FC2ブログ

英語スピーキング

「英語スピーキング」という本が出版された。

「英検1級二次試験の対策として効果的か」
という観点からレビューしてみたい。

「英語スピーキング」
(森 秀夫 DHC)定価:2,300円(税抜)

英語スピーキング

この本には30個のトピックに対して賛否両論
合計60個のスピーチが掲載(音声あり)されている。

【プラス評価】

①分量が適切
英検1級二次試験のスピーチは2分。
掲載スピーチはちょうど2分以内に終わる分量である。
「本番にそのまま使える長さ」というのはありがたい。

②テンプレートがある
英検1級二次試験のモデルスピーチを読み
「こんなふうに話せるわけない」と「ため息をつく人」
が多いと思う。(私もその一人である)

その理由は
スピーチに「テンプレートがない」
ことだと思う。

比較的時間の余裕があるエッセイには
英検協会公認のテンプレートがあるのに、
なぜか、スピーチにはそれがない。

「とにかく自由に話せ」は
英語スピーチ熟練者にはいいかもしれないが
日本人英語学習者の大多数は
英語でのスピーチ経験が少ない。
「テンプレート」(型)があるほうがスピーチしやすいのは
間違いない所だろう。

この本のモデルスピーチは賛否両論とも
1つのテンプレートで作られている。
聞いている方もわかりやすい。

【マイナス評価】

①語彙表現レベルが物足らない
「英検1級向け」という観点するからすると
使われている語彙、表現、構文がやさしすぎる。
「準1級」か「2級」レベルの語彙である。
これでも「合格」」はすると思うが「満点」は厳しいかもしれない。

①トピックが物足らない
「英検1級二次試験」ではトピックは5つの
中から1つを選ぶ。トピックには個人的なものと、社会的なものがある。

個人的なトピックは、
おそらく高校生や中学生の受験者向けであろう。
彼らに社会的なトピックで話せというは無理がある。

社会的なトピックは、社会人向けだろう。
たとえば「自由貿易」「国際紛争」「民主主義」「南北問題」
などのように「社会全体」あるいは「国際関係」
さらには「人類全体」にとっての課題を論じるという
ように「社会的な視野」のトピックの方が多い。

となると、
この本のトピックはちょっと物足らない。
30個のトピックのほとんどが個人的な話題である。
「英検2級」「準1級」のレベルとしては問題ないが、
「英検1級」のトピックとしては正直物足らない。

③「ディスカッション編」は不要
この本は前半が「スピーチ編」で、
後半が「ディスカッション編」という構成になっている。

しかしながら「英検1級二次試験」では
複数発言者による「ディスカッション」は
実施されないため「ディスカッション編」は不要。
「スピーチ編」プラス「質疑応答編」があればベストだと思う。

【総合評価】

この本のスタイルは非常にわかりやすく、
スピーチの分量も適切なので、
あとはこのスタイルで「英検1級」にターゲットを
絞ったバージョンが出ればよいと思う。

結論としては
英検1級二次試験で
「合格」レベルを狙い
2分間以内にスピーチをまとめて話したい人には
効果的な教材になると思う。
ただし「満点」を狙うには物足らない。

スポンサーサイト



一次試験の復習

英検一次試験のスクリプトが公開された。

R,Lどちらも3ミスずつしてしまい悔しいので
間違えたところを振り返ってみる。

(3) Despite the ( ) efforts of every player, the team lost the champion ship.
1 vicarious 2 palliative 3 legible 4 vailant
正解:4 vailant


◆敗因:なぜか1をvibrant(活気ある)と勘違いしてしまった。
ただ、valiant effortsとはいうが、vibrant effortsとは言わないようだ。
どっちにしても10回以上学んでいるはずのvaliantが
しっかり身についていなかったということが敗因。
「でた単」を使うことが多いが、なるべく用法で覚えるようにしたい。

(39) What can be said about the British portrayal of the Mau Mau uprising?
正解:3 It discounted the effectiveness of the both the organization
and the strategy that lay behind the Mau Mau attacks.

