Part 2 攻略法

Part 2:場面を「見る」

「応答問題」は、リスニングセクションで最も好きなパートです。

理由は単純。通勤電車の中でトレーニングするとき、
このパートだけは、問題集を見なくてもできるから(笑)

No. 11- No. 40の30問ありますので、
集中力がとぎれないよう工夫が必要です。

音声を聞きながら
「同時通訳(英日)」
します。
「その状況をイメージする」ことを意識するといいでしょう。
会話を「聞く」のではなく「見る」という感じでしょうか。
場面が「見えた」ときは正解できると思います。

ところで、このPart 2の正解選択肢には
いろいろな「バリエーション」があります。

そこで、初心者が選びにくい
「変化球」パターンをまとめまてみました。

(1)「知りません」パターン

質問されたことに対して「知らない」「わからない」と
答えるパターンです。「質問したのだから答えるだろう」と
思っている初心者は惑わされます。

A: Why were so many people at the meeting?
B: I'm not sure.

A: When will we have a meeting?
B: I have no idea.


(2)「丸投げ」パターン

上記の「知りません」パターンと似ていますが、
他の人に振ってしまう。つまり「丸投げ」するパターンです。

A: Is anyone available to help me?
B: Why don't you ask John?

A: How do I operate this equipment?
B: You should talk to the supervisor.

(3)「調べる」パターン

上記の「知りません」パターンの進化形。
「わからない」ときは?そう、「調べる」のです!
「自分で調べなさいよ」もあります。

A: When shall we meet?
B: Let me check my schedule.

A: How do I turn on this light?
B: How about reading the manual?


(4)「そのうちわかる」パターン

これも「知りません」パターンの進化形。
「今はわからない」でも「まもなくわかりますよ」と。

A: Who is going to take over Ms. Johnson?
B: It'll be announced tomorrow.

A: Where will the company open a new store?
B: The board is now discussing it.


(5)「質問返し」パターン

提案に対して「~したらどうですか?」とか
「~はどうなの?」と聞き返すパターン。
「質問文」が「応答」になるわけですね。

A: Why don't we have lunch together?
B: Where are we eating?

A: Let's take a detour.
B: What's wrong with First Avenue?


(6)「第3の選択肢」パターン

「A、Bどっちにする?」という「選択疑問文」に対して
「実は、Cなの」とフェイントで答えるパターン。
真っ正直に「AかBか?」と待ちかまえていると聞き逃すかも。

A: Would you like some coffee or tea?
B: I'll have beer, please.

A: Are you leaving here on Monday or on Tuesday?
B: Actually, Wednesday sounds better.


これらのパターンは、毎回公開テストに出てますね。

★トレーニング方法★

問題演習で間違えたらどうするか?

2つのセリフを自分の口で再現(reproduction)します。

Q: Why don't us join us for shopping?
A: Where are you going?


顔を上げて、状況をイメージしながら声に出します。
こうすることで「音声」が「映像」に変化します。
スポンサーサイト

Part 7 攻略法

Part 7:徹底的に裏取りする

HUMMERさんと同じモットーで、すみません。

でも、やっぱり「全問正解」を狙うには
「解答根拠を確認する」これしかないと思います。

設問に対して
「その根拠がどこに書いてあるか?」は
誰しもが探すわけですが、
ハイレベルな問題だと、
その根拠となる箇所がなかなかみつからない。

時間が経っていく・・

「見つからない!たぶん、こう書いてあるんだろう」

と「えいやっ!」とテキトーに選んでしまう。

私の経験から言うと、
このような場合、その選択肢は
「本文の内容と半分しか合っていない」
ケースが多いようです。

182回公開テストで
初めてPart 7を「全問正解」できたのは
徹底して解答根拠を確認できたからだと思います。

解答時間で言えば、ここがポイント。

48問を50分以内で解く。

Part 5, 6を20分でクリアすれば
55分は残りますが、5分は「見直し時間」がほしい。
本音を言えば「15分の見直し時間」がほしいところです。

問題文は、全部読むのか?

