「甘口」vs「辛口」

「Number」608号 59ページ掲載の
「W杯アジア地区最終予選を3倍楽しく見る方法」
という記事ですが、爆笑しました。

Number 806

テレビ朝日のサッカー解説者の
松木安太郎氏の応援コメント
セルジオ越後氏の批評コメント
「甘口vs辛口」コメントが対照的でおもしろい!という話です。
(激しく同意です)

たとえば、
第170回の私の「戦いぶり」を
おふたりに批評していただくと、こうなるでしょう。

■松木安太郎氏のコメント(甘口)

matsuki.jpg

「うしゃあ!ぬり恵さん、スゴイスゴイ!
リーディングで98問正解って、さすがだね~!
今年になって4万問も問題をこなしている成果ですね。
正解率自己ベストですかあ、いやあ
確実にリーディング伸びてますよォ。カッ!」


限りなくヨイショしてくださる、松木さん。
セルジオ越後さんは、いつもの辛口。

■セルジオ越後氏のコメント(辛口)

Sergio.jpg

「でもね、ぬり恵さん・・・
ハッキリ言って今回は、相手が弱かったね。
つまり、問題が簡単だっただけですね。
だから、結果的にスコアが下がっているってこと、
これを忘れちゃいけないですね。

もう1つ忘れちゃいけないのは、
ぬり恵さんは、いままでにPart 7 を
全問正解したことがない、ってことですね。

このパートをノーミスでクリアする実力がないと
はっきり言って世界では戦えない、
いや、満点は取れないですね」


伸びたときは素直によろこび、
でも、課題をしっかり設定して
さらなるレベルアップを目指す。

TOEICチャレンジにおいては
「甘口と辛口」両方の視点が必要な気がします。


ただし!
TOEICのスコア換算においては
こういう「コントラスト」はちょっと
おかしいんじゃないか?と思っています。

「TOEICスコア」とかけて
リスニング:松木安太郎
リーディング:セルジオ越後
と解く。そのココロは・・・

「リスニング、甘すぎる!」
(少しぐらい間違えてもOK!細かいことは気にしないでね!)

「リーディング、辛すぎる!」
(1つのミスも許されません!完璧にこなしてください!)

具体的に、第170回公開テストを例にとると

リスニング:4問ミスでも満点!(松木評価)
リーディング:ノーミスのみ満点!(セルジオ評価)


「アドバイス」は、「主観評価」なので、
「甘口」や「辛口」があっていいと思います。

でも、「スコア」は、「客観評価」なのですから
「統一性」が必要だと思います。

現在のLとRのスコア評価の差は
バランスが悪すぎる
と思いませんか?

「そう思う」という方、クリックお願いします。

スポンサーサイト

得意は「Part 7」

「満点の壁は、Part 7」

第170回公開テストでは、スコアは490点から480点にダウン。
「一歩後退」ということで、少なからぬショックを受けました。

しかしながら、
その後届いたスコアシートの「アビメ」を見てみると・・・

170R.jpg

リーディングセクションでは
「100問中98問正解」(正解率98%)でした。

正解率は自己ベストだったのに、
スコアダウンしたわけです(しつこい)


第170回公開テスト・メジャーフォームの
リーディングの配点は、
どうやら以下の通りだったようです。

2問ミス  480点(合計975点)
1問ミス  490点(合計985点)
全問正解  495点(合計990点)


「全問正解しないと満点が出ない!」

これだけ「激辛採点」になった理由は
問題がやさしく受験者全体の正解率が上がったためです。

いずれにしても
「Part 7で全問正解できなかったため満点を逃した」
という結果につながりました。

私は、「文法が苦手」という人には、
「花田先生の文法特急を50周やってね」
・・・と答えています。

出題ポイントのエッセンスを反復練習することで
確実にスキルアップするからです。
実際、Tommyさんは、なんと500周(!)されたそうです。

そういう自分自身は、Part 7が苦手
このパートで「全問正解」したことは、
たったの一度もありません。

Part 7の攻略が課題、これが明らかです。

前置きが長くなっちゃいました。
ここからが、この記事の本題です。

「Part 7 に特化した対策本」
を1冊やりこみたい、と思っています。

その本をグルグル(反復学習)しながら
問題演習を重ねることで、
自分の弱点を克服できるのでは?と。

書店を探したら、こんな本を見つけました。

「TOEIC TEST 990点満点リーディング」
(明日香出版社)価格:1,900円+税


990 R

タイトルからもわかるとおり、
「あなたもすぐにスコアアップ!」っていう軽いノリではなく
「初級者向け」ではありません。

「超難易度練習問題」を収録しており
「900点以上の学習者」を対象にした本、と言えるでしょう。

著者は、植田一三先生と石井隆之先生。
実は、石井先生とは面識があります。

石井先生はご記憶かわかりませんが、
セミナーの司会を一緒にさせていただいた
ことがあるので、なつかしい感じです。

面白いは、アマゾンのブックレビューを読むと、
「TOEICリーディング対策にお勧め!」という高評価と
「これはTOEICではありません!」という酷評も出ていて
評価が分かれています。

