「英語喉」を学ぼう!

三羽ラジオ「英語喉スペシャル」の音声が
YouTubeにアップされました!

(三羽さん、ありがとうございました!)

★「英語喉」(えいごのど)とは?

上川(うえかわ)一秋先生(Kaz先生)
が提唱されている「英語発声法」です。

英語喉
(「英語喉」の著者)

その特徴は、以下の2点。

◆原理①「英語は喉から発声する」(喉発声)   

・発声する場所は、喉の上(アクビエリア)と下(ゲップエリア)に分かれる。
・発声する場所が異なることにより「自然に」アクセントが生まれる。
・日本語は喉を緊張させるため「口発声」になる。
・英語には「ッ」は存在しない!「ゲット」や「ストップ」の「ッ」は幻想。

◆原理②「英語は3ビートで発音される」(シラブル)   

日本語は、「子音+母音」の「2ビート」
英語は、「子音+母音+子音」の「3ビート」

「シラブルの構造」が異なります。
「3ビートの英語」を「2ビート」で発音すると?
 通じないし、聞き取れません。

 "Take it easy."は

 日本語方式(2ビート)では "Te-i-ku-itto-easy." (テ・イ・ク・イット・イー・ジー)
 英語方式(3ビート)では "Taik-kit-tea-sy." (カタカナ表記不可能)
 ※カタカナ自体が「子音+母音」を意味するため。
 
 つまり英語では「自然に」CVCのパターンで発音される。
 「つなげて発音しよう」(リエゾン)という意識がない!

そして!Kaz先生が、2つのキャラクターを発明されました。

「くっちゃん」(口で発声する)

「喉やん」(喉で発声する)です。

この2つのキャラが「共演」するのが、こちらの動画。
初めて見たとき、大笑いしました。
「くっちゃん&喉やん」
(私が一番好きな動画です。ぜひクリックを!)

★「英語喉」を実践するメリットは何か?

なぜVOZEは「英語喉」をプロモしているのか?
Kaz先生に「裏金」をもらっているから
・・・ではありませんよ!
以下のメリットがある、と感じるからです。

◆「ネイティブ発音」に近づく。

「日本人なんだから日本人っぽい発音でもいいじゃないか」
という意見もあります。
しかし、ネイティブに近い発音の方が、ネイティブが聞き取りやすい。
つまり「英語らしく発音する」ことは、聞き手に対する「思いやり」という気がします。
オレの「日本語式発音」を理解しろ、というのは強引かも。

◆「スピーキングが楽になる」

「喉を緊張させた状態」(喉ブレーキ)を解除した状態になりますので、
単語単位で吐息が遮断されることがなくなります。
英語喉を知らない日本人(口発声)が話す英語を聞いたときの
「バババババ・・・」という「カタイ感じ」がなくなります。
(感覚的表現ですが、伝わりますでしょうか?)
「楽に話せる」という感覚です。

◆「リスニングが楽になる」

「喉発声」ができるようになると、
「口発声」のときには聞き取れなかった音が聞き取れるようになります。
「TOEICのリスニングのスコアが伸びた!」という報告多数。
※VOZEは「英語喉」開始後、リスニングは常に495点です。
「楽に聞き取れる」という感じでしょう。

★「三派ラジオ」の動画はこちらです!
(すみません、動画は7本もあります)

「英語喉スペシャル」 Part 1
「英語喉スペシャル」 Part 2
「英語喉スペシャル」 Part 3
「英語喉スペシャル」 Part 4

「英語喉スペシャル」 Part 5
「英語喉スペシャル」 Part 6
「英語喉スペシャル」 Part 7


※「英語喉プロジェクト計画中!

ふと思いついたんですが、
Tommyさんの「トミプロ」みたいに、
みなさんで「英語喉」の練習をする
プロジェクトを考えています。ズバリ、

「英語喉で、TOEICスコアが伸びるか?」

をみんなで実験しちゃう、というプロジェクトです。
(詳細が決まったら発表しますね!)
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

tak-kit-eaz-zy
の4拍だろ

期待が大きすぎるのかな?

