動名詞の正体が!

「動名詞は名詞なのか、動詞なのか?」
みなさんのおかげで、結論がまとまりました!(たぶん)

きっかけとなったのは
「公式問題集Vol. 5」(Test 2) No. 127
についての、Yamaguchiさんからのご質問でした。

Vol 5

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


○正解 =  (B)repeated (形容詞)   
×不正解 = (C)repeatedly (副詞)  

でも、次の場合は・・・・

Shipping clerk can finish the job without ------ lifting packages.
(A) repeats
(B) repeated
(C) repeatedly
(D) will repeat


○正解 =  (C)repeatedly (副詞)   
×不正解 = (B)repeated (形容詞)  

「動名詞」には「動詞」「名詞」
の2つの用法があるらしい。
でも、どうやって見分けるの!?


・・・が争点となりました。

これに対し、たくさんの方からコメントをいただきました。
(本当にありがたいことです)

その中で「だじゃれさん」のご回答
最もまとまっているように感じましたので、
ここで、記事として転載させていただきます。

■「名詞的動名詞」(形容詞で修飾)
(a)限定詞(例えば、the their)を伴っている。
(b)形容詞によって前位修飾されている。
(c)of前置詞句によって後位修飾されている。

■「動詞的動名詞」(副詞で修飾)
(a)冠詞や代名詞的限定詞(ただし、所有格は除く)が先行することはない。
(b)形容詞によって修飾されることはないが、対応する副詞の披修飾語となる。
(c)動名詞節は、その主語や直接目的語を表すof前置詞句をあとに伴うことはない。
主語は動名詞に先行し、直接目的語はそのあとに続く。


このルールにしたがい、
問題のNo. 127を分析してみます。

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.


まず気づくのは"lifting"のあとに「of前置詞句」があること。
(c)of前置詞句によって後位修飾されているに該当します。
これによって、"llifting"が「名詞的」役割をしていることが明白です。

「名詞的動名詞」と断定できれば、
その前の空欄は「形容詞」が入ります。
(b)形容詞によって前位修飾される
が適用されるので、正解は(B)repeated (形容詞)となります。

次に、この英文を見てみましょう。

Shipping clerks can finish the job
without ------ lifting packages.


これをルールに照らせ合わせてみましょう。

(a)冠詞や代名詞的限定詞
が先行することはない。

・・・冠詞も限定詞もないですね。

(b)形容詞によって修飾されることはないが、
対応する副詞の披修飾語となる

・・・「形容詞によって修飾されることはない」と
ありますから「形容詞」(repeated)はダメ。
「副詞」(repeatedly)で修飾されるってことですね。

(c)動名詞節は、その主語や直接目的語を表す
of前置詞句をあとに伴うことはない。
主語は動名詞に先行し、直接目的語はそのあとに続く。

・・・動名詞の後には、of前置詞句はなく、目的語があります。

まとめますと、
"lifting"のあとに「of 前置詞句」はなく、
動詞liftの目的語としてのpackagesが存在している。
したがって「動詞的動名詞」と確定され、副詞で修飾する
・・・となります。

やっと、スッキリしました。
ようやく、この問題を他の人にも説明できそうです。

もう1つ、ハッキリわかったことがあります。
公式問題集の解説はひどすぎる!(笑)

公式問題集の「解答・解説編」冊子 127ページには

「空所の後に続き動名詞lifting を修飾する語を
選ぶ。形容詞の(B) repeated が適切」


・・・としか書いてありません。

これだと、この問題の出題ポイントである

「動名詞には、名詞的用法・動詞的用法がある
から、どちらかに該当するのか識別せよ」


を解説していない、と思います。

Yamaguchiさん、うみぶたきっくさん、
通りがかりさん、DIOさん、TomCATさん、だじゃれさん
みなさん、ありがとうございました!