では、私の評価なのですが
まだ目を通しただけの段階ですが
「とても面白い」ですね。

目次を紹介すると、こんな感じです。

第1章:TOEIC Part 7 全問正解の極意とは?
第2章:TOEIC Part 7 頻出パターン15完全攻略!
第3章:TOEIC Part 7 難問・誤答・正答の正体はこれだ!
第4章:TOEIC Part 7 言い換え問題大特訓
第5章:TOEIC Part 7 超難問攻略大特訓


こういうメニューの「Part 7対策セミナー」が
開催されたら、参加したくなりませんか?

植田先生と石井先生が
「TOEIC受験者が、Part 7を楽しめるように」
と、いろいろと工夫されている様子が感じられます。

「出題文書のパターン分類」も、
通常の本だと、せいぜい5パターンぐらいしか
紹介されていないのですが、
この本は、なんと15パターンも紹介しています。

(01) e-mail Eメール
(02) letter 手紙文
(03) messages メッセージ
(04) advertisement 求人広告
(05) advertisement 商品広告
(06) article  都市政策
(07) article 店舗・商品紹介
(08) article 企業合併
(09) notice 告知
(10) memo 社内通知
(11) information インフォメーション
(12) announcement  
(13) form 書式
(14) instruction 説明書
(15) survey 調査結果


「ここまでやるか?」と思うくらいの細かい分類です。

しかも、それぞれの文書について
チェックポイント(読みどころ)が明記されているのです。

(例)
Eメールはここを押さえろ!
①書き手と読み手
②人物の肩書き、企業の業種
③時間の前後関係


もちろん、この3つ以外が出題されることも
ないとは言えませんが、

「文書ごとに、3つのチェックポイントを用意する」

というアプローチをすれば、
「Part 7が苦手」という人が文書を読みこなすときの
よい「指針」になると思います。

何の課題もなく「さあ、Eメールを読んでみよう!」というより
「これはEメールだから、あの3項目をチェックだ!」
という方が、課題が明確になることで
取り組む側も、心理的にやりやすいですよね?

この本をガイドブックとして
Part 7の問題演習に取り組んでみたいと思います。


「参照しながら模試を解いてみる」ことで、
この本の評価も、自ずと明らかになるでしょう。

自分なりのレビューを、
アマゾンにアップしたいと思っています。

いつか、HUMMERさんのように
「自信があるのは、Part 7です」
と言えるようになりたい・・・

※お願い:
この本を使ったことのある方が
いらっしゃいましたら、ご感想をお教え下さい。

動名詞の正体が!

「動名詞は名詞なのか、動詞なのか?」
みなさんのおかげで、結論がまとまりました!(たぶん)

きっかけとなったのは
「公式問題集Vol. 5」(Test 2) No. 127
についての、Yamaguchiさんからのご質問でした。

Vol 5

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


○正解 =  (B)repeated (形容詞)   
×不正解 = (C)repeatedly (副詞)  

でも、次の場合は・・・・

Shipping clerk can finish the job without ------ lifting packages.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


○正解 =  (C)repeatedly (副詞)   
×不正解 = (B)repeated (形容詞)  

「動名詞」には「動詞」「名詞」
の2つの用法があるらしい。
でも、どうやって見分けるの!?


・・・が争点となりました。

これに対し、たくさんの方からコメントをいただきました。
(本当にありがたいことです)

その中で「だじゃれさん」のご回答
最もまとまっているように感じましたので、
ここで、記事として転載させていただきます。

■「名詞的動名詞」(形容詞で修飾)
(a)限定詞(例えば、the their)を伴っている。
(b)形容詞によって前位修飾されている。
(c)of前置詞句によって後位修飾されている。

■「動詞的動名詞」(副詞で修飾)
(a)冠詞や代名詞的限定詞(ただし、所有格は除く)が先行することはない。
(b)形容詞によって修飾されることはないが、対応する副詞の披修飾語となる。
(c)動名詞節は、その主語や直接目的語を表すof前置詞句をあとに伴うことはない。
主語は動名詞に先行し、直接目的語はそのあとに続く。


このルールにしたがい、
問題のNo. 127を分析してみます。

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.


まず気づくのは"lifting"のあとに「of前置詞句」があること。
(c)of前置詞句によって後位修飾されているに該当します。
これによって、"llifting"が「名詞的」役割をしていることが明白です。

「名詞的動名詞」と断定できれば、
その前の空欄は「形容詞」が入ります。
(b)形容詞によって前位修飾される
が適用されるので、正解は(B)repeated (形容詞)となります。

次に、この英文を見てみましょう。

Shipping clerks can finish the job
without ------ lifting packages.


