Tommy本Preview

届きました、「Tommy本」!

赤い表紙が、情熱的でいいですね。
「オレについてこい!」って感じの
「Tommy節」がいきなり全開です。

写真のとおり、
模試が1セットあり、分冊になっています。
私は「解説本が分冊」より
「問題用紙が分冊」の方が
使い勝手がよくて好きなので気に入っています。

Tommy.jpg

付属するのは
オーディオCDではなく、CD-ROM。
「超リアル模試」と同じですね。

つまり、CDプレーヤーでは再生できません。
ということは、この教材を
クラスレッスンで使う場合は、
MP3データをオーディオCDに焼き直さないと
いけないっていう点は注意点かも。

これはネガティブな意味ではありません。
私は、容量の小さいオーディオCDは
データ配布方法として、ベストではないと
思っています。

模試3回分だと、CD3枚組になりますから
かさばるし、CD制作、添付コストが
まちがいなく書籍代に反映するはずです。

日本の出版社も、
韓国みたいに「ダウンロード形式」
になるといいのですが。

本の内容については
これから実際に
「3週間プログラム」を体験してみてから、
レビュー記事を書いてみたいと思います。

とりあえず、この本の
227ページ「変態vs多解き」というコラムには
ぶっ飛びました。

「公式問題集500周」って・・・

せいぜい10周しかしていない私は、
もう・・・声が出ないですね。

▼「おお、Tommy本!」と思われた方、ポチッとお願いします!


スポンサーサイト

復習ブーム

Tommyさんのせいで・・・いやおかげで

TOEIC界に「復習ブーム」が到来!

あの前田先生とHUMMERさんが驚愕されたという
伝説の「Tommy本」、ついに店頭に並びました!

Tommy本

この本で、Tommyさんが提案しているのは

「徹底的な復習」です。

「復習」といえば「1回ぐらい見直す」という
イメージがありますが、Tommyさんのはレベルが違います。

TOEICは「設問に対して選択肢を選ぶ」という
形式になっています。つまり

「正解を選ぶ」

ことがその具体的な作業になります。
これは、ややもすると、こういう発想になります。

「正解さえ選べれば、題材は理解できなくていいんだ」

これはつまり、

「リスニング:なるべく聞かずに解く」
「リーディング:なるべく読まずに解く」


「省エネ解答法」というか、
「効率的にサッサと解きましょう!」という発想に
なっていきます。

これに対抗するアンチテーゼが
「題材をすべて理解する」というアプローチ。

問題演習のあと、徹底的に復習する。
設問・解答に関係ない部分まですべて理解する。
となると同じ問題集を何周もすることに
意味が出てきます。

「題材をすべて理解する。だから正解が選べる」

という「急がば回れ」の発想ですね。

童話の「ウサギとカメ」みたいで面白い。
最後に勝ったのはどっちでしたか?みたいな。

さすがはTommyさん。本が楽しみ。

▼Tommy本に興味のある方、ポチッとお願いします!

ブログランキング

う、うそだろ・・・

「TOEICブログランキング」で、2位達成!

やばい!あの「花田先生」や「Morite2(森田鉄也)先生」を
抜いちゃいました・・・おそれおおいこって。

ranking_20130126061456.png

みなさんのクリックのおかげです!
本当に、ありがとうございます!

さて、TOEICブロガーのみなさんは
ブログランキングを設定されていることが多いようです。

でも、なかなかランキングが伸びない
やっぱり・・・つまらないですよね。

そこで、何かのご参考になればと思いまして
私が思いついた点を書いてみます。

名付けて
「ランキング攻略の5ヶ条」
です。(調子乗りすぎです)

★その1:ブログ名をシンプルに!

「ブログ名はシンプルな方がいい」と思います。
やっぱり短い方が覚えやすいのではないでしょうか?
最近は「思いっきりベタなブログ名」にしています。
ついでに「ブログ専用ロゴ」も設定しました。

★その2:登録ランキングを絞れ!