※「私もスッキリした」と思われましたら、ぜひクリックお願いします!↓

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

現在toeic865です。この問題がわからず検索してここにたどりつきました。他のブログも検証したところ、ひとつ簡単な見分け方があることに気づきました。それは目的語があるかどうかです。fx, 動名詞+a new product この場合は副詞で修飾する、動名詞+of +名詞 これは他動詞は名詞になると後に目的語を取らなくなる性質で、draw a picture を動名詞にかえるとき、dawing a picture ではなくdrawing of a picture にかえるところから。それで、ぱっと見た瞬間に判断するには、問題となっている空欄の後の動詞のすぐあとに目的語となる名詞があるかどうかです。あれば副詞をなければ形容詞をいれる。少ない例文からの結論ですのでさだかではないですが、テスト中は難しいことを考えている暇がないので判断基準としてはいいのではないかなと。

gerund vs verbal noun (動名詞続き)

ヤフー知恵袋にも似たような回答がありましたが。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1421644104

ただ、日本人の意見をいくつ集めても、能がないので、英語の文法用語でぐぐってみたところ、gerundとverbal nounの違いが書いてありました。

http://grammar.about.com/od/fh/g/gerundterm.htm
http://grammar.about.com/od/tz/g/verbalnounterm.htm

(要約)
gerund: 目的語や副詞を伴うなど動詞の性質を残す。
verbal noun: 純粋な名詞。限定詞、形容詞、前置詞句による修飾を許す。複数形もアリ。

ということで、公式問題集の説明は、verbal nounを誤訳したのではないでしょうか。動名詞はgerundです。


この件に関する私からのコメントは終わりにして、調べた結果を専門家(TOEICまたは英語の先生)に確認して見たいと思います。

いつか、TOEIC関連のセミナーや勉強会で会いましょう。

楽しみましょう!

ひでちゃんさん:

ありがとうございます。

TOEIC模試や公開テストでできない問題が
あるときは(いつもそうですが)
とても悔しい。でも、その悔しい気持ちを
自分の弱点を克服することに使えば、
きっと楽しくなってくるはずです。

今後とも楽しみましょう。

ingで終わる名詞

VOZE様

コメントありがとうございます。

なるほど、このような問題は、文構造で考えていくのいいのでしょうね。

森田先生の解説に登場している、動詞から派生したけど、
human beings, belongings, evening などどう見ても、動名詞には
見えない単語の仲間として、liftingなどの名詞を一個一個
覚えていくべきなのかと考えていました。

花田先生は、weight lifting を思い出せば、liftingが名詞であることを納得できるとおっしゃっていました。


ありがとうございます。

ひでちゃんさん:

おつかれさまです。

昨日は築地ではなく、渋谷の方のイベント
(あ~るさん勉強会)に出ていました。

花田先生がこれを取り上げていらっしゃいましたか!

No. 127
The position of shipping clerk requires ------ lifting
of packages weighing over twenty kilograms.

今考えるとThe position(S) に呼応するrequires(V)
の次は目的語(名詞)が来ないとダメ。

したがって
------ lifting of packages
の部分は名詞句にならないとダメですね。
名詞なんだから形容詞で修飾する。

なーんだ、
文構造を理解すれば難しくないですね。

His rapid drawing of the picture impressed us.

の場合も、His rapid drawing of the pictureが主語ですから
名詞句。名詞なんだから形容詞で修飾する。

問題演習は、自分の弱点を教えてくれます!

チャリティーセミナーにて

初めまして。

いつかTOIEC勉強会に参加したいと思っております。千葉市在住のTOEIC800点台のものです。

花田先生のチャリティーセミナーで、まさに、「公式問題集Vol. 5」(Test 2) No. 127が取り上げられました。

花田先生の説明では、この文でのliftingは名詞とのことでした。
私自身も、名詞を修飾するのは形容詞、動名詞を修飾するのは副詞ということで納得できたところでした。

また、森田先生のブログの過去ログにも、動名詞と名詞の違い
の記事(http://toeicjuken.seesaa.net/article/119590961.html
)があり、ここでも、His rapid drawing of the picture のdrawingは名詞との説明があります。

見解をお聞かせ願えれば、幸いです。



動名詞の奥深さ

初めまして。いつもブログを拝見させていただいております。

実は、遅ればせながら私も同じ疑問を抱き、ブログで記事にしたところ、戸育さんも記事にされている旨を私のブログを読んでいただいた方からご紹介いただきました。

江川先生の『英文法解説』にも同内容のことが書かれておりましたが、詳細な説明がなく、何とな~く理解したつもりでした。しかし、戸育さんの本記事は非常に分かりやすく勉強になりました!ありがとうございます。

