長文空所問題(6/6)
全問正解!ま、2回目だし。
Believing Galileo ガリレオの地動説
Humanized Mascots 商品とキャラクター

大問③ 長文内容問題(10/10)
全問正解!ま、2回目だし。
Incarceration in the U.S. アメリカの刑務所事情
The Origin of Modern Britons イギリス人の祖先
Interpreting the U.S. Constitution 合衆国憲法の2つの解釈

リスニング問題(24/27)
2周目で3ミス、うーん・・・・
情報処理能力が問われるPart 3 が難しい。
Part 4のインタビューは簡単。
Part 1 10/10
Part 2 8/10
Part 3 4/5
Part 4 2/2
合計 24/27

一次合計 63/68
5ミスかあ。2回目なのでノーミスで行きたかったが

来月の英検一次は、たぶん5ミス 63/68 ぐらいだと予測される。
この正解率だと、2300点に届くのだろうか?

過去問2016-1

英検1級・過去問3回チャレンジ
2016年度第1回


マイナーチェンジ版となった2016年度バージョン。

大問① 語彙問題(23/25)
あかん!またも2ミスだ・・
robust = 頑強な
cordon = 非常線
anomaly = 異常。副詞に見えるのに名詞!この単語が異常!
consecrate = 奉献する
languish = 弱る、衰える、元気がなくなる
pristine = 清純な、汚れていない
rope in = 誘い込む
louse up = 台無しにする ruin

大問② 長文空所問題(6/6)
全問正解!
The Neanderthal Extinction ネアンデルタール人の滅亡
Marriage and Social Class 結婚と社会的層

大問③ 長文内容問題(9/10)
1問ミスった・・・
The Origin of Paper Money 紙幣の起源
Arguing about Prohibition 禁酒法の議論
Language and Thought 言語と思考

リスニング問題(24/27)
3ミスかあ・・・得意のインタビューでミス。
Part 4はどうしても全問正解できないなあ。
Part 1 10/10
Part 2 9/10
Part 3 4/5
Part 4 1/2
合計 24/27

一次合計 62/68

第212回スコア

第212回公開テスト結果

(松田優作風に)
「なんじゃ、これは!?」

鬼門のRで495を達成しながら、
いつもは495点のLでコケてしまった。


212.png

トホホ、こんなのアリかよ・・・
うーん、リスニングそんなに間違えたかなあ?

第211回アビメ

第211回公開テスト アビメ結果

211 AM

12月以来、ひさしぶりの990点だった。
「ひさしぶり」じゃアカンのであるが・・・

【LAM】100 100 93 100
【RAM】100 100 100 100 100
勝敗:9勝1敗


リーディングがオール100だ!
リスニングで2問ミス。

第212回公開テスト

【第212回テスト受験レポート】

新形式1勝1敗で迎えた3戦目。
前日から拙宅に宿泊されたHBKさんと一緒に出陣。

試験会場は2度目の「大同大学」で、HBKさんとは別会場であった。
daido.jpg

【Part 1】 
6問いずれも正解であった。
面白かったのは以下の2問。

(1)人が動作していないが「受け身の進行形」
(2)人が写っているが背景の描写が正解(フェイント問題)

【Part 2】
全問正解だと思うが、最後の31問目が超難問であった。
初・中級者でこれが解けた人は少ないと思う。getの用法が難しい。

【Part 3】
郵便局での会話の一部を聞き逃して1ミス。
難しい問題ではなく、集中力の問題。情けない。
後半になると「早口のオーストラリア人男性」が
またも出現して悩ましかったがなんとかくらいついた。

【Part 4】
売り上げの図表問題。
新製品の発売時期は? がかなりイヤラシかった。
たぶん間違えたと思う。

リスニングはトータル2問ミスのようなので495点はだいじょうぶだろう。

【Part 5】  13:47-13:54 (7分)
前回のような難易度の高い語彙問題はなかった。おそらく全問正解。

【Part 6】 13:54-14:00 (6分)
パッセージは短めだった。たぶん全問正解。

【Part 7 SP】 14:00-14:30 (30分)
20分ぐらいでカバーしたかったが30分かかる。
遅い!時間かかりすぎ!

「ウェブ作成 」のチャット問題で
”I can’t wait.” の意図問題が難問だった。
990点ホルダーの間でも意見が二分された。

「ふだんはこういう意味だがこの文脈では別のニュアンス」
という発想が正解になる法則があるように感じた。

【Part 7 DP】 14:30-14:49 (19分)
たぶん全問正解。

【Part 7 TP】 14:49-15:01 (12分)
トリプルパッセージ問題で1ミス。
思いこみ(早とちり)によるケアレスミス。悔しい。

200問目を解き終わったのが15時01分。
残り時間は1分しか余らず見直しはできなかった。
リーディングは2問ミスのようだ。

先月に続いて、テスト後、試験官に「テストフォームを教えてください」と聞いてみた。
やはり「テストフォームは、わかりません」という残念な解答だった。

【予想得点】
今のところ、L2ミス・R2ミス。
うーむ、「連続990点」はまたも厳しくなった。

第211回スコア

第211回公開テスト結果

やっと今年の初勝利。

211.jpg

前回は2015年12月だから、半年ぶり。
通算10回目だが、20回ぐらいやらないダメだなあ。

模試チャレンジ

「TOEIC模試チャレンジ」開催!