確かに、カズ先生の提唱される英語喉発音は、まだ発展途上ですね。
今後、新たな改訂版や、補足的な説明も出されることでしょう。

私も含め、日本の英語教育に不満のある多くの音声学と係わる人が好意的に読んでいます。
いろいろと批判が出るのは、良いことだと思います。
とても良質なので、みんなが期待しているからです。
いい加減で出鱈目な英語発音教本は掃いて捨てるほどあるので、誰も批判はしません。
私も、英語喉発音は日本の英語教育の改革にも大いに役立つ必須のものだと感じて期待しており、若い英語学習者にも勧めています。

ただし、私は早めに指摘しておいた方が良いと思うのは、個々の母音を出す位置は、一概にゲップエリアとアクビエリアの2つに分けることはできないことです。
人間の喉は上下が繋がって一本の管ですから、上または下の部分だけを使用して声を出すことは不可能です。
つまり、どの母音はゲップかアクビかで正確な分類はできません。
たとえば、イギリス英語の場合(特にロンドン的発音)では、ほとんどの母音はゲップエリアから出して早口で言うような感じです。
アメリカでも、地域により発音の位置は異なります。

その他、標準的アメリカ英語では、どうしても喉では出せない音(たとえば、th 音を語尾で言う場合)などもあります。
また、英語喉の本に登場する単語の発音で、現在の標準的アメリカ英語の発音と異なるものが少しあるので、それも気になります。

まあ、細かいことを言えばきりがありません(音声学の専門家は、あの本の数十カ所の問題点を指摘している人もいる)ので、とりあえずは、英語喉の本の発音を1つのお手本として、他にも言い方があることを分かった上で、練習することはとても良いことだと思います。

今後のご活躍を、期待しております。

発展途上

ありゃりゃさん:

コメントありがとうございます。

「英語喉は100%正しくないのでは?」
というご指摘なのですね。

「英語喉」メソッドは
まだスタートして5年程度です。
「発展途上段階」だと思います。

「アクビエリア」などの表現や、
「英語喉」発音記号とIPA発音記号とのかねあいなど
いろいろなご批判があることは、私も理解しております。

それをさしおいても、
「英語喉」には、日本人の英語学習者が直面していた
壁を破ってくれる効果がある、と実感しています。

とりあえず、みんなで「英語喉」を実践して、
その実践から出てきた不明点をクリアにして
発展させていければいいな、と思っております。

英語喉は素晴らしいですが

どうも初めまして。

カズ先生の英語喉の本は、音声学の専門家の人達から観ると、80パーセントは正しいと言えるそうです。
はっきり言って、百パーセントは正しくありません。
と言っても、その他の日本で発行されている英語発音教本は、50パーセント以上は間違いの内容です。
その意味では、日本における現時点では、素人でも読めるレベルでは最高の英語発音教本でしょう。

あの本の問題の1つは、アメリカ標準英語に近い発音というよりも、東海岸的な発音に少し偏っている点かもしれません。
現実のアメリカ英語発音は地域によって違いますが、個別の音にせよシラブルにせよ、あの本の内容のように綺麗に割り切ることはできません。

説明の方法も、仕方ないでしょうが、現状の日本の素人向きになっているので、そこが英語のプロ的人達から観ると、少し不満があるようです。
IPA方式の発音記号との関連も、少し説明が欲しかった。
まあ、それは他の人がするべきかもしれませんが。

大歓迎です!

Hiroさん:

はじめまして~!

このプロジェクトは「英語喉50のメソッド」を
ちゃんとやってみたい!という人なら
誰でも参加できます。

Kaz先生のレッスンを受講されている
なら文句なしです。

「英語喉50のメソッド」を所有している。

毎日30分以上をこのトレーニングに確保できる。

(できれば)第182回公開TOEICを受験して
そのリスニングのスコアを報告できる

以上の条件が揃えばOKです。
詳しいことはまた発表しますね。

はじめまして。

VOZEさん。はじめしてHiroです。
早速、YouTube、拝見しました。
非常に勉強になりました。
私は約2か月前に英語喉を知り、
5月にKazuさんのSkype講座を受けました。
ですので、まだまだです。

一人でやっていると喉発音ができているのか?
センスがないのかも?
とかいろいろと不安になることが多々あります。
プロジェクトは一般人も参加できるものでしょうか?
今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)

【TOEIC 戦績】
LR 990 (12回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 申込済
17/05 申込済


★特集記事★
①注文マニュアル
②究極の解答用紙
③韓流本データベース
④最強の韓流模試
⑤トーイッカーのび太
⑥シャーペン特集

カテゴリ
検索フォーム