動名詞は何詞?

「動名詞は名詞なのか、動詞なのか?」
一日中、これを考えていました。

そもそものきっかけは、

「公式問題集Vol. 5」(Test 2) No. 127
についての、Yamaguchiさんのコメントでした。

Vol 5

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


この問題をみたときの思考は・・・

「(B)かな?でもTOEICだとこういう時
副詞が正解のことが多いよなあ・・・」と
あまり深く考えず
(C) のrepeatedly (副詞)を選びました。

でも・・・
正解は(B) repeated(形容詞)でした。
この本の解説はこうなっています。

「空所の後に続き動名詞lifting を修飾する語を
選ぶ。形容詞の(B) repeated が適切」


としか書いてない。この説明だと
「動名詞を修飾するのは、常に形容詞」
・・・・とも読めますね。

そこで、Yamaguchiさんが
なんで、動名詞なのに形容詞で修飾されるのでしょうか?
動名詞を修飾するのは副詞だと思っているのですが・・・。


と、問題提起してくださいました。

これに対して、深く考えていない私は
「動名詞=名詞、だから形容詞で修飾する」
みたいなコメントをしたのですが、
これだと説明になっていません。

名詞を修飾するのは?形容詞!
動詞を修飾するのは?副詞!
では、動名詞を修飾するのは?・・・?


いままでは・・・
「動名詞?動詞を-ingにしたら
名詞として使える用法でしょ?」

つまり「名詞」と同じみたいに考えていたため、

Yamaguchiさんのご質問に
きちんと答えることができません。

今日、ネイティブ4人に聞いてみましたが
「正解はどれか?」は、わかっても
「なぜそうなるの?」は、うまく説明できないのです。

(1) The position requires ------ lifting of packages.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


つまり、この文の場合、
主語がthe position、動詞はrequiresですね。

そして、動詞の目的語がlifting。
目的語になれるのは名詞だけですから
(もしくは「名詞的動名詞」)
「名詞」を修飾できるのは「形容詞」
だから、repeatedとなり、正解は(B)となる、と。

次に、こんな問題を作ってみました。
「動詞的動名詞」のパターンです。

(2) With this machine, you can finish the job
without ------ lifting packages.
(A) repeat
(B) repetition
(C) repeated
(D) repeatedly


この文の場合、"without ------ lifting packages,”が
”finish the job”を修飾する「副詞句」になっている。

liftが他動詞として存在し、
その後に前置詞がなく名詞(目的語)が来ていることから

このliftingは「動名詞」(もしくは動詞的な動名詞)と言えます。
「動詞」ですから「副詞」で修飾する。正解は(D)となります。

これで同じliftingを
「名詞」扱いにしたり、「動詞」扱いにすることが
わかりました。

もう1問、考えてみます。

(3) After ---- failing to win customer support,
PIXEL program has been withdrawn from the market.
(A) repeat
(B) repetition
(C) repeated
(D) repeatedly


このfailingは、主語でも目的語でもなく
「プログラムが回収された」という動詞の
「副詞句」になっている。

つまり「動名詞」(動詞的動名詞)なので、
(C)形容詞ではなく、(D)副詞を選ぶ。

「通りすがり」さんのコメントでは
TEX加藤先生も、私と同じ思い違いをされていたとか。

動名詞の修飾語は?

さて、この記事のまとめとしては
結論的には、こうなりそうです。

動名詞には
「名詞的動名詞」と
「動詞的動名詞」の
2種類が存在する。


となると、残る問題は・・・

「名詞」(名詞的な動名詞)と
「動名詞」(動詞的な動名詞)の区別


なのですが、「名詞」(名詞的動名詞)
と断定する判断基準として、その-ingの部分が

・「主語」になっている
・「目的語」になっている
・ofに導かれる語句が続いている


などが、チェックポイントになるのでは?

公開テストでこれが出題された記憶はないのですが、
公式問題集に掲載されたということは、
今後は、この見極めが公開テストでも
出題される可能性がある、ってことでしょうかね?
(上級者向けですね)

もっとスッキリした説明がおわかりの方、
ぜひコメントお願いします!
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

ぬり恵さん、ベストアンサーに認定いただきましてありがとうございます。私も最初にずれたコメントをしていますので、割り引かないといけません。

さて、お尋ねのブログの件ですが、やっていないのです。今のところ皆様のブログにお邪魔して時々コメントを書くぐらいです。
ブログを始めたら、もちろんお知らせします。

私もですので

TomCATさん:

だいじょうぶです。

「動名詞は名詞だから、いつも形容詞で修飾します」
と言い放ったのは、私ですから(笑)

No title

ぬり恵さま

その後、改めてちゃんと読んで
私が明らかに間違っていると気づきました。

火が出るほど恥ずかしい思いでいっぱいです。

大変失礼いたしました。
申し訳ありませんでした。

ベストアンサー認定

だじゃれさん:

ありがとうございます!

