第167回受験

第167回公開テスト受験。

会場は、いつもの愛知大学6号館。
今日は、うれしいことがあった。

リーディングセクションが20分余ったのだ!
55分で問題を解くことができたのだ。

これはヒロ前田さんの
「拾い読みより一気読みの方が効率がよい」
というアドバイスにしたがったから。

いままでは
設問→本文、設問→本文のように
読んでいたが、今回は設問を一気に読んでから
問題を解くようにした。

いつものやり方では5分しか余らないので、
15分も短縮できたのは、素直にうれしかった。

理解度も上がっているといいのだが、
迷った問題はあまりなかったように思う。

TBRで答え合わせ、いまのところ

リスニングは、Part 1で2問ミス。
リーディングは、1~2問ミスかな?

今年の6回の公開テストの平均点は955.0点。
目標スコアからは40点も低い結果になっている。
せめて最後は、なんとか目標に近づきたい。

(スコア結果:L485/R490=T975)
スポンサーサイト

第166回結果

第166回公開テストの結果。

20111030.jpg

「がっかりな」結果。目標点より45点も低い。

しかも、リスニングでまたも満点を逃している。
リスニングは5問ぐらい間違えても満点のはずなので
6~7問ぐらい間違えていることになる。

今回は、Part 1(10問)とPart 2(30問)
はすべて正解を選んでいるはずなので、
Part 3, 4の(60問)で6~7問も
間違えたことになる。

そんなに間違えたという実感がない・・・

リーディングもひどい(455点は今年の最低スコア)
自己採点では2問は間違えていたが、
このスコアだと8~9問ぐらい間違えたことになる。

そんなに間違えたという実感がない・・・

「どこを間違えたのかがわからない」
というのは深刻な症状である。

うーん・・・
ふだんのトレーニングの見直しが
必要なのだろう。

そうそう、Hummerさん!
990点復活おめでとうございます。
さすがはHummerさんですね。

最高難易度

TOEICテスト対策といえば、模試問題集。

「英検」では
学習到達度によって難易度が異なる
テストフォームが存在する。

これとは対照的に、
TOEICの場合は、1つのフォームで
「初級者」(300点台)から
「上級者」(900点台)まで
幅広い学習到達度に対応することになっている。

その結果として
200問の間には難易度には差がある。

私の場合、実際のTOEICを受験したときの
感覚はこんな感じである。

①「難易度★」70% (140問くらい)  
=余裕を持ってこなせる問題。
ただし油断は禁物!
単数・複数、時制でミスすることあり!

②「難易度★★」25% (40問くらい)
=全力でいかないと解けない問題。
最初は「難易度C」レベルと思わせ、
実際にはひねりがあるような問題。

③「難易度★★★」 5% (10問くらい)
=全力で行ってもわからない問題。
リフレーズ(言い換え)がかなりハイレベルな問題。
あるいは、日常的な語句の「非日常的な用法」を問う問題。

おおざっぱに言えば、
「7割は楽勝、2割で緊張、1割で苦悩」
・・・という感じか。

ところが、これはすごい!
「新TOEIC TEST完全攻略模試」(語研)

完全攻略


2回模試をこなしての正解数はこんな状態。

Practice Test 1 155/200
Practice Test 2 149/200

正解率が7割近くまで下がっている。
もしこれが本番のTOEICだったら、
750点ぐらいしかとれない!

■語彙が異常に難しい。
(見たことのない単語が選択肢に出てくる)

■設問および選択肢が長い。
(Part 2 の質問が全部長い!)

■正解のリフレーズがやたらとひねっている。
(そこまでひねるか?と思ってしまう)

「スピードマスター」(Jリサーチ)の
追随を揺るさない「破格の難易度」である。

speed
(破れたり、スピードマスター)

でも、これを繰り返し解いたら、
本番は「やたら簡単に感じる」だろうと思う。
そう意味では、存在意義が大きい。

公式問題集1-2

公式問題集1のTest 2をこなす。

ところが、眠くて集中できず。
これで6週目なのだが、リスニングで2問落とし
198/200という成績、なさけない。

数えてみたら所有している模試は
合計で70回分あった。

まだ手をつけていないものもあるが、
1回こなすだけでも、14,000問である。

どの模試でもすべて全問正解できるまで
繰り返したい。

トリプル模試2-3

「新・最強トリプル模試③」の
Test 2, Test 3をこなす。

triple 1


正解が手元にないため、
採点は明日になるが、

これで今年の模試トレーニングは
合計107回、21,400問。
とりあえず150回、30,000問は達成できそうだ。

来年は250回、50,000問を達成したい。
もちろん、1年以内にである。

第166回の結果は、なんとも言えないが、
予想得点は

L495 R485 T980

・・・ぐらいのような気がする。

今年6回目のチャレンジだが、
またしても満点には手が届かないようだ。

SWも少しスランプ。

10月のテストは
スピーキングは2回目の200点だったが、
ライティングは2回連続で170点。

たしかにトレーニング不足かもしれない。
筆写トレーニングを取り入れてみよう。

レベル判定模試1

「トリプル模試③」のTest 2をやるつもりが、
問題用紙を自宅に置き忘れる。

しかたがないので、
たまたまもっていた「レベル判定模試①」をこなす。

Level 1


4回目なのに、197/200。また3問も間違える。

いかにあいまいに理解しているか、がわかってしまう。

今年の模試トレーニング問題数は
累計21,000問に到達したけれど
大切なのは
「量」じゃなくて「質」である。
200問全問正解してこそ、反復練習の意味がある。
ただこなせばいい、というものではない。

通勤電車内

Hummerさんの「電車の中で模試を解く」という話を
聞いて、まねをしはじめた。

「電車の中で模試トレーニング」は無理、と
決めつけていたが、実際やってみると、案外できる。

リスニングは、行きの乗車時間でほぼ全部できる。

リーディングは、帰りの車内でやるのだが、
Part 5, 6はなんとか、
Part 7はややこしいので、まだ不慣れだ。

今日は、初めてトライする
「新TOEICトリプル模試③」のTest 1を
やってみた。

正解結果は L92+R95=T187であり
換算表によれば、
L485+R485=T970である。
うーん、低い。

でも、繰り返しである。

年内の「3万問」と「990点」は
なんとか達成したい。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2202
(726/712/764)

【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 申込済
17/07 申込済

カテゴリ
検索フォーム