これをルールに照らせ合わせてみましょう。

(a)冠詞や代名詞的限定詞
が先行することはない。

・・・冠詞も限定詞もないですね。

(b)形容詞によって修飾されることはないが、
対応する副詞の披修飾語となる

・・・「形容詞によって修飾されることはない」と
ありますから「形容詞」(repeated)はダメ。
「副詞」(repeatedly)で修飾されるってことですね。

(c)動名詞節は、その主語や直接目的語を表す
of前置詞句をあとに伴うことはない。
主語は動名詞に先行し、直接目的語はそのあとに続く。

・・・動名詞の後には、of前置詞句はなく、目的語があります。

まとめますと、
"lifting"のあとに「of 前置詞句」はなく、
動詞liftの目的語としてのpackagesが存在している。
したがって「動詞的動名詞」と確定され、副詞で修飾する
・・・となります。

やっと、スッキリしました。
ようやく、この問題を他の人にも説明できそうです。

もう1つ、ハッキリわかったことがあります。
公式問題集の解説はひどすぎる!(笑)

公式問題集の「解答・解説編」冊子 127ページには

「空所の後に続き動名詞lifting を修飾する語を
選ぶ。形容詞の(B) repeated が適切」


・・・としか書いてありません。

これだと、この問題の出題ポイントである

「動名詞には、名詞的用法・動詞的用法がある
から、どちらかに該当するのか識別せよ」


を解説していない、と思います。

Yamaguchiさん、うみぶたきっくさん、
通りがかりさん、DIOさん、TomCATさん、だじゃれさん
みなさん、ありがとうございました!

※「私もスッキリした」と思われましたら、ぜひクリックお願いします!↓

動名詞は何詞?

「動名詞は名詞なのか、動詞なのか?」
一日中、これを考えていました。

そもそものきっかけは、

「公式問題集Vol. 5」(Test 2) No. 127
についての、Yamaguchiさんのコメントでした。

Vol 5

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


この問題をみたときの思考は・・・

「(B)かな?でもTOEICだとこういう時
副詞が正解のことが多いよなあ・・・」と
あまり深く考えず
(C) のrepeatedly (副詞)を選びました。

でも・・・
正解は(B) repeated(形容詞)でした。
この本の解説はこうなっています。

「空所の後に続き動名詞lifting を修飾する語を
選ぶ。形容詞の(B) repeated が適切」


としか書いてない。この説明だと
「動名詞を修飾するのは、常に形容詞」
・・・・とも読めますね。

そこで、Yamaguchiさんが
なんで、動名詞なのに形容詞で修飾されるのでしょうか?
動名詞を修飾するのは副詞だと思っているのですが・・・。


と、問題提起してくださいました。

これに対して、深く考えていない私は
「動名詞=名詞、だから形容詞で修飾する」
みたいなコメントをしたのですが、
これだと説明になっていません。

名詞を修飾するのは?形容詞!
動詞を修飾するのは?副詞!
では、動名詞を修飾するのは?・・・?


いままでは・・・
「動名詞?動詞を-ingにしたら
名詞として使える用法でしょ?」

つまり「名詞」と同じみたいに考えていたため、

Yamaguchiさんのご質問に
きちんと答えることができません。

今日、ネイティブ4人に聞いてみましたが
「正解はどれか?」は、わかっても
「なぜそうなるの?」は、うまく説明できないのです。

(1) The position requires ------ lifting of packages.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


つまり、この文の場合、
主語がthe position、動詞はrequiresですね。

そして、動詞の目的語がlifting。
目的語になれるのは名詞だけですから
(もしくは「名詞的動名詞」)
「名詞」を修飾できるのは「形容詞」
だから、repeatedとなり、正解は(B)となる、と。

次に、こんな問題を作ってみました。
「動詞的動名詞」のパターンです。

(2) With this machine, you can finish the job
without ------ lifting packages.
(A) repeat
(B) repetition
(C) repeated
(D) repeatedly


この文の場合、"without ------ lifting packages,”が
”finish the job”を修飾する「副詞句」になっている。

liftが他動詞として存在し、
その後に前置詞がなく名詞(目的語)が来ていることから

このliftingは「動名詞」(もしくは動詞的な動名詞)と言えます。
「動詞」ですから「副詞」で修飾する。正解は(D)となります。

これで同じliftingを
「名詞」扱いにしたり、「動詞」扱いにすることが
わかりました。

もう1問、考えてみます。

(3) After ---- failing to win customer support,
PIXEL program has been withdrawn from the market.
(A) repeat
(B) repetition
(C) repeated
(D) repeatedly


このfailingは、主語でも目的語でもなく
「プログラムが回収された」という動詞の
「副詞句」になっている。

つまり「動名詞」(動詞的動名詞)なので、
(C)形容詞ではなく、(D)副詞を選ぶ。

「通りすがり」さんのコメントでは
TEX加藤先生も、私と同じ思い違いをされていたとか。

動名詞の修飾語は?