英語指導を生業にしている者として、まだまだ勉強が足りないと反省しています。これからも、有益な情報をよろしくお願いします。

感覚でとらえる

Paoさん:

たいへん長いコメント、ありがとうございます。

私なりにまとめますと、Paoさんのおっしゃることは

「英語は、たくさんの量にふれることにより、その用法を
感覚的につかむべきものである」

まさに、おっしゃるとおりだと思います。

ネイティブスピーカーは、英語の文法を説明するのが
あまり得意ではないようです。(得意な人もいますが)
英文法については、日本人の方がうまい、と思います。

ただし、では、日本人の方が「英語を速く正確に使える」か
というと、当然ながらそうではない。

Paoさんのおっしゃるとおり「大量の英語に触れる」ことが
できないハンディを、文法というルールでカバーしようと
しているのだと推測されます。

「英語を大量にインプットすれば、
考えなくても、感覚的にただしい英語がわかる」

これが最終目標であることは、間違いないでしょう。
そうおっしゃるPaoさんは、かなりインプットされている
方だとお見受けしました。

これからもよろしくお願いします。

No title

ものすごく遅いコメントになりますが、初めまして。興味深い議論を見させていただきましたが、思うところがあったのでコメントさせていただきます。

文法的知識をベースとした構文解析で解くアプローチがtoeic受験者に求められているなら、公式問題集の解説は不十分だと思います。

しかし、公式問題集の名誉のために言いますとtoeicの出題者はそのような解法へのアプローチを取られることを想定していないと思うので、解説が「空所の後に続き動名詞lifting を修飾する語を選ぶ。形容詞の(B) repeated が適切」で終わってしまっているのは致し方ないと思います。

requires repeated lifting of packagesとrequires repeatedly lifting of packagesを頭の中で音読してみると後者は「おっ」となります。

without repeated lifting packagesとwithout repeatedly lifting packagesを頭の中で音読してみると逆に前者が「おっ」となります。

toeicの文法問題はこのようなまともな説明になっていないアプローチで解くのが正解なのかなと個人的には思っています。文法問題というより、読書やスピーキングの経験で培ったカンで確認みたいな…

文法問題への異なる二つのアプローチが存在するという事実は高校での文法教育の在り方を問う重要な問題なのではないでしょうか。なぜなら、スピーキングや多読をこなせばこの「まともな説明になっていないアプローチ」で問題に取り組むことができますが、時間の限られた高校生活のなかでは多読に取り組むことなどできないのが実情でしょう。それを考えると前者の「文法的知識をベースとした構文解析で解くアプローチ」が受験対策としては正解になってしまうのかもしれません。

toeicのスコアアップを目指す社会人にとってもこの受験英語の延長戦上にあるアプローチでtoeicに挑むことも正解なのかもしれませんが、やはりそれは問題作成者の想定外なのではないでしょうか。

長くなってしまいましたが、改めて私の考えだと公式問題集の説明はそれで十分だったと思います。そして、私は公式問題集の回し者ではありません(笑)

ありがとうございます。

職務経歴書のサンプルさん:

コメントいただき、ありがとうございます。
今後も、このブログが「ディスカッションの場」になると
いいなと思っております。

それにしても、
「職務経歴書のサンプル」さんって、
思いもつかないハンドルネームですね。
・・・・完敗です(笑)

今後ともよろしくお願いします。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

感謝しています。

Yamaguchiさん:

今回のディスカッションは、
Yamaguchiさんのご質問から始まりました。

いかに自分が復習をしていないかを
思い知らされました。

Yamaguchiさんのご質問のおかげです。
本当にありがとうございました。

これからも、こういう問題提起をお願いします。

No title

ぬり恵さんのブログを中心に叡智が集結した感じで、なんだかすごいですね~。

まとめてくださったみたいで、ありがとうございます。

簡単といわれている公式問題集5ですが、一問残らず理解するのはやはりそれなりにたいへんということでしょうか。

では~。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495480 975
13/07 495 495990
13/09 495 495 990
13/10 495485 980
13/11 495480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985

カテゴリ
検索フォーム