あ~るさんもそうですが、基本は全文読みです。
ただし、設問と平行して読むので「強弱」をつけます。
あくまで「解答根拠」を探す読み方ですから。

Part 7 の5つの設問パターン

①「ピンポイント問題」
②「リフレーズ問題」
③「NOT問題」
④「クロスレファランス問題」
⑤「ほのめかし問題」

だんだん難易度が上がるというイメージ。

「ほのめかし問題」「R2」に分類されます。
implie, indicate, infer, most likely, probably
などが存在する設問です。

「クロレ問題」「R3」に分類されます。
以前は、最も苦手としていて
ずっとアビメ数値が80%台でした。

しかし、「年間8万問」練習の成果か
最近は2回連続で「アビメ100」(全問正解)が出て
「クイズ感覚で楽しめる」ようになりました。

ミスした問題については
完成した正解文(およびリフレーズ表現)を
文字と音声で再生します。

Part 6 攻略法

Part 6 「文脈を抑えろ!」

2006年に「誤用指摘問題」(いわゆるマチガイ探し)
から進化したパート6は、なんとも悩ましいです。

設問3問×4セット=12問。
Part 5, Part 7に挟まれて、正体不明な感じ。

解答時間で言えば、ここがポイント。

12問を6分以内で解く。

パッセージが短めなので、
それほど時間はかからないと思われがちですが、
それだけに「読み飛ばし」に気をつけたいパートです。

問題文は、全部読むのか?

問題によりけり(That depends.)ですが、
Part 5よりも広い範囲をチェックする必要があります。
「文脈依存型」が潜んでいる可能性があります。

まずは、題材、トピック、そして、選択肢をチェックします。

特に「時制」や「主語と目的語」に
フォーカスしている問題は、
前後関係をチェックしないと
まちがった時制を選んでしまうことがあります。

Starting October 13, the Ace Cinema plays
Real Me, directed by John Smith.
In this science film, Smith ----- as the lead role.
(A) will star
(B) has starred
(C) stars
(D) will be starring


こういう「時制」が絡んだ問題は、結構ミスします。
正解 (C) stars

ミスした問題については
完成した正解文を
文字と音声で再生します。

Part 5 攻略法

Part 5:スピードと正確さ

リーディングセクションでは
75分間を自己管理しなくてはなりません。

これはCD音源のペースに合わせる(一発勝負の)
リスニングセクションに比較して楽に感じます。
しかしこれは
「諸矢の刃」(mixed blessing)ですね。

解答時間で言えば、ここがポイント。

40問を14分以内で解く。

でも、初心者の場合は・・・

・「語彙・文法」が少ない。
・「英文認識スピード」が遅い(150WPM以下)
・「出題ポイント」を知らない


などがネックになり、14分では問題が解けません。
このパートだけで30分もかかってしまいます。

練習すれば、出題ポイントがわかるので
解答スピードは、どんどん速くなります。

問題文は、全部読むのか?

問題によりけり(That depends.)です。

まずは、選択肢をチェックします。

「品詞問題」「代名詞問題」の場合 → 空欄の前後を見て解答。
それ以外の場合 → 英文の意味を確認。


「品詞問題」「代名詞」問題は、文構造を見れば判断できますが、
「語彙問題」「接続詞問題」は、意味の確認が必要です。
さもないと「文意が通りません」となってしまいます。

気をつけたいのは、上級者向けの「ヒッカケ問題」ですね。
模試演習で、こういう問題にひっかかると
「やられた~!」と笑ってしまいます。

The manager has ---- the employees
that weekly reports should be submitted soon.
(A) notified
(B) reported
(C) requested
(D) explained

★「request that S V原形」を知っているとひっかかる。
request someone that SVはダメで、request of him that SVに
しないと正解になりません。
問題文の場合、The manager has requeseted of the employees
that... なら正解となります。

