名古屋紘道館 実施

「名古屋紘道館」開催しました。

朝10時から夜10時間まで、二次会を含めて12時間の熱闘でした。

【第1回・名古屋紘道館】
◆日時:8月17日(日)10:00-17:00
◆場所:「名駅ABCビル」(ABC会議室7階 第7会議室)


松本先生、虫かごに入ったスズムシを持ってご登場。
スズムシの声を聞きながらの「紘道館」となりました。

参加者は14名。

午前は、通訳トレーニング。
松本先生が英語でスピーチをし、参加者が順番に通訳を担当するという
上野紘道館のスタイル。話題は、人間の生理、政治、文化と広がりました。

debate.jpg

午後は、六角ディベート
ディベートトレーナー森松さんのサポートにより
「まつもと式六角ディベート」を体験しました。

参加者は3つのグループに分かれて
チームで作戦会議。石、風、火、水、空という役割を
実際のディベート形式で体験。

論題は、「名古屋人にユーモアセンスは不要である」

名古屋は、東京や大阪のジョークが通じない。
冗談を言ってもシーンとして反応がなく「ノリが悪い」それはなぜか?
そのままでいいのか?という議論でした。

名古屋について出た意見。

・名古屋人は外に出て行かない。(居心地がよいから?)
・関東や大阪のような個性がない。(他の文化圏に同化しやすい?)
・血縁、地縁関係が重要な土地柄。
・「ヨソモノ」に対して警戒心が強い、なかなか心を開かない。
・社会が自己完結している。外から取り入れる必要がない。
・「ケ」と「ハレ」の差が大きい。普段はケチだが冠婚葬祭では派手にお金を使う。
・名古屋のお嫁入り引き出物は有名。

ディベートのおける議論の組み立て、
まだまだ練習が必要だと感じました。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 申込済
17/09 申込済

カテゴリ
検索フォーム