さて、この記事のまとめとしては
結論的には、こうなりそうです。

動名詞には
「名詞的動名詞」と
「動詞的動名詞」の
2種類が存在する。


となると、残る問題は・・・

「名詞」(名詞的な動名詞)と
「動名詞」(動詞的な動名詞)の区別


なのですが、「名詞」(名詞的動名詞)
と断定する判断基準として、その-ingの部分が

・「主語」になっている
・「目的語」になっている
・ofに導かれる語句が続いている


などが、チェックポイントになるのでは?

公開テストでこれが出題された記憶はないのですが、
公式問題集に掲載されたということは、
今後は、この見極めが公開テストでも
出題される可能性がある、ってことでしょうかね?
(上級者向けですね)

もっとスッキリした説明がおわかりの方、
ぜひコメントお願いします!

方針変更!

いきなりですが・・・

「年間10万問」の目標を
「年間8万問」(400セット)に修正します。


英語トレーニングは
「最大の学習効果」のためにあるべきです。

IMG_0579.jpg

Tommyさんの「3ヶ条」を思い起こすと・・・

①解いている自分が勉強していると思っていないか?
②解き終わってから本当の勉強が始まる。
③その問題は2度と間違わないか?


「問題を解きまくるだけ」で
「復習をしていない」ことが
マイナスであることは間違いないところです。

でも「年間10万問」を追求していくと
「1日2セット」をやらないといけない。

2セットには4時間かかるので
その後復習する時間がなくなる。

自分の課題は「Part 7の克服」です。
Part 7 で全問正解できるようにならないと
満点は達成できないでしょう。

そのためにも

★模試トレーニングは、1日1セットにする
★間違えた問題を徹底的に復習する
★模試レビューにその内容を記入する


これを実践していきたいです。

「公約違反」みたいになりました。
ごめんなさい。

※この記事が参考になったと思われた方、クリックお願いします!↓

Tommyさんの金言

トロントにいらっしゃるTommyさんのブログに
すばらしい記事がありましたので
ぜひ紹介させていただきます。
(以下、引用です)
=====================================

たくさん問題を解いているのに上がらない理由。
それはいくつかあると思うんですが、

①解いている自分が勉強していると思っていないか?

私の定義では、問題を解くことは勉強ではないと思っています。
問題を解くのは、自分が出来ていることと出来ていないことを見極めるための作業に
しかすぎないので、勉強とはいいません。
ゴミの分別のようなものです。
分別すらしない方は、部屋が散らかってもどうして私の部屋はきれいにならないんだろうと
思うのと一緒です。

②解き終わってから本当の勉強が始まる。

自分がいかにあやふかか、間違ったかというところから勉強がスタートします。
解説書を読んで済ませてはいけません。
次に出会ったときに2度と間違えないようにするためにはどうしたらいいか、
考え、実行する必要があります。
ということは、正解しても次に正解する自信があるかというところにも目を向ける必要があります。

③その問題は2度と間違わないか?

私は同じ問題を何度もやりますが、
その都度自分の作業精度が正しいか確認しています。
だからこそ猛スピードでやる。猛スピードでやると間違えたくない自分がいるのと、
反射的に答えなきゃいけない自分のジレンマで本能が答えを出しに行きます。
追い詰められた自分の答え、それこそが、目標点にたどり着けるかどうかです。

=====================================

知る人ぞ知るTOEICチャレンジャーのTommyさん、
洞察が深いです。サスガです。

まさに、自分の弱点をズバリと指摘された
気がしました。

「Part 7 から逃げている自分」

答え合わせしても、分析していない。
弱点と向き合い、克服しなさい・・・
TOEICの神様から「預言」をいただいた感じです。

Tommyさん、ありがとうございます!

※この記事が参考になったと思われた方、クリックお願いします!↓

第170回アビメ

第170回公開テストのスコアレポート
が届きました。

スコアレポートの楽しみは、
「アビメ」(Abilities Measured)
をチェックすることです。

170.jpg

今週は「スコアダウン」+「受験申込ミス」のダブルパンチ。
落ち込んでいましたが、
今回のアビメは少しだけうれしく感じました。

★6勝3敗:100%達成6項目★

アビメは、L4項目+R5項目=合計9項目あります。
「100%の項目がいくつあるか?」をチェックします。

私は「100%の項目」を「1勝」と勝手に呼んでます。
これまでの最高は「5勝4敗」でした。
今回は、「6勝3敗」となります。
自己最高の成績となりました。

ただし!
ここの勝率(正解率)がいいときって
「問題が難易度が低い」ことが原因である
ことが多いんですね。

となると、他の受験者も正解率が高くなるため、
自分のスコアは低くなる傾向があるのが
悔しいところです。

でも「9勝全勝」してしまえば関係ありません。
「全問正解」なので990点が出ますから。

★アビメ合計:879/900★

9項目の数値の合計をチェックします。
今回は879/900 となり自己ベスト更新となりました。

ちなみに、ここ4回の数値を比較すると
おもしろいことがわかります。

 テスト  スコア  アビメ    率
第167回  975点  876/900  97.3%
第168回  985点  857/900  95.2%
第169回  985点  868/900  96.4%
第170回  975点  879/900  97.7%