ブログランキングはけっこう種類があります。
投票する立場からすると、数が少ない方が
クリックしやすいのでは、と思い、
現在は、「人気ブログランキング」に絞りました。

しかし、調子がいいので
「ブログ村」もまたやりたいな~
いう色気も出てきている、今日この頃です。

★その3:エントリーの少ないジャンルに登録!

「英語」などの大きなジャンルはエントリーが
多いので、上位に食い込むのはやっぱり難しい。
そこで「エントリーの少ないジャンル」に登録する。
「競争が少ない」環境になりますから上位にランクインできます。
オススメはズバリ「TOEICブログ」というジャンルですね。
ご登録のジャンルを見直してみてください。

★その4:ボタンは記事内に設置!

ランキングボタンを、プロフィールと
同じコラムに設定している方もいらっしゃいますが、
記事の最後にある方が、押しやすいように思います。
(たぶん)

★その5:おねがいコメントに変化を!

「励みになりますのでクリックお願いします」
という「おねがいコメント」はよく見かけますね。

この「励みになります」コメントを
いつも同じじゃなくて、
状況に合わせていろいろと変化させると
おもしろいのでは、と思います。

▼「ここまで来たらTEPPENを目指せ!」と思われた方、
ポチッとクリック、ぜひお願いします!


ツイッター始動

ツイッター、始めました。

twitter.jpg

よろしくお願いします。

▼うわー、3位にランクイン!


(ありがとうございます!)

ロゴ合わせ

TOEICトリビアクイズです。

「TOEICとTOEIC SW、テーマカラーは何?」

答えはTOEICのサイトにありますね。

toeic banner

これを見ると、一目瞭然。

TOEICテスト      = ダークブルー
TOEIC SW テスト  = ワインレッド


「それじゃあ・・・」ってことで、
この「テーマカラー」に合わせて
ジャーン!「ブログのロゴ」を作成してみました。

パワーポイントで作成、
JPEG形式で保存で簡単にできました。

TE2.jpg SW_20130124235056.jpg

わりと気に入っているんですが、どうでしょう?

そういえば・・・

昨日の記事は、「ゴロ合わせ」でしたが
今日の記事は、「ロゴ合わせ」ですね。

▼「うまい!」と思われた方は、プチッとお願いします。



今度は、花田先生を抜いちゃいました!
ヤ・・・ヤバイよ~

ゴロ合わせ

本日のTOEIC川柳・・・じゃなくて
「語呂合わせ」です。

スライド9

★作品解説★

「兄さん さっさと 死に来い」とは
これは、相手の男性に対する「脅迫」です。
「脅迫」は犯罪ですから、逮捕される(御用になる)

・・・というストーリーです。

実は、このゴロ合わせは
以下の数字を意味しています。

兄さん 2-3
さっさと 3-3
死に 4-2
来い 5-1
御用 5-4


この数字を見て、ピンときたあなたは
かなりの「TOEIC通」だと断言します。

この「語呂合わせ」を覚えると、
「Part 7 のパッセージ構造」を
すぐに思い出すことができます。

2-3 → 2問付きパッセージは、3題
3-3 → 3問付きパッセージは、3題
4-2 → 4問付きパッセージは、2題
5-1 → 5問付きパッセージは、1題
5-4 → 5問付きパッセージは、4題(DP)


Part 7 は合計で13セットのパッセージがある。
(DPについては2つで1セットとカウントしてます)
どのフォームでも統一されているようです。

前半の6題(兄さん さっさと)は、比較的簡単。
詳細情報を読み取るだけで正解できます。
(拾い読みでもいけちゃう部分)

後半の7題(死にこい 御用)は、難問。
だいたい、ここでミスしちゃんですよね・・・

と、ここまで書いていて、思い出しました。

「最後のTBR(TOEIC Blitz Radio)」で
「プロ前田」のHMで書き込みしたのは、私です。
(公開テスト=SP=「Secure Program」の略)
ギャグが受けたので、ガッツポーズしました(笑)