だじゃれさんのご回答ですが、
「動詞的動名詞」と「名詞的動名詞」の
「識別のルール」が明確にわかりますね!

私はこのご回答を
「ベストアンサー」に認定いたします!
(パチパチパチパチ!)
記事で取り上げさせていただきます。

ところで、

だじゃれさんはブログはされないのですか?
DIOさんのブログ、だじゃれさんのブログ、
ぜひ見てみたいです。
必ず愛読者になります!

重ねてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

さすがの情報力

DIOさん:

9冊の文法書を調べまくる・・・

さすがはDIOさんですね。参りました。

「動名詞」には
「名詞的動名詞」(形容詞が修飾)
「動詞的動名詞」(副詞が修飾)
の2つがあり、これがNo. 127の出題ポイント
だということですね。

ありがとうございました。

No title

ぬり恵さん、おはようございます。
DIOさんの引用でクリアーになったとおもいますが、
以下、『現代英文法総論』からの抜粋です。

The piercing screeching of the monkeys woke him up.
Their constant changing of their minds is very irritating.
Mrs. Thatcher's ruthless handling of the situation did not meet with general approval.

名詞的動名詞は、
(a)限定詞(例えば、the their)を伴っている。
(b)形容詞(例えば、piercing, constant, ruthless)によって前位修飾されている。
(c)of前置詞句によって後位修飾されている。

I distinctly remember the crowd yelling in time to wake him up.
One can spoil one's business relations by constantly cancelling orders.
I haven't forgotten Mary (Mary's) coming to see me.

動詞的動名詞は、
(a)冠詞や代名詞的限定詞(ただし、所有格は除く)が先行することはない。
(b)形容詞によって修飾されることはないが、対応する副詞の披修飾語となる。
(c)動名詞節は、その主語や直接目的語を表すof前置詞句をあとに伴うことはない。定形動詞を服務節のように、主語は動名詞に先行し、直接目的語はそのあとに続く。

お示しの公式問題集の該当問題では、of前置詞句があることで、liftingは名詞的動名詞となるので、それを修飾するのは形容詞が適切ということになりますね。

ぬり恵さんの解釈が一番すっきりしていました(笑い)。
7月のTOEICにこの種の問題が出たら、ニヤリとしますね。

ぬり恵さんには、負けたり、負けたりの3敗です。1分は1月の985点です。ぬり恵さんに勝つか、引き分けるかは990点しかありません。厳しいですが、頑張ります。

No title

こんばんわ。

家にある文法書、全部調べました。

調べたのは以下9冊。
Forest、一億人の英文法、Grammer in use、ロイヤル英文法、表現の為の実践ロイヤル英文法、新マスター英文法、英文法解説、英文法総覧、英文法詳解

2冊にありました。明確な解説が。

■新マスター英文法 中原道喜著 445Pより
「動名詞に冠詞や形容詞が付いた場合は、名詞的性質が強まり動名詞的性質が薄れて、目的語をとることができなくなり、ofを用いて表す。」
reading good book (良書を読むこと)
the reading of good books


■表現の為の実践ロイヤル英文法 綿、マーク ピーターセン著 176Pより
Helpful Hint 48 動名詞の持つ2つのニュアンス

動名詞には「動詞的」なニュアンスが強いのか、「名詞的」なニュアンスが強いのか、微妙なケースがわずかにあるが、たいていその前後の言葉を見れば、どちらなのかわかる。
たとえば、「よく見ることの重要性」を、"the importance of careful watching"と表現することも、"the importance of watching carefully"と表現することもあるが、前者は、watchingを修飾しているのは形容詞のcarefulなので、「名詞的」なニュアンスが強くなる。逆に、後者は、副詞のcarefullyがwatchingを修飾しているので、「動詞的」なニュアンスが強くなるのである。どちらの表現も意味はまったく同じであり、ネイティブは無意識に使い分けている。

だそうです。

よって、ぬり恵さんの結論の解釈であってると思います。

疑問点

TomCATさん:

コメントありがとうございます。

>副詞は副詞・形容詞・動詞は修飾できるけど
>動名詞は修飾できない。

お言葉ですが、この定義だと・・・・

You can finish the job
without repeatedly lifting packages.

のrepeatedly(副詞)が説明できなく
なってしまうように思います。

これをrepeated (形容詞)に置き換えることは
できないと思われます。

そう考えると、くどいようですが
「動名詞」には

「名詞的動名詞」(形容詞が修飾)
「動詞的動名詞」(副詞が修飾)

の2つがあると思いますが、いかがでしょうか?

