練習量を増やす

最近、こんな質問を受けました。

「TOEICのスコアアップのためには、問題集だけでいいでしょうか?
英字新聞とか、ペーパーバック小説とか、CNNとか利用しないと
ダメでしょうか?」


要するに「TOEICの問題形式」以外の
英語題材を使うべきか否か?という質問です。

shelf.jpg
(私の本棚:本棚1本がすべてTOEIC問題集)

この質問に対しては、あのHUMMERさんも
「TOEIC以外の題材は使わなくてもだいじょうぶ。
実際、僕もそれ以外は使わなくても、満点を取得しました」
・・・とおっしゃっておられます。

私の答えは、こうです。

「TOEIC模試、そうでない題材、どちらでもOKです。
自分が『楽しい』と感じる題材でトレーニングしてください」


私も、過去には、
以下のような題材で「英語トレーニング」しました。

The English Journal の年間購読
TIME誌の年間購読
Newsweek 誌の年間購読
USA TODAYの年間購読
CNN, NBC, ABCニュースの視聴
ペーパーバックを使った多読
英語ディスカッション同好会
通訳トレーニングクラスの受講


いろいろやってみましたが、どれも効果はあると思います。
要は、英文を「日本語に訳さず」理解するという
英語トレーニングを、毎日続けることがポイントでしょう。

大切なのは「毎日続ける」ことです。
となると、その題材が楽しく感じられないとダメでしょう。
「楽しくないことは、続けられない」からです。

ニュースが好きな人は、ニュースを聞き続けることができます。
ドラマや映画が好きな人は、毎日続けることができます。

「TOEIC連続満点記録日本一」の
菊池健彦さん(イングリッシュモンスター)も、
TOEIC模試ではなく、TIMEやドラマを題材に
トレーニングされていたそうです。

私の場合は、
去年から始めた「模試を解きまくる」という
アプローチ(模試トレーニング)が楽しいので、
続けているというところです。
これだけが「唯一のアプローチ」とは思いません。

ただし、
「TOEICというテストの特徴に慣れる」という意味では、
「TOEIC模試はやった方がいい」と断言します。

「TOEICのテスト形式に慣れていない」と感じるなら、
とにかくまず50セット(1万問)はやるべきです。

「スコアが伸びないんですが」とおっしゃる人がいますが、
「えーと、これまで何セット模試やりました?」と聞くと
「まだ数セットしかやってません」という答えが多いのにビックリします。

TOEICチャレンジは、スポーツと一緒だと思います。
「勉強」じゃなくって「練習」ですね。

スポーツでうまくなろうと思ったら、
「練習量を増やす」こと。
「練習しないでうまくなる」ことはありません。

まだ50セットも解いていないのに
「なかなかスコアが伸びない」とおっしゃる方は

「練習してないんですが、なぜうまくならないんでしょうか?」
と悩んでいるように聞こえてしまいます。

悩むのはやめて、練習しましょう!
TOEICは「練習量」と「スコア」が比例するテスト
だと思います。

私の練習量の例を挙げますと、こんな感じです。

2011年:150セット(3万問)
2012年:300セット(6万問)


数字的に言えば、「練習量を倍」(以上)にしたわけですが
その成果は、確実にスコアに出てきています。

2011年平均点:959.7点(最高点975/最低点940)
2012年平均点:980.0点(最高点985/最低点975)


全体的に、スコアが安定してきました。

去年は、スコアの変動が激しく、最低では940点が出ましたが、
今年は、「970点を切ることは考えられない」
という感じになり、レベルアップしたと思います。

また、初めてリスニングで全問正解
達成できました。(まだ1回だけなので威張れませんが)

たぶん、今のアプローチを続ければ
「990点を切ることは考えられない」
というレベル(BEYOND 990)に到達すると思っています。

そして、そのためには練習あるのみです。

・・・とここまで書いて
ちょっとエラソウな記事になってしまいました(笑)

模試をやっていると、「自分がいかにできないか」を
痛感する毎日です。

「満点」については、近いと思いますが、
「制覇」となると、かなり遠くに感じます。

模試で「全問正解」できるようになるのは、いつの日か・・・
まだまだ修業(練習量)が足りません。精進します。
スポンサーサイト

comment

Secret

共感できます。

ぬり恵さん、

・英文を英文のまま理解するようにする
・毎日続けること
・練習あるのみ

とても参考になります。
やはり英語は”勉強”ではなく、”練習”という呼ぶ方がしっくりきます。

私の場合、飽きっぽくて手を広げがちなのですが、ぬり恵さんが指摘されているように、基本的には自分にとって楽しいもの・続けられそうなものに絞って練習していくことが、力をつける早道なのだと思います。

(もちろん、ロングタームで学習していく必要があるので、時にはそのような気分転換も必要だし、寄り道も決してムダにはならないと思いますが。。)

ただ 分かってはいるつもりなのだけれど、これはなかなかできないことなのですよね。

ぬり恵さんの一心不乱に模擬試験に取り組み続ける姿勢をみていると、テーマを絞り、練習、練習、練習を繰り返すのが、TOEICのみならず、英語学習の王道だな と痛感します。

昔野球をやっていた頃は、素振り、素振り、素振りの毎日でした。英語も似た要素がありそうですね。

先週来、TOEIC問題練習し始めて1週間たちました。でも、最初は3日続けられると思いませんでした。
ひょっとしたら、それほど自分にとって苦ではないトレーニング方法なのかもしれないです。

トレーニング法のシェア、ありがとうございました。

iuraa

追伸: ブログにリンクを貼っていただきありがとうございます!
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495480 975
13/07 495 495990
13/09 495 495 990
13/10 495485 980
13/11 495480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985

カテゴリ
検索フォーム