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。

秘技「一度読み」

"You Only Live Once."
(人生は一度きり)をもじって、
「Part 7攻略コピー」を作ってみました!

once r

You Only Read Onceとは「一度読み」
つまり、「一期一会リーディング」のことです。

「本文を1回通読し、本文に戻らず設問を解く」

前田先生に指摘されてから
私は、パッセージは「すべて通読する」ことを心がけています。

しかしながら、
「あとで確認すればいい」という意識があるため
テキトーに読んでしまう傾向が、あるのです。

目は、文字を追っています。
しかし、情報は、頭に入って来ない。

いわゆる「脳滑り現象」です。

だから、設問に答えるとき、また本文に戻ります。

そこで「1回しか読まない!」という
自己ルール(高地トレーニング)を設定するわけです。

この「秘技・一度読み」をマスターすれば
以下のメリットが、あるはずです。

(1)時間が短縮される

リーディングで時間がかかるのは
「本文を何度も読み返す」ことが原因になっている。
そこで、「一度しか読まない」ことにより
問題を速くこなせるはずです。

(2)正解率が上がる

一発で内容をイメージ化できれば、
それは「理解度が高まる」ことを意味します。
結果的に、正解率も上がるはずです。
特に「文脈問題」に強くなるはず。

というわけで、シンドイですが、
毎日トレーニングを続けてみます。

▼「私もやってみようか?」と思われたら、プチッとお願いします。

お知らせ

こんにちは。

ご訪問いただき、本当にありがとうざいます。
当ブログに関して、お知らせがございます。

(1)ハンドルネーム変更

突然ですが・・・
本日より、管理人ハンドルネームを「VOZE」
改名いたします。どうかよろしくお願いします。

★読み方★

「ボウズ」と発音してください。
あ、でも「V」の部分は下クチビルを噛んで
「ヴォウズ」と発音してくださいね!

★表記★
「VOZE」(大文字)となります。
「Voze」ではありませんので、よろしくお願いします。
※「HUMMERさん」が「Hummerさん」じゃないのと同じです。

★ハンドルネームの意味★

そのうち「管理人プロフィール」にて、
説明させていただきます。

★おことわり★

管理人は、「女性」ではございません
「女性のふりをしていた」わけではなく、
「おねえ」でもございません。

「ブログ開設時に思いついたハンドルネームが女性名だった」
という「たまたまの」事情でございました。

読者のみなさんの多くがお気づきに
なられていたように思いますが、
中には、女性だと思われている方もいらっしゃったようです。
たいへん失礼しました。ごめんなさい。

(2)ブログが2つになりました。

私のポリシーは、「TOEIC二刀流」です。

TOEIC(990点)TOEIC SW(200点+200点)
両方にチャレンジし、「百獣の王」を、じゃなかった
「TOEIC総合制覇・1390点」達成を目指すこと、
また、この目標にチャレンジする方をお手伝いすることを
ミッションにしております。

その目的のため、このたび
ブログを2つに分離しました。

このブログは、いずれ
「TOEIC満点ブログ」という名称にする予定です。
(できなかったりして)

もう1つのブログは、
「TOEIC SW 満点ブログ」に独立しました。

こちらのブログでは・・・

・TOEIC SWテストの対策学習記録
・TOEIC SWテストの受験レポート
・TOEIC SWテスト対策「韓流本」の研究
(韓流SW本データベースの構築)


・・・などの記事を掲載します。

現在人気が低迷(受験者が少ない)している
「TOEIC SWテストの普及」を推進します。

勝手ではございますが、
今後とも、ご愛顧よろしくお願い申し上げます。

▼「少しビックリした」方は、プチッとお願いします。


おかげさまで、ランキングベスト10入りです。
な、なんと森鉄先生を抜いちゃいました!
最初22位だったのに、もう8位とかです。
ありがとうございます!ここで一句。

「急上昇 スコアもこうだと いいのにな」

ブログ中毒

本日のTOEIC川柳

スライド10

★作品解説★

TOEICの学習をしている時間より
ブログを更新している時間の方が、
圧倒的に長い!!!(苦笑)

Tommyさんもおっしゃっていましたが、
これでは「本末転倒」ですね・・・
以後、気をつけます。

・・・と書いているオマエは・・

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。
(おかげさまで、ランキングベスト10入り!)