該当する箇所は、本文第3段落目。
「英国当局はマウマウ族を不合理な本能に突き動かされた種族的カルト集団と描いていた」と
「英国の人種差別的な発想から、マウマウ族の野蛮ではあるが効果的なゲリラ戦略が、
植民地支配に対して適切なアプローチであることを理解できなかった」とある。

つまり「英国はマウマウ族を過少評価していた」となり、
その言いかえが4を選んでしまったが
「人種差別主義的な態度」をもっていたのはキクユー族ではない。
つまり「4」は、巧妙に作られたヒッカケ選択肢。まんまとハマる。

◆敗因:第3段落の読みが甘い、ということなのだが。
それまでの文脈では「マウマウ族」がプラス評価だった。
その流れが続くだろうという「思い込み」が敗因といえる。
教訓として「英検ではどんでん返しがある!」
ことを肝に銘じたい。
さらに言えば、discountにunderestimate, misjudgeという意味があることを知らなかった。
The authorities discounted the repercussions of the protest movement.
などのように使えるわけね。

(41) What does the author suggest about the legacy of the Mau Mau?

正解:2 Since the uprising was no longer putting pressure on the goverment when colonial rule ended, the role it played in decolonization may be overstated 

「マウマウ族の逸話について何を示唆しているか?」該当する箇所は第7段落。最初は「マウマウ族は植民地からの解放に貢献したと主張する人たちもいる」で始まるが、そのあとYetという逆接の接続詞により反論がスタート。「しかしマウマウ族はケニア独立までには完ぺきに敗北していた」とある。
さらに続く最終段落では「独立を担ったキクユー族の穏健派は、マウマウ族に批判的だった」とある。
つまり「マウマウ族は独立に対してはそれほど大きな役割を果たさなかった」というマイナス評価になる。

◆敗因:そこまでの段落ではマウマウ族が「英国の支配と戦う存在」としてプラス評価だった。
ついその流れに引きずられてしまい「プラス評価、転じてマイナス評価」とくる
「どんでん返し」に対応できず、
安易に、マウマウ族をプラス評価する「1」を選んでしまった。
教訓として「英検ではどんでん返しがある!」
ことを肝に銘じたい。

No. 18 What is one thing that can happen to the brain during space travel?
正解:1 Conflicting information confuses it. (=the brain)

本文で"the brain receiving highly inconsistent information"
そして"microgravity causes a constant sensation of falling
but the visual input that the brain receives does not match this information."とある。
つまり「対立した情報が入ってくるので脳が混乱する」が正解。

◆敗因:ナレーションは「落下の感覚がなくなる」とは言っておらず
むしろ「落下の感覚が常にある」と言っているのでまったく反対の内容。
にもかかわらず「1」を選んでしまった理由は
「sensation of falling(落下の感覚)だけに反応する人をひっかけよう」という
問題作成者の「ヒッカケ選択肢」にまんまとハマってしまったから。

No. 23  You have been a copy writer for two years. What should you do next?
正解:2 Meet with your new creative director

ナレーションで "All Grand Motors team members with four-plus years will
continue with Grand Motors. Everyone else will move to the Millennium CC account."
(4年以上の担当者はそのままGrand Motors担当。
それ以外のスタッフはMillennium CC 担当になる)から、
これを聞いている人は新しい担当になる、と理解する。
すると「1」は消去しないといけない。
まとめると"who will work with Millennium CC should stay here to meet with your new creative director."が
ゴールにつながるキラーパスとなっている。

◆敗因:"All Grand Motors team members with four-plus years
will continue with Grand Motors. Everyone else will move to the Millennium CC account."
の流れについていけず、この人が「新しい担当になる」ことが理解できず。
「情報を組み合わせて推測する結論」に強くなる必要がある。

No. 25 You want to limit your investment to a maximum of $200,000. What should you do to try for the best returns?
正解:4 Invest in a mutual fund


◆敗因:キラーパスは"A better idea would be to look at a mutual fund.
They typically offer solid returns,
but for the ones we recommend you'll need a minimum of $100,000 to start."なのだが
うーむ、ここにbutが入れてきた問題作成者のテクに完敗。
butとあるのに、10万ドルなので20万ドル以下という条件にはあっている。
つまり「プラス情報」but「プラス情報」というイヤラシイトリック。
「こういう技もあるのか」と学ばせてもらった。

次はやられねえぞ。

自己採点

【1級】

リーディング: 38/41(3ミス)
◆語彙:24/25 (3) valiant (勇敢な(が選べず2回目の満点を逃す!
◆長文:14/16 (空所6/6、内容8/10)
※前回は31/41だったので持ち直す。語彙で1問落としたのが痛い。
予想得点:750

