Part 5 攻略法

Part 5:スピードと正確さ

リーディングセクションでは
75分間を自己管理しなくてはなりません。

これはCD音源のペースに合わせる(一発勝負の)
リスニングセクションに比較して楽に感じます。
しかしこれは
「諸矢の刃」(mixed blessing)ですね。

解答時間で言えば、ここがポイント。

40問を14分以内で解く。

でも、初心者の場合は・・・

・「語彙・文法」が少ない。
・「英文認識スピード」が遅い(150WPM以下)
・「出題ポイント」を知らない


などがネックになり、14分では問題が解けません。
このパートだけで30分もかかってしまいます。

練習すれば、出題ポイントがわかるので
解答スピードは、どんどん速くなります。

問題文は、全部読むのか?

問題によりけり(That depends.)です。

まずは、選択肢をチェックします。

「品詞問題」「代名詞問題」の場合 → 空欄の前後を見て解答。
それ以外の場合 → 英文の意味を確認。


「品詞問題」「代名詞」問題は、文構造を見れば判断できますが、
「語彙問題」「接続詞問題」は、意味の確認が必要です。
さもないと「文意が通りません」となってしまいます。

気をつけたいのは、上級者向けの「ヒッカケ問題」ですね。
模試演習で、こういう問題にひっかかると
「やられた~!」と笑ってしまいます。

The manager has ---- the employees
that weekly reports should be submitted soon.
(A) notified
(B) reported
(C) requested
(D) explained

★「request that S V原形」を知っているとひっかかる。
request someone that SVはダメで、request of him that SVに
しないと正解になりません。
問題文の場合、The manager has requeseted of the employees
that... なら正解となります。

Customers can contact us ---- the phone or by e-mail.
(A) either
(B) both
(C) on
(D) over

★「either A or B」を知っているとひっかかる。

Trainees were informed ---- their supervisor
that the orientation had been put off until Friday.
(A) by
(B) of
(C) to
(D) about

★「inform A of B」を知っているとひっかかる。

「TOEICを知っている人」が
つい「これ知ってる!」と思ってしまいがちなパターン。
このタイプを、落とさないようにしたい。

ミスした問題については
完成した正解文を
文字と音声で再生
して「弱点強化」します。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

Vozeさん、こんにちは。
ご回答ありがとうございました。
コメントも含めてですが、さすがトイカーの方々はスゴイと思いました。
また質問させていただくことがあると思います。よろしくお願いします。
因みに今日はトイクの日なんですね。

No title

こんにちは。
RYUと申します。
コメントは今日が初ですが、以前からVOZEさんのブログはとてもためになるので参考にさせていただいております。

eitherの問題についてですが、似たような問題は加藤さんの900点特急にあります。
あと公開テストでも似たような問題が出たと他のブロガーさんが書いていたのを見たことがあります。

あと訂正した文を見たのですが、「電話で」と英語で言いたいときには、by phone(冠詞なし), on the phone, over the phoneの3つがあると手元の参考書に書いてありますので、by phoneは冠詞がいらないのでonまたはoverと共に選択肢に入っていても大丈夫ですが、onとoverは使い方が同じなので、選択肢のどちらかをbyなどに変えなければいけないのではないかと思います。

修正しました!

Hisashiさん:

出典は不明ですが、
問題文のポイントは思い出しました。

出題ポイントを
ちょっと勘違いしていましたので
例文を修正しました。

これなら、どうでしょう?

出典不明

Hisashiさん:

ご指摘ありがとうございます。
細かくお読みいただき、感謝です。

確かに、例題が不完全ですね。

これ、
「公式問題集」で見たパターンだと思い、
Vol. 1-Vol.5まで見直しましたが、出ていない。

その問題文には、
orはなかったと記憶しているのですが、
うーん、どこで見たんだろう?

もしかして公開テストで見たのかな?

requestの用法

英語学習者さん:

ご質問ありがとうございます。

request の場合はrequest of someone that に
しないとダメなようです。

eitherの例題は、分析中です。

eitherの問題の英文について

英語学習者さんのコメントでこの記事が目に留まったのですが、
eitherの問題の英文について、
実際の英文ではphoneの後に語句が続いていなかったでしょうか?

と言いますのは、この英文と選択肢のままだと
完全な×から除外して消去法でorを選ばざるを得ないと思います。

例えば、
either by e-mail, over the phone, or in person.
either by e-mail, over the phone, or on our website.
〔Google検索より〕
などのように、
この英文のthe phoneの後に語句を伴い、
カンマを打ってorで3つの語句をつないでいるようなケースであれば、
この問題で、すんなりoverを選ぶことができると思います。
この英文の問題の原典を今一度ご確認頂けると幸いです。

ご教示ください

VOZEさん、こんばんは。
ひっかけ問題(1)requestが何故排除されるのでしょうか。上⇒下に対してrequestは不自然ということなんでしょうか。英和だと「要請する」でよさそうですが、英英だとask...in a polite and formal wayとあるので、ということでしょうか。(2)eitherの問題はby the phoneといわないのはわかりますが、そこからがわかりません。是非ご教示ください。
プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495480 975
13/07 495 495990
13/09 495 495 990
13/10 495485 980
13/11 495480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 490 495 985

カテゴリ
検索フォーム