まずは精読

本日のTOEIC川柳

TOEIC川柳


★作品解説★

これは、自分自身への戒めでもあります。

Part 7といえば、テスト後に
「あー、また時間が足りんかった!もっと速読しないと!」
と言う人はいます。ところが、

「あー、また理解が足らない。もっと精読しないと!」
・・・と言う人は、あまりいませんね。

このように「速読」という表現を使うとき、
「解答に必要な箇所だけを、手っ取り早く拾う」
というニュアンスで使っていることが多いようです。

実は、私自身もそうでした。

・設問を先読みして、必要な情報だけを読み取る。
・解答さえ選べたら、それでよし。
・設問に関係ない部分を読むのは、時間のムダ。
・全体のメッセージなんか、どうでもいい。


要するに
「なるべく読まないで解答しよう」という意識がありました。
いわゆる「拾い読み」(前田先生の表現だと「虫食い」)ですね。

でも・・・これだと、スコアが頭打ちになります。
また、時間もかかります。
なぜなら、内容がよくわかっていないので、
結果的に「何度も読み返す」ことになるからです。

いろいろな方が指摘されていますが、最近のPart 7は、

「文脈重視型問題」
「クロスレファランス型問題」


が増えています。

クロスレファランスとは
2カ所以上に散らばった情報を結びつけて理解すること。
「2文書参照型」とも言われますが、
「1文書」の中で複数箇所を見ないといけないケースも多い。

たとえば・・・商品の注文書が題材。

セールの広告文に

"This week only, our store members are entitled
to a 20% discount on any items in the store." 


という説明がある。そして、請求書の金額表記に

Price: $200
Discount: $40
Shipment: $12
Total: $172


・・・という表記がある。

Q: What can be inferred about this customer?
(この文書からわかることは?)
A: She holds a store membership.
(この客は、この店の会員である)

つまり、2つの情報を統合しないと、正解にたどり着かない。
こういうのに強くなるには?
そう「精読」、つまり一語一句を理解し、
文章全体の文脈も把握する必要があります。

そもそも、
「文書をすべて理解したから、何を聞かれても答えられる」
・・・というのが、本来あるべき姿勢なのです。

だからまず「精読」。「精読」をレベルアップすると「速読」。
「精読」をしない「速読」、それは「速読」ではなく、
「拾い読み」に過ぎません。

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。

最強模試・日本代表

「韓流模試」に対抗して
国内本(日本国内で出版されている模試本)で、
最も難易度の高い本をリストアップしました。

名付けて「最強の国内模試」です!
では、日本代表チーム「メンバー発表」です!

★先鋒★
「新TOIECテストスーパー模試」(アルク)
(3セット:600問)

1回目はiPad版でやりましたが「ムズイ!」と
思いました。15問以上は間違えたはず。
なぜか「東大生協書店で1位!」とかいう本です。

スーパー模試

★次鋒★
「新TOIECテストトリプル模試①」(The Japan Times)
(3セット:600問)

このシリーズは、レイアウトが好きですね。
どの本も「公開テストで出た難しい問題」
を集めてある感じがします。

Triple 1

★中堅★
「新TOEIC TEST スピードマスター」(Jリサーチ)
(3セット:600問)

めずらしいA4サイズの本。これも難易度高い。
リスニングの内容が複雑でわかりにくい。
高地トレーニング本でしょう。

スピード

★副将★
「新TOEICテスト完全攻略模試」(語研)
(3セット:600問)