985点のときは、正解率が97%以下なのに、
975点のときは、正解率が97%以上になっています。

個人的には「スコアが高い」よりも
「正解率が高い」ほうが、うれしいのですが。

だって「正解が多かった」(ミスが少なかった)
ということですから。

「正解数は減ったが、スコアが上がった」
「何問も間違えたけど、満点だった」


というのは、正直、あんまりうれしくないです。

「調子は悪かったけど、試合には勝っちゃった」
みたいな感じで、スッキリしませんね。

さらに、TEX加藤先生の
「アビメ換算表」
によれば、
今回の正解数は、以下の感じです。

LC:96/100 (4問ミス)
RC:98/100 (2問ミス)
合計:194/200(6問ミス)
正解率:97.0%


「リーディングで2問ミス」は
自己最高とも言える正解率なのですが、
それでも480点とは、「か、辛すぎるっ!」
「セルジオ越後か!」とツッコミたい(笑)

TEX加藤先生によれば、今回のRCは
「全問正解」しか495点が出なかった
とのこと。あのAndyさんでも1問ミスで490点。

今回のアビメ分析でわかったことは
TOEICというシステムの特徴です。

A:「難易度が低い」=「正解率アップ+スコアダウン」
B:「難易度が高い」=「正解率ダウン+スコアアップ」


170回は、Aパターンだったと結論できます。

「満点ホルダー」は大勢いますが
今回のテストで満点を取った人こそ
ホンモノの実力者でしょう。
そういう域に到達したいです。

171回を受験されるみなさん、
ベストスコアをお祈りしています!

※この記事が参考になったと思われた方、クリックお願いします!↓

特急:「新入社員研修」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!
ネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

==================================
Part 4 「新入社員研修」

新入社員のみなさん、ABC社にようこそ。
オリエンテーションの予定をお伝えします。

午前中は、社長のスミスが
ABC社の歴史について説明します。

その後は、人事部のメイトランドが
社内規定について説明します。

社員食堂でランチ、食券はオリエンテーション
パッケージに入ってます。

午後は、部署ごとの分科会。
みなさんの上司や同僚にあいさつしますよ。


==================================

★解説★

「新入社員研修」(new employee orientation)は
Part 4 の定番ストーリーです。

設問:「午前中は何がありますか?」
回答:「スピーチを聞く」
"What will happen in the morning?"
"A speech will be given."


午前中は「全体会」と決まっています。
たいていは社長が、社史の話をします。

設問:「食事券はどこにありますか?」
回答:「パッケージの中」
"Where are the meal voucher available?"
"In the package"


社員食堂(company cafeteria)で
ランチ、というパターンが多いようです。
食事券も支給されちゃったり、
会社内にフィットネスジムがあったり、
うーん・・・恵まれてますなあ。

設問:「昼食後、研修生たちは何をしますか?」
回答:「グループに分かれる」
"What will the trainees do after lunch?"
"Be divided into groups"


午後は、分科会に分かれて
部署ごとに打ち合わせをするっていうオチが
多いようですね。

社員名としては
Kate Maitlandさんが、よく登場します。
(実在するETSのスタッフなのか?)

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

第171回受験不能

第170回のスコアもショックでしたが
追い打ちをかけるようなショックな事実。

第171回は、受験できないぜぇい!
申し込み手続き、してなかったぜぇい!(泣)


「あれ?受験票がとどかないぞ~」と思い
「ひょっとして・・」とネットで確認したところ・・・

000.jpg

ガーン!「第171回」がない!!

これで、次のスコアは
8月まで待たないといけなくなった。

予定していたい「ブログリニューアル」
8月まで延期になっちゃいました。

これで、今年はあと5回、
7月、9月、10月、11月、12月
しか、公開テスト受験のチャンスがありません。

あと5回か・・・だいじょうぶかな?
うーん、なんとか到達したい!

