直前3回模試(2)

雪がちらつく中、
今日も「直前3回模試」にチャレンジ。
1回目模試でいい気になっていたら、今回はボロボロ。

直前模試

2回目模試 L92 R98 T190

It comes complete with a full year warranty.

ができなかった。"completely"を選んでしまう。

"Welcome to the grand opening of the museum."
の"grand opening"を聞き漏らし

Q: What is unusual about this museum?
A: It has been newly established.

が選べなかった。

ところで「アビメ」(Abilities Measured)
は項目別正解率を表しているが、
「スコアが同じでもアビメは異なる」ことを発見。

たとえば、162回と167回を比較すると

162回: L495/R480/T975 AM 860/95.6%
167回: L485/R490/T975 AM 876/97.3%

スコアは同じだが、アビメの合計点はだいぶ違う。
つまり、167回の方が「正解率が高い」わけだ。

TOEICマニアとしては、スコアだけでなく
アビメ(正解率))を意識していきたい。

それにしても、

「数問ミスしても満点」」なら
「満点」の意味は、いったい何なのだろう?

「全問正解」は、その価値がわかる。

なぜなら、
「全問正解した」ということは
「TOEICが測定しようとしている能力を超えた」と
いう意味があるからだ。

となると、「TOEIC制覇」は
(TEX加藤さんやキムデギュン先生のように)
「アビメ900」つまり「全問正解」を達成して
初めて有効なのではないか?という気がする。

「満点」で満足してはいけない、と思う。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495480 975
13/07 495 495990
13/09 495 495 990
13/10 495485 980
13/11 495480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985

カテゴリ
検索フォーム