語彙に関しては「難しすぎて意味がない」という声も
ありますが、歯ごたえは十分です。
ただし、レイアウトが古い(工夫がない)ことと
イギリス英語が多すぎるので、あまり好きではありません。

完全攻略

★大将★
「全問正解するTOEIC Test 990点対策」(語研)
(1セット:200問)

最後に登場する「大将」は、やっぱり「全問正解」でしょう。
エッセンス主任講師、加藤優先生の力作。
あのHUMMERさんが絶賛するクオリティ。
ただ、残念なのは模試が1セットしか収録されていないこと。
3セットぐらい、ほしかったです。

全問正解

★番外編「ビヨンド」★
「新TOEICテストBEYOND 990」(アルク)

これも上級者向け本ですが、
残念!「模試」が収録されていない!
この本の第2弾として
「BEYOND990 模試」を出してほしい。
表紙は黒でお願いします。

Beyond.jpg

こうして見ると、
全体的に、「日本代表」は
「フィジカルのハンディ」が否めません。
模試が3セットしかないし、サイズ(A5)も小さい。

現時点では、団体戦は「韓国代表」の圧勝でしょう。

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。
(おかげさまで、ランキングベスト10入り!)

最強模試・韓国代表

数多い「韓流模試」の中でも、
最も難易度の高い本をリストアップしました。

名付けて「最強の模試・韓国代表」です!

では、メンバーを見てみましょう。

★先鋒★
「イイクフン TOEICの実戦1200第」
(6セット:1,200問)

通称「イイクフン黄金本」。あのAndyさんがイチ押しの一品!

golden.png
Andyさんのレビュー

★次鋒★
「イイクフン TOEICの実戦1200第2」
(6セット:1,200問)

「イイクフン黄金本」の続編。「イイクフン銀本」ですね。

黄金本2
(Andyさんのレビューは、ありません)

★中堅★
「トマト TOEIC FINISH Actual Test」
(5セット:1,000問)

「トマト黒本」と呼ぶことにしました。
他のトマト本に比べて表紙が地味(暗色系)なのは
この本が「黒本」(高難易度)を意識しているからだと思います。

tomato 1000
Andyさんのレビュー

★副将★
「ネクサス HOW TO TOEIC既出模擬1200第問題集」
(6セット:1,200問)

「HOW TO 黒本」と命名します。(HOW TOシリーズの黒本)
しばらく「在庫切れ」で注文できなかったのですが
最近、購入が可能になりました。
難問にチャレンジしてみたい方は、ぜひどうぞ!

HOWTO1200.jpg
Andyさんのレビュー

★大将★
「モジルゲ 根気強く最上位の1000第」
(5セット:1,000問)

最後に登場する「大将」は、やっぱり「モルジゲ最上位」でしょう。
これより難しい模試本は、他にないと思います。

11754235.jpg
Andyさんのレビュー

この5冊あわせると模試28セット・5,600問
になります。これが全問正解できれば
公開テスト満点は確実でしょう!

「ムズイ韓流本」は他にもあるのですが
「通勤電車の中で模試トレーニングをする」
という個人的な特殊事情から
今回の特集では「総合模試本」のみを選んでいます。
(すみません、2冊持ち歩くのはシンドイので・・・)

ちなみに、200問セットになっている「総合模試」は、
韓流では「Actual Test」と呼ぶみたいです。

今度は、この「韓流チーム」に対抗する
「最強:日本代表(模試本)」を選考してみます・・・

▼この記事が面白いと思われた方、ポチッとお願いします。

次の本

本日の「TOEIC川柳」です。

スライド12

★作品解説★

これ、Tommyさんや前田先生も指摘されていますね。

次から次へと新しいTOEIC本を買うのはいいけれど、
1つ1つをしっかりやりこまないと、効果がない。

あのTommyさんは、なんと!
「文法特急」を500周
グルグルされたそうです。


★花田先生の「文法特急」★

文法特急①

それくらいやらないのその本のエッセンスは
習得できないですよね。

やりこんでいないのに次の本を買っても、
確かにコレクションは増えるけど、
実力はつかないわけです。

私も、反省したい点です。

▼この記事が面白いと思われた方、ポチッとお願いします。


※おかげさまで
「TOEICブログランキング」
ベスト10入りを達成しました。

時間がない

本日の「TOEIC川柳」です。

スライド5

★作品解説★

リーディングセクションが
75分では、解き終わらない!