※落ち込んでますので励ましのクリックお願いします!↓

新公式問題集Vol. 5 レビュー

「新公式問題集 Vol.5」
模試2セットを完了しましたので、
本全体のレビューを書きます。

Vol 5

私の成績は以下の通り(初見です)

Test 1 正解数: L100/R97/T197 (正解率:98.5%)
Test 2 正解数: L99/R97/T196 (正解率:98.0%)


一言で言えば、やさしすぎです。

「3年ぶりの公式問題集」なので
期待していたのですが、
どうしても「期待はずれ」と言わざるを得ない。

もちろん、いわゆる悪問・奇問はなく、
「公開テストの基本的な問題を集めた模試」
という印象ではありますが「歯ごたえ」はないですね。

もし、公開テストがこのVol.5と同じレベルだったら
かなり多くの人が、満点を取ると思います。

Morite2先生によると、
この公式問題集Vol. 5のネタ本は
韓国で出版された「TOEIC Starter」とのこと。

toeic20starter.jpg

「初心者向けの模試」なんだったら
それは、やさしいはずですよね?

ズバリ言います。

前田先生の「究極の模試」の方が
ホンモノ(現在の公開テスト)に近い

・・・と思います。

※応援クリックお願いします!↓

第170回の分析

今回のスコアにやや落ち込んでいる私ですが、
実は、あのTommyさんがトロントから
非常に興味深いコメントを書いてくださっています。

Tommyさんの分析

このコメントを読んで
「うーん、さすがはTommyさんだ」
・・・とうなりました。

今回のテストは、
受験者の学習到達レベルにより、
3つのリアクションがあったのではないか?
との分析です。

すなわち

初・中級者には「やさしく」感じられ→スコアアップ

上級者(900点レベル)には「むずかしい」と感じられ→スコアダウン

そして、超上級者は→いつもと同じく990点取得

もっと言えば・・・

「今回(170回)でスコアダウンした人は
本当の実力がまだ伴っていない」


・・・・ということでしょう。

まさにその通りだと思います。
まだまだ実力不足!
「いつでも満点が取れる」
圧倒的な実力を目指したいです!

★それにしてもTommyさんの
「トロント発・TOEIC受験レポート」
は必読です!絶対オモシロイです。

TOEIC受験レポート(カナダ編)

第170回結果

第170回公開テストの結果。

20120527.jpg

(スギちゃん風に)
正直、ガッカリだぜい!
TOEICの神様、なかなか微笑んでくれないぜい!


「ひよっとして、980はあるかも・・・」と
思っていましたが、それを下回るスコア。

よく見たら、
1年前(2011年5月)と同じスコア

「この1年間の練習は、何だったの?」と
思わされるような、ショックな結果です。

現在の「スコアに対するリアクション」は、
こんな感じになっております。

990 =「よっしゃ!」
985 =「うーん、またか・・・」
980 =「ま、しょうがないか」
975 =「そんなバカな・・・」


まあ「975点」を「低い」と感じるようになった
ことは、レベルアップと言えるかも知れません。

それにしても、今回の結果を見て、
やはりPart 7がネックになっていると思います。

そして、その弱点から逃げている自分がいる。
模試トレーニングの後、Part 7はあまり見直さない。
「どこをミスしたのか」を追求していない。
だから、同じミスを繰り返すのでしょう。

今回もリスニングは満点なので、
課題はリーディング、ズバリ、Part 7でしょう。
今回も5~6問を落としているんでしょう、きっと。

ヒロ前田先生が

「センテンスは理解できていても
文章全体が、理解できていない」


とおっしゃっていましたが、まさにその通り。

「ストーリー特急」はおもにPart 3, Part 4を
分析していますが、

ここはやはり
Part 7をターゲットにした「リフレーズ特急」
をやるしかないのかも知れません。

一から出直しです・・・

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

特急:「転勤の理由」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!
ネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

==================================

Part 3 「転勤の理由」

「メアリー、実は僕、シドニーに転勤なんだ」
「え?うわさは本当だったのね」
「そうなんだ」
「あなたがいなくなると寂しくなるわ」
「ありがとう。転勤の理由はね・・・」
「待って!当ててみせるわ」
「え?」
「家族との時間を大切にしたいんでしょ?」
「どうしてわかったの?」


==================================

★解説★

「転勤」についての会話は、定番です。
「理由を当ててみせる」は、私の創作ですが。

設問:「男性はなぜ転勤したいのか?」
回答:「家族と一緒にいたいから」
"What does the man want to be transferred?"
"To live closer to his family"


ちなみに、TOEICの世界では
転勤の理由として「左遷」がくることは
ありません。平和な世界です。

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

特急:「交通情報」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!
ネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

==================================

Part 4 「交通情報」

リスナーのみなさん、おはようございます。
こちらはKBTS(ラジオ放送)です。

朝の交通情報をお伝えします。

メイプルストリートは、道路補修のため渋滞しています。
ドライバーのみなさんは、迂回路としてルート12をご利用ください。

次は、スポーツニュースです。
でもその前に、コマーシャルをお聞きください。


==================================

★解説★
「交通情報」も定番中の定番ですね。

質問:「道路渋滞の理由は何か?」
回答:「道路補修」
"What is the reason for the heavy traffic?"
"Road renovation"


「事故」(accidents)は、ほとんどない。
(TOEICの世界では、悪いことは起きない)

質問:「アナウンサーはドライバーに何を提案しているか」
回答:「別の道を使うこと」
"What does the speaker suggest that drivers do?"
"To take an alternative route"


「迂回路」っていう話が多いようです。
"take a detour"なども出ることがあります。

質問:「リスナーが次に聞くのは?」
回答:「コマーシャル」
"What will the listeners hear next?"
"Commercial"


どうしても「スポーツニュース」をマークしがちだが、
正解は「コマーシャル」です。最後にどんでん返し!