名古屋で、「新形式」模試4セットを解く、模試モニタリングをすることになりました。
「第212回公開テスト」(7月24日)のリハーサルに!

IMG_1518.jpg

【TOEIC模試チャレンジ7/23】

7月24日の公開テストの前日の模試チャレンジ!
翌日の受験に向けて、最高のリハーサルになります!

模試は2種類、午後に1セット、午後に1セット実施。
それぞれ模試2時間+答え合わせ解説1時間。
※午前のみ、午後のみの参加も可能。
※7月18日の模試チャレンジとは異なる模試です!

◆日時:7月23日(土) 
午前の部 10:00-13:00  模試C
午後の部 14:00-17:00  模試D

◆参加費:(当日ご持参ください)
午前のみ・午後のみ  2,000円 ※学生1,000円
午前・午後 両方    3,000円 ※学生2,000円

◆参加資格:
2015年7月~2016年7月に取得した最新のTOEICスコア(セクション別)と、
その年月をマークシートに記入できること

◆会場:
「ABC会議室」 9F 第9会議室(名古屋駅から徒歩3分)

◆定員:先着45名

◆申し込み:ここをクリック!

※初級者・中級者のみなさんのご参加をお待ちしています!

第211回受験レポート

【第211回テスト受験レポート】

「新形式初戦の惨敗ショック」まだ冷めやらぬ中の雪辱戦。
今日は「リラックスする」ことを意識した。

会場は2回目となる「南山大学」2度目であった。
・愛知学院大学日進キャンパス
・名城大学天白キャンパス
・南山大学八事キャンパス

この3つは「名古屋3大ハズレ会場」と言って良いだろう。
名古屋駅から遠いし、最寄りの駅からも遠い!
名古屋市外からきている受験者には
「愛知大学 笹島キャンパス」を割り当ててもらいたいものだ。

試験会場は200名ぐらい入る大教室。
試験官が7名ぐらいてものものしいが、みんな大学生のようだ。

私の後ろの席の受験者が欠席で
真後に人がいると気になるからよかった。

音声チェックの際、だれかが「音が小さいです!」と申し出たらしく、
音が割れそうなぐらいの大音量に!
私の受験史上最大音量でのリスニングであった。

【Part 1】
難問はなかった。
しいて言えばNo. 6 が難易度が高かったかもしれないが
まあよくあるパターン。
間違いなく全問正解。

【Part 2】
すこし悩んだ問題が1問あったが標準的。
早口のオーストラリア男性ナレーターが
今回はいなかったようだ。

【Part 3】
グラフィック問題で「イラストを見て答える」新しいパターンがあったが
むずかしくはなかった。
ただし、1問目の「客が何を店員に見せたか?」を
聞きとれず山勘で答えるが、正解していた。
別のグラフィック問題を1問ミスした。

【Part 4】
Part 3に比較するとやさしかった。
たぶん全問正解。

【Part 5】
所要時間7分。
No. 130は難易度の高い語彙問題で
「英検1級レベル」の語彙だったが正解を選べた。
後で見てみたら旺文社の「パス単英検1級」に収録されていた。
先月は1問ミスったみたいだが、今回は全問正解だろう。

【Part 6】
所要時間6分。
先月より難易度が下がったと思う。
前回は再現できなかったので、
「TOEIC研究会」メンバーで分担して暗記したので全問再現できた。
たぶん全問正解。

【Part 7 SP】 
所要時間25分。
全問正解だと思う。

【Part 7 DP】 
所要時間12分。たぶん全問正解。

【Part 7 TP】
所要時間16分。
わりと素直な問題が多かった。
14時40分ごろあと1セット(5問)を残した段階で
どうしてもトイレに行きたくなり、おそるおそる手を挙げ退出。
戻ってTP1セットをこなし、Reading Sectionがおわったのが14時55分。
見直し時間は6分。ちょっと時間が少ない。

テスト後、試験委員に「テストフォームを教えてください」と聞いてみた。
最初は「テストフォーム」の意味がわからず、こちらがビックリ。

その後、上司らしき人に電話で問い合わせていたが
「テストフォームは、わかりません」という回答だった。

テスト後、17時-20時に反省会。
参加者8名。990点35回達成のJet BullさんはL2ミスした模様。
「蚊取り線香」さんがリスニングを次々と再現し、全員舌を巻く。

【予想得点】
今のところ、L1ミス・Rノーミスだが
先月のしっぺ返しがあるので油断はできない。

もうそろそろ990点を取りたい!
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC戦績】
LR 990点(10回)
Speaking 200点(3回)
Writing 200点(2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
11/01 485 475 960
11/05 495 480 975
11/06 480 460 940
11/07 475 465 940
11/09 495 475 970
11/10 490 455 945
11/11 485 490 975
12/01 495 490 985
12/03 495 490 985
12/05 495 480 975
12/07 495 490 985
12/09 495 485 980
12/10 495 485 980
12/11 495 480 975
12/12 495 485 980
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 結果待ち
16/10 申込済
16/11 申込済

★こちらもどうぞ!★
TOEIC SW満点ブログ
英語喉プロジェクト

★特集記事★
①注文マニュアル
②究極の解答用紙
③韓流本データベース
④最強の韓流模試
⑤トーイッカーのび太
⑥シャーペン特集

カテゴリ
検索フォーム