「問題が多すぎるんじゃない?」
「75分じゃ、足らないよ!」


私も・・・かつてそう感じました。

ヒロ前田先生は、
こう問いかけていらっしゃいます。

あなたは、このくらいの量の英文を、前回いつ読みましたか?
それが、「前回のTOEIC受験の時」というなら
時間が足らなくなるのは、当たり前です。


つまり「ふだんから読む練習をしなさい」ってことですね。
人間は「ふだんやっていることしかできない」のです。

でも、逆に

「ふだんやっていることなら、できる」

とも言えます。

私も「1日1セット」(最近ペースダウンですが)
やるようになってから
本番で時間が足らなくなったり、
疲れることがなくなりました。

きっと、体が慣れたんでしょうね。

英文を読む練習を「毎日やる」
単純ですが、これが攻略の基本だと思います。

▼この記事が面白いと思われた方、ポチッとお願いします。


※おかげさまで
「TOEICブログランキング」
ベスト10入りを達成しました。

NOT問題

本日の「TOEIC川柳」です。

スライド13


★作品解説★

Part 7で「オッ、答えみっけ!今日は調子いいなあ」
マークをグリグリしてから、ふと気がつく。

「しまった!NOTがあった!」

こういうことって、よくありませんか?
正直、私にはよくあるんですね。

「NOT問題」の「NOT」を見落とすと、
答えがすぐに見つかります!

そりゃそうだ。
4つの選択肢のうち3つは本文と合致しているのだから
すぐに見つかるのは、当たり前です。

ただし!残念ながら・・・
それは「正解」では、ありません!

「NOTを見落とす」こんな初歩的なケアレスミスで、
スコアを落とさないようにしましょう!
・・・という戒めの川柳でございました。

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。
(おかげさまで、ランキングベスト10入り!)

質問返し

本日のTOEIC川柳

質問に 質問返し それもあり

★解説★

Part 2 「応答問題」で「質問にまともに答えない」パターン、
いわゆる「変化球」パターン。
今回は、「質問に質問で返してしまう」という
「秘技・質問返し」を特集しました。
(Special Thanks to Tommy-san!)

具体的には、こんな応答パターンになります。
ぜひ、感覚をつかんでください。

A: Who's the new supervisor?
B: Have they hired someone?
「新しい監督者はだれなの?」
「誰か雇われたの?」

A: What are we ordering for lunch?
B: How about Italian food?

「お昼、何を注文しようか?」
「イタリアンはどう?」

A: Why doesn't the bus ever arrive on time?
B: It's frustrating, isn't it?

「どうしてバスは時間通りこないの?」
「本当にむかつくわよね?」

A: Would you mind updating the meeting notes?
B: How soon do you need them?

「議事録を更新してもらえますか?」
「いつまでに必要ですか?」

A: Isn't this the key to the storage room?
B: Where did you get it?

「これは、倉庫の鍵なの?」
「それ、どこでもらったの?」

A: What kind of salad would you like?
B: May I look at the menu?

「どんなサラダがお好きですか?」
「メニューを見せてもらえますか?」

この「秘技・質問返し」、
公開テストでも毎回3問以上
登場していると思いますがどうでしょう?