そうなんですよね、
「待ち伏せリスニング」していると
どうしても「1つめの情報」に飛びついてしまう。
でも、それはヒッカケのことがあります。

つまり、今日のポイントは・・・

「1つ目の情報」に引っかかるな!
「2つ目の情報」を選べ!


「どんでん返し」を克服しましょう!

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

4月も公開テスト!

「TOEIC公開テストが、年10回に!」

TEX加藤先生のブログで見つけました。
来年から、4月にも実施されることが決定しました。

ここをクリック→TOEIC 4月実施

でも、ちょっと待てよ・・・

「試験会場は8カ所のみ」とある。

つまり、「都市在住でないと不利」ってことですよね。

私の場合、ふだん豊橋で受験してますが、
これについては、名古屋まで出ないと受験できない。

「限定実施」みたいなもんですね。
ややがっかり。でも受けますけど(笑)

韓国みたいな「毎月実施」
いつになったら実現するのか?早くしてくれ~!

※同意していただける場合は、クリックお願いします!↓


新公式問題集Vol .5

ついに発売!「新公式問題集 Vol .5」

Morite2先生のブログを見たら
「今なら、注文できますよ~」と書いてありました。

Vol 5

アマゾンから注文しちゃいました。
ワンポチ、いや「1 Click 注文」を使いました。

3年ぶりの新刊ですから、楽しみですね。
(飛ぶように売れているそうです)

あ、それまでに
Vol 1-Vol.4 の8セットを復習しちゃいます。

※応援クリックお願いします!↓

特急:「在庫切れ」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!


これらのネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

==================================

Part 3 「在庫切れ」

「広告で見たトースター、ありますか?」
「あれは人気商品でして、ただいま在庫切れです」
「えっ、そうなんですか!」

「他の商品ではいかがですか?ほら、これなんかいいですよ」
「いや、他のやつではイヤです!」(キッパリ)

「そうですか・・・あ!お客さん!
ただいまコンピューターシステムで調べましたら、
その商品、弊店から2ブロック先の本店にございます。

恐れ入りますが、そちらにお越しください」
「わかりました。ありがとう」


==================================

★解説★

Part 3の会話文問題で出題されるパターン。
場面は店頭。客と店員の会話。

客「~っていう商品、ありますか?」と質問。
TOEICの世界では、
商品があったためしがない!(笑)

店員「あいにく在庫切れです。ごめんなさい」とペコペコ。

質問①:「この二人はどこにいる?」
回答①:「電化製品店」
"Where most likely are the speakers? "
"At an appliance store "


店員、慌てて他の商品を勧める。
「これなんか、どうですか?」

オモシロイのは、
この展開で、客が「あ、じゃそれでいいです」とは絶対に言わないこと。
「それじゃイヤだ!あれじゃなきゃダメ!」
かならずダダをこねる。
やれやれ、わがままな客である(笑)

質問②:「何が問題なのか?」
回答②:「品物が手に入らない」
"What is the problem?"
"An item is not available."


会話の結末は、以下のどちらかである。

「では、さっそくお取り寄せいたします」
「あっ!他の店舗にございますよ!」


なんとか客は納得して帰る。やれやれ。

質問③:「客が次にする行動は何か?」
回答③:「他の店舗に行く」
"What will the customer probably do next?"
"He will go to another store."


わがまま客は、やっと満足する。

答えをマークしながらも
「本店でも品切れだったら、おもしろいのにな」
・・・と思う私は、不届き者でしょうか?(笑)

注:TOEICの世界では、「客がキレる」ことは
絶対にありません。(一度も聞いたことがない)

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

特急:「求人広告」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!


これらのネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

==================================

Part 7 「求人広告」

営業マネージャーを、募集しています。

実務経験5年以上、これは絶対必要。
"Minimum of five years of experience is required."

でも、大学卒業資格はあればいいな~って感じ。
"Bachelor's degrees are preferred."
大卒じゃなくてもだいじょうぶ。
うちは「実力本位」ですから「学歴」はそんなに重視していない。

医療保険、有給休暇は保証します。
"Benefits include medical insurance and paid vacation."
滞在費、交通費は会社もちです。
"Lodging and travel expenses will be covered."