動詞的動名詞

だじゃれさん:

コメントありがとうございます。
戦績のレポートありがとうございます。

スコア競争、という点で言いますと、
私のブログをのぞいてくださるかたでは

だじゃれさん、KIYOさん、ほっちーさんが
私と「いい勝負」を展開していただいているようです。
勝ったり負けたりって感じですね。
これからもよろしくお願いします。

さて、だじゃれさんのコメントについてですが、
ここで問題になるのは
動名詞が「主語、目的語、補語」になるケースではなく
(その場合は「名詞」と認識しやすい)
動名詞が「副詞句」に登場するケースでは
ないかと思います。

例えば

"without repeatedly lifting packages"
"after repeatedly failing to meet demand"

などのケースです。

これを品詞的に考えると
大きく考えると
「前置詞+名詞句」と思われますが、

その「名詞句」の部分を分析すると
さらに「副詞+動詞的動名詞+目的語」
のような構造になっているみたいです。

何が言いたいかというと
「名詞句」の中にも「動詞的な動詞」が登場するので
上記の場合、副詞が必要で、形容詞ではダメだ
ということですね。

動名詞liftingを修飾するのが
副詞repeatedlyの場合と、形容詞repeatedの場合が
あるのは間違いなく(どちらでもいいわけではない)

とすると
「動詞的動名詞」と「名詞的動名詞」の区別は
必要だということで、それがまさにNo. 127の
出題者の意図ではないでしょうか。

面白いですね。

うみぶたきっくさん:

コメントありがとうございます。

I celebrated my birthday by shooting birds.
(動詞的動名詞)

Shooting birds is prohibited here.
(名詞的動名詞)

The shooting of bird is prohibited here.
(名詞)

のように変化していくってことですね。
面白いですね。

No title

初めまして。
いつも勉強させてもらってます。

誠に僭越ながら私見を述べさせていただくと、
動名詞は動詞でも名詞でもなく動名詞なのでは
ないでしょうか。

副詞は副詞・形容詞・動詞は修飾できるけど
動名詞は修飾できない。

形容詞は名詞・動名詞を修飾できる。

文法書読んでもはっきりしないので、
そんな風に割り切ってます。

No title

初めてコメントさせていただきます。だじゃれと申します。
昨年、1月からのTOEICの戦績をぬり恵さんと比較すると、ぬり恵さんの5勝4敗1分です。最近の4回では、ぬり恵さんの3勝1分でぬり恵さんの圧勝です。練習量の差が歴然と出ていますね。

さて、前置きが長くなりましたが、動名詞の件ですが、品詞は何かと言われると、私は、単純に「名詞」と考えます。理由は動名詞は文中で主語、目的語、補語の働きをするからです。品詞の中で、この3つの働きをするのは「名詞」しかありません。問題のliftingは動詞requireの目的語に相当しますね。

ただ動名詞は元々は動詞なので、動詞的機能が残っていますが、「動名詞=動詞から転じた名詞」と単純に考えるようにしています。特殊な名詞であることは間違いありませんが・・・。
Reading books is a lot of fun. readingは動詞のようにbooksを目的語に取っていますが、働きは名詞(相当語句)ですね。
Being late should be avoided at all costs. being late(lateは補語)ですが、being lateの塊では名詞の働きです。Walking to the station is a good exercise. to the stationはwalkingに掛かる副詞句ですが、全体としては名詞ですね。

文法は深みにはまると大変なことになります。単純に行きましょう。

フォレストでは・・・

先のコメントと一部重複しますが、フォレストの動名詞の欄にはこのように書かかれていました。

----------抜粋----------
動名詞の場合、動詞としての性質を失って完全に名詞化することもある。

(a) Shooting birds is prohibited here.
(b) The shooting of bird is prohibited here.
(ここで鳥を撃つことは禁止されています。)

(b)の場合、定冠詞theと結びつくことで、shootingは動詞としての性質を失い、目的語を伴うことができなくなる。そのため、「鳥を」の部分には前置詞を使ってof the birdとすることになるのだ。to不定詞にはこのような形は存在しない。
--------------------

この解説を逆の見方をすると、今回の問題で動名詞liftingの後ろになぜofが使用されているかといえば、liftingが動詞としての性質を失ったものとして扱われているからではないでしょうか?つまり名詞的動名詞として扱っている。

僕なりの意見としては、名詞的動名詞の見分け方としては、a)冠詞があるもの、b)動名詞の後ろにofのような前置詞があり目的語を伴っていないもの、ではないかなと思います。憶測ですが。

しかし、公式問題集なのに悩ませる問題ですね。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495480 975
13/07 495 495990
13/09 495 495 990
13/10 495485 980
13/11 495480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985

カテゴリ
検索フォーム