リスニング::24/27(3ミス)
◆Part 1: 10/10
◆Part 2: 9/10
◆Part 3: 3/5
◆Part 4: 2/2
※前回は22/27だったので2点アップ。
予想得点:740

RL合計でCSE1490ぐらいか。
となるとWはCSE800点越えないといけないから
前回と同じ満点とらないと2300に行かないな。

【準1級】

リーディング: 38/41(3ミス)
◆語彙:24/25 (22) come into (遺産を引き継ぐ)は知らなかった!
◆長文:14/16 (空所6/6、内容8/10)
※前回と同じ。1級よりやさしいはずなのに正解率が同じ、
ということは準1級の方が出来が悪かったということか。
予想得点:676

リスニング::26/29(3ミス)
◆Part 1: 12/12
◆Part 2: 11/12
◆Part 3: 3/5
※前回と同じ。予想得点:657
進歩なし。6ミスじゃあ「満点狙う」が笑われる。

2018年度第1回

2018年度第1回英検
5回連続の「ダブル受験」(午前準1級+午後1級)

20180603_035749900_iOS.jpg

【準1級】
語彙が意外と難しく悩んだ問題が1問。
なんとか全問正解らしい。リスニング最後の1問だけ
ぼーっとしていてヤマカンで答えた。満点は難しいかも。

【1級】

語彙問題
好調だったが(3)をミスった。
valiant(勇敢な)が正解だったがvicariousを選んでしまう。
24問正解らしい。

ライティング
語彙のあとはライティング。
なんと「東京オリンピック」が話題。
このトピックは
「英作文問題完全制覇」(The Japan Times)
「英検1級面接大特訓」(Jリサーチ出版)
どちらにも出てくるトピックなので、
練習している人には書きやすかったのではないか。

The majority of populace in Japan is currently excited
about their hosting the Tokyo Olympic Games in 2020.
I believe that hosting this event is highly beneficial to the nation,
in terms of economic growth,
infrastructure improvement, and the enhanced prestige of the nation.

  First of all, the economy of Japan will be invigorated.
As the Olympic Games are only second, in global popularity,
to World Cup Football games, thousands of spectators from all over the world
are expected to flood into Japan during the event.
This will bring an enormous amount of revenues to tourism and
other businesses, providing a tremendous economic impact
on the whole economy of the nation.

  Furthermore, the infrastructure will be renovated to welcome visitors.
The national stadium in Tokyo, for instance, is now being overhauled at the governmental
expenditures. Additional facilities will be under renovation to welcome visitors
abroad, which indeed benefits people in Japan.

  Finally, hosting a national event will reinforce the national pride of the people.
When Japan was chosen the host of the Olympic Games a few years ago,
a number of people exulted in joy to obtain a great
opportunity to showcase its unique culture abroad.

  In summary, economic impact, infrastructure,
and the enhanced prestige of the nation are the benefits ensured
by hosting this global event. Therefore, it stands to reason that hosing
the 2010 Olympic Games is beneficial to the nation of Japan.

長文問題
前回失敗した長文だが、
時間もあった(14時10分から13時15分まで65分確保)し、
内容も前回と比較すると読みやすかった。
たぶん空所(6/6) 内容(10/10)イケてると思う。

リスニング問題


Part 1
10問中6問が過去問だったので驚く。
だって、選択肢を見ただけで答えが選べてしまうもんね。
これではリスニング問題の意味がない。

Part 2
全問正解だと思う。

Part 3
集中が途切れてあいまいになる。
2問ぐらいミスっている気がする。

Part 4
ウェブデザイナーのインタビュー。
内容は難しくなかったのに
No. 26の設問を聞き漏らす。たぶん間違えている。
No. 27 は「ウェブを自社で作る会社が増えたから
ウェブデザインの仕事は減っている」
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【英検1級 戦績】
2016-2 2800
2016-3 2918
2017-1 2845
2017-2 2786
2017-3 2888
2018-1 2878
2018-2 2955
2018-3 2916

【一級さん倶楽部】
入会はこちら

【TOEIC 戦績】
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985
17/10 495 470 965
17/11 495 480 975
17/12 495 475 970
18/03 495 495 990
18/05 495 480 975
18/06 495 480 975
18/07 495 480 975
18/09 495 475 970
18/11 495 495 990
18/12 495 490 985
19/01 495 485 980
19/04 受験申込済
19/05 受験申込済

カテゴリ
検索フォーム