必要書類は、
履歴書(resume)と
推薦状2通(two letters of recommendation)

応募ご希望の方は、
弊社のウェブサイトに応募フォームで登録してくださいね。
"To apply for this position, please visit our website."

応募お待ちしてま~す!


=================================

★解説★

「求人募集」の題材は、Part 7では「定番中の定番」
これが出ないTOEICはない、と言っても過言ではない。

よくある質問は「職種」「応募条件」「応募方法」
の3つに集約されると思う。

質問①:「募集しているのはどういう職種か?」
回答①:「営業部長」


まずは「何の仕事か」「どういう業務をする仕事か」
が問われます。「中間管理職」が多いようで、
supervise a group of employees(部下の管理をする)
などがよく出題されます。

質問②:「応募条件は何ですか?」
回答②:「5年間の実務経験、でも大学学位は必要条件ではない」


requirements (必要条件)なのか
preferred (希望条件)なのか

これが設問で問われることが多い。

"What is NOT a requirement to apply for this job?"
(この求人に必要でない条件は何か?)

"A college degree is prefered."と
なっていれば、「学位」は必要条件ではない。

2つのタイプの条件を整理すれば
正解を選ぶことができます。

質問③:「応募者すべき行動は何か?」
回答③:「会社のサイトに行く」


3つめの質問はだいたい「じゃ、どうすればいいのか?

「履歴書をEメールにを添付する」
「履歴書を郵送で送付する」
「会社のサイトに行って応募フォームをゲットする」
「担当者の○○さんに連絡する」

・・・などがよくある回答です。

「直接会社に行く」は、見たことがありません。

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

特急:「空港アナウンス」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!


これらのネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

===============================================

Part 4 「空港アナウンス」

申し訳ありませんが、ご搭乗予定のフライトが遅れます。

遅れる理由は、悪天候です。
乗客のみなさまにご迷惑をおかけすることをお詫びします。

おわびにレストランで使えるクーポンを差し上げます。
タダで食べられるようにするから、勘弁してね!

クーポン券については、
航空会社スタッフにおたずねください。


===============================================

★解説★

「空港アナウンス」は、
よく出題される定番ストーリー。

TOEICの世界では、悲しいできごとは発生しない。

「飛行機の遅延」はあっても、
「ハイジャック」
「飛行機の墜落」
「麻薬の持ち込み」などは登場しない。

質問①:「飛行機はなぜ遅れましたか?」
回答①:「天候不良のため」
"What is the reason for the flight delay?"
"Inclement weather"


「飛行機が遅れる理由」は
「天候不良」か「機械的不具合」のどちらかなので、
どっちなのかを聞き取りましょう。

質問②:「乗客に何が配布されるか?」
回答②:「無料食事券」
"What is expected to given to the passengers?"
"Coupon (Vouchers) for a free meal"


飛行機が遅れると、航空会社は気前よく
食事の無料クーポン券を配って、乗客をなだめようとする。

質問③:「乗客は何をするように言われていますか」
回答③:「スタッフに話しかける」
"What are the passengers asked to do?"
"Talk to service representatives"


※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

特急:「セキュリティカード」

★新連載! 「TOEICストーリー特急」★
今人気の「TOEIC特急シリーズ」の最新作!

  story.jpg

TOEICテスト Part 3, 4, 7は、情報量が多く
「え?これってどういう話なの?」
を理解するのに、時間がかかりませんか?

この「ストーリー特急」は
「TOEICによく出る話」を大特集!


これらのネタを頭に入れておけば、
「ストーリーが見えてくる」!

=======================================
Part 4: 「セキュリティカード」

セキュリティ強化のため、社員にID磁気カードを発行します。
来月から、このカードでピピッとやらないと
オフィスに入れませんよ~

つきましては、
今週水曜日に、カードに必要な顔写真を取りますよ。

もしカードを忘れた人は、仮カードを渡すから警備室に来てね。
カードをなくしたら再発行料金とりますからね。


=======================================

★解説★

セキュリティの話は、TOEICではよく出る。
社員カードを磁気カードにして、
それをもっていない人は出入りできないようになる、
という話です。

設問①:カード発行には何が必要か?
回答①:写真撮影が必要


カード作成には、顔写真の撮影が必要です。
それを何曜日に撮影するか、が質問されたりします。

設問②:何が変わるか?
回答②:カードがないとオフィスに入れなくなる


カードは「社員証」兼「マグネットキー」になります。
これがないとオフィスに入れないのです。

忘れた場合は、警備室から借りることに
なっているようです。

設問③:カードをなくしたらどうなる?
回答③:再発行料が必要


カードをなくすと、再発行の手数料がかかります。
これは、自己負担になってます。
会社負担だと、平気でなくす人がでるから?

※この記事が面白いと思われた方は、クリックお願いします。

プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 申込済

カテゴリ
検索フォーム