Customers can contact us ---- the phone or by e-mail.
(A) either
(B) both
(C) on
(D) over

★「either A or B」を知っているとひっかかる。

Trainees were informed ---- their supervisor
that the orientation had been put off until Friday.
(A) by
(B) of
(C) to
(D) about

★「inform A of B」を知っているとひっかかる。

「TOEICを知っている人」が
つい「これ知ってる!」と思ってしまいがちなパターン。
このタイプを、落とさないようにしたい。

ミスした問題については
完成した正解文を
文字と音声で再生
して「弱点強化」します。

Part 4 攻略法

Part 4:先読み&映像化
(Part 3 攻略法と同じです)

「説明文問題」に来ると
「いよいよ第3コーナーにさしかかったな」って感じです。
野球でいうと「終盤の攻防」でしょうね。

情報量が多いので、Part 3と同じ攻め方です。

私は、バリバリの「先読み派」ですので、
説明文を聞く前に、設問チェックしておきます。

10セットの説明文に3問ずつ設問がありますが、
こういうパターンが多いですね。

Q1: Who is this talk intended to?
Q2: What are listeners asked to do?
Q3: What will probably take place next?


できるかぎり「選択肢」も見ます。
「コレが答えじゃないかな?でもコレはあり得ないな」
などと「予測」しておきます。

なぜ「予測」するかというと、
それをすることで「内容に入っていける」からです。

「予想通りの展開」になったときは
「ピンポーン!」とうれしいですし、

「予想外の展開」になったときは
「オッとそっちかい!」とツッコミを入れて
楽しむことができます(笑)

「聞き取りポイント」は、以下のパターンが多いようです。

問①:説明文の場所、話し手および聞き手の職業、話題、目的
問②:説明文の内容についての詳細情報
問③:説明文の後に予測される行為(ほのめかし)


聞き漏らしがないよう
私はいつも、音声を聞きながら「口パクリピート」します。
それから「その場面状況をイメージする」

Thank you for coming here on such short notice.
I called a meeting early in the morning in order to
let you know about some changes we are making in he coming
weeks.


Part 2-4に共通して言えることですが、
音声を「聞く」のではなく「見る」
意識が大切です。
「場面が見えた!」ときは、正解できます。

★トレーニング方法★

問題演習で間違えたら場合、どうするか?

説明文を自分の口で再現(reproduction)します。

Thank you for coming here on such short notice.
I called a meeting early in the morning in order to
let you know about some changes we are making in he coming
weeks.


さらに、設問と正解もリピートします。

Q: Who is most likely the audience of the talk?
A: Sales people


顔を上げて、状況をイメージしながら声に出します。
こうすることで「音声」が「映像」に変化します。

私の場合は、このブログに「学びのポイント」として
理解できなかったセリフをアップしておきます。
「弱点データベース」を構築するわけです。

ミスするときは、

・集中力が切れて聞き漏らした
・リフレーズ(言い換え)についていなかった


このいずれかが、ミスの原因ですね。

公開テストの場合、「リフレーズのレベル」は
韓流模試ほどは高くないので、
集中していれば「全問正解」できると思います。

Part 3 攻略法

Part 3:先読み&映像化

この「会話文問題」から
「難しい」と感じる方が多いようです。

Part 1, 2はウォームアップみたいなもので、
ここからがいよいよ
「リスニングのヤマ場」
おのずから、キンチョーが高まります。

私は、バリバリの「先読み派」ですので、
会話文を聞く前に、設問チェックしておきます。

10セットの会話文に3問ずつ設問がありますが、
こういうパターンが多いですね。

Q1: Where is this conversation most likely taking place?
Q2: What does the man suggest the woman do?
Q3: What will the woman probably do next?