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。

人物写真

本日のTOEIC川柳

人がいる 周囲の説明 答えかも

★解説★

Part 1 「写真描写問題」は
「人物写真」(人が写っている写真)が
半分ぐらいしめる。

「人物の動作」(現在進行形)
「人物の服装」(メガネ、腕時計、半袖シャツ)

通常はこのどちらかが正解になることが多い。

しかし、No. 6, 7, 8 あたりだと

「周辺の描写」

が正解になる問題が、1問出る。
(出ないこともある)

パッと思いつくだけでも、こんな表現。
人物の足下、横、背景などの描写ですね。

The carpet is patterned.
The stairs have been carpeted.
There are some mountains in the distance.
Some weeds are growing near the wall.
Railings are along the curb.


これって、「初心者」を困らせるために
作成されているような気が、しないでもない。

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。
(おかげさまで、ランキングベスト10入り!)

Superb Elite A05

Superb Elite A TOEIC LC 1000 Test 5
Superb Elite A TOEIC RC 1000 Test 5


Superb A Elite A RC

Part 1: 10/10 (全問正解)
Part 2: 30/30 (全問正解)
Part 3: 29/30 (070)
Part 4: 28/30 (087, 098)
Part 5: 40/40 (全問正解)
Part 6: 12/12 (全問正解)
Part 7: 42/48 (161, 166, 177, 181, 183, 198)

LC:97/100(3問ミス)
RC :94/100(6問ミス)
合計:191/200(9問ミス)
正解率:95.5%


Andyさんの評価の正しさが証明されてます。
これほど「テスト間の難易度差が大きい本」
は他にないかもしれない。

161
"Let us explain bias welting, kiln dried wood,
and doweled frames."
= The company assume that many of their customers
are not familiar with furniture construction."

これは高度なリフレーズだと思う。難問。

166
"It is open to children in first through seventh grades."
= Children in grades 1-7 are eligible to participate in the contest.

リフレーズ。選択肢を読み間違えた。

177
"A prohibition against using computer systems to send, receive
or store information that increases the risk of computer virus dissemination."
= It prohibits employees from sending computer viruses.

うーん、微妙に内容が違うように思えるが。
でも、他の選択肢は間違いだからこれしかないか。

198
Q: What should someone with a faulty battery do?

これ・・・正解を見ても納得がいかない。

★この本は、確かにPart 7のパッセージが短いが、
だからといって簡単というわけでもない。

(年間通算:011/400セット)

★この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。

TOEIC ブログランキングへ

シール開封

本日の「TOEIC川柳」

さあ開始 「空手チョップ」で シール切る

★解説★

公開テスト会場。いよいよ13:00になりました!
「シールを切って、問題用紙を開いて、お待ちください」
・・・とアナウンスされます。

このとき、
あなたは、爪先でシールをはがしていませんか?
私のまわりの受験者は、そうやっている人がほとんどです。
でも、このやり方は、3~4秒の時間がかかります。

私のやりかたは、こうです。

問題用紙のスキマに、手のひらをグッと突っ込む。
「空手チョップ」の要領で「エイヤアッ!」とシールを切り裂く
瞬時に開封できます。(爽快です)

次回、ぜひやってみてください。

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。
(おかげさまで、ランキングベスト10入り!)


応答問題

本日の「TOEIC川柳」

質問に 「知らない」「聞いて」も 正解だ

★解説★

Part 2 (応答問題)は
「質問」と「応答」というパターンが多いのですが、
「情報を提供しない応答」が必ず出題されます。
要するに、応答者が「その情報をもっていない」と答えるパターンです。

"When is the next conference call scheduled?"
(次の電話会議はいつ?)

に対して、こんな「変化球」が正解として登場します。

「知らない」と答えるパターン
"I have no idea." (知りません)

「調べてみます」と答えるパターン
"Let me check my schedule." (予定表を見てみます)

「だれかに聞いて」と答えるパターン
"Please ask the manager." (部長に聞いて)

「自分で調べなさいよ」と答えるパターン
"You can check the bulletin." (掲示を見たら?)

これらの「変化球」は、打ちたいですね。

▼この記事がおもしろかった方は、プチッとお願いします。
(おかげさまで、ランキングベスト10入り!)


プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 申込済
17/09 申込済

カテゴリ
検索フォーム