できるかぎり「選択肢」も見ます。
余裕があるときは
「コレが答えじゃないかな?でもコレはあり得ないな」
などと「予測」しておきます。

なぜ「予測」するかというと、
それをすることで「内容に入っていける」からです。

「予想通りの展開」になったときは
「ピンポーン!」とうれしいですし、

「予想外の展開」になったときは
「オッとそっちかい!」とツッコミを入れて
楽しむことができます(笑)

「聞き取りポイント」は、以下の通りです。

問①:会話の場所、話し手の職業、話題
問②:話者の心配ごと、相手に対する依頼、提案
問③:会話の後に予測される行為(ほのめかし)


聞き漏らしがないよう
私はいつも、音声を聞きながら「口パクリピート」します。
それから「その場面状況をイメージする」

W: Hello, I'm calling about the magazine that I bought
at your store last night.
When I was reading it this morning,
I realized that there were some pages missing.
M: I'm sorry to hear that. If you bring it to our store
with the receipt, we'll be glad to exchange it for a new one.


リスニング題材はすべて共通ですが、
会話文を「聞く」のではなく「見る」!
「場面が見えた」ときは正解できます。

★トレーニング方法★

問題演習で間違えたら場合、どうするか?

会話文を自分の口で再現(reproduction)します。

W: Hello, I'm calling about the magazine that I bought
at your store last night.
When I was reading it this morning,
I realized that there were some pages missing.
M: I'm sorry to hear that. If you bring it to our store
with the receipt, we'll be glad to exchange it for a new one.


さらに、設問と正解もリピートします。

Q: Why is the woman calling?
A: She purchased a defective item.


顔を上げて、状況をイメージしながら声に出します。
こうすることで「音声」が「映像」に変化します。

私の場合は、このブログに「学びのポイント」として
会話文をアップしておきます。
「弱点データベース」を構築するわけです。

ミスするときは、

・集中力が切れて聞き漏らした
・リフレーズ(言い換え)についていなかった


このいずれかが原因ですね。

公開テストだと「リフレーズのレベル」は
韓流模試ほど高くないので、
集中していれば「全問正解」できると思います。

Part 1 攻略法

Part 1:パターンを予測する

テストのスタートは「問題用紙のシール開封」
これは以前記事にしたことがありますが、
シールを爪先でチマチマ破がしたりせず

手のひらを問題用紙に挟み
「空手チョップ」の要領で
「スパーン!」と切り裂く。

さて、問題用紙冊子を開封したら
Directionは完全に無視し、10枚の写真を眺めます。

この時点で
「あ、コレとコレとコレ・・・」
だいたい3~4枚は見たことがある写真
(過去の出題写真)だとわかり、ちょっと楽しい。

まだ時間がある場合は、
Part 3 No. 41-43の設問を見ておきます。

"Now, look at picture No. 1 in your test book."
が聞こえたら、必ず写真に視線を戻します。

ナレーション(A), (B), (C), (D)を聞きながら○×を判定。
まれに△(保留)になることもありますが、
通常はすぐに○が限定できます。

マークしたら、次の写真に集中。

難問が出現する場所は、No. 6, No. 7です。
この「危険地帯」は「さあ来るぞ!」と集中力を高めます。

ここが苦手だという場合の対策は
「よく出題されるパターン」のネタを増やすこと。
韓流模試をたくさんこなせば、自然に覚えてしまいます。

「人物写真」
"The men are examining a piece of equipment."
"A woman is waiting on a customer."
"The couple is posing for a picture."


「非人物写真」
"The buildings are overlooking the water."
"The path is bordered by the low wall."
"Cars are parked side by side."


★トレーニング方法★

模試演習で「理解できない描写文」に遭遇したら、リピート。
「写真を見てその文が言えるように」しておきます。
私の場合は、このブログに「学びのポイント」として
アップして、後で復習できるようにしてます。
「弱点データベース」ですね。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 申込済
17/09 申込済

カテゴリ
検索フォーム