英検一次受験

「英検ダブル受験」に初チャンレンジ!
いやあ、これは楽しかった!!

【準1級】(午前)

とても冷え込む会場でした。
試験直前にトイレに行きましたが
開始後にもやっぱりトイレに行きたくなりました。

試験官に合図して、さっさと行きました(笑)
ガマンするのは意味がない。リスニング以外の時間なら
許可されるので、手を上げて行くべし!!

1:語彙  25/25(ノーミス)
2:長文空所 6/6(ノーミス)
3:長文内容 10/10(ノーミス)
4:英作文  (結果待ち)
R合計: 41/41 (ノーミス)
L合計: 27/29(93.1%)


満点を狙ったが、リスニングPart 3で痛恨の2ミス!
ミスした時点で「準1級での3000点達成」は
「次回6月のチャレンジ課題」と変化しました(笑)

【1級】(午後)
※カッコ内は前回(2016年度第2回)の成績。

1:語彙 22/25(23/25)
2:長文空所 6/6(6/6 )
3:長文内容 9/10(9/10)
リーディング合計 37/41(38/41)
4:英作文 ?/32(25/32)
リスニング: 26/27(23/27)
LR合計 63/68(61/68)


【語彙】 解答時間:10分 22/25
痛恨の3ミス!

(3) auspicious
「縁起の良い」と覚えていたので「機嫌の良い」とは結びつかず。
"wait for an auspicious moment" なんて言うんですね。

(6) demure
「内気な性格の」と覚えていたので「慎み深い服装」とはイメージがつながらず。
"in a demure attire "とも言うんだあ・・・

(22) bargain on (予想する)
まったく知らなかった。これが正解とは夢にも思わず。
もちろん「パス単」にも出ていない。これが出来た人はスゴイ!

「パス単」からの出題は19/25(76%)でした。
やっぱり「パス単」はやるべきですね。

ただ「見出し語じゃない意味」が正解になるケースがあるのが問題。
今回は"treacherous"が見出し語(気まぐれな)ではなく「危険な」で出題。
前回も"premise"が見出し語(所有地)という意味ではなく「前提」という意味で出題されていた。

【英作文】解答時間:30分 成績:不明。

「死刑」が来るとは思わなかったのでビックリ。
前回は時間不足のため語数不足で25/32だったので
今回は、時間配分を考えた。
語彙(大問①)の次に英作文をこなし30分をかけた。
落ち着いて書けたので、この戦略は「当たった」と思う。
次回も「語彙⇒英作文」のパターンで行きたい!

エッセイは、
いつもの「IC3フォーマット」を駆使し、200語以上は書いた。
時間不足の前回25/32(674)は「不本意な結果」だった。
今回は最低でも27/32 (703)は出てほしいぞ~!!!!

【長文】 解答時間40分 15/16

空所補充 13分 6/6
内容把握 40分 9/10

空所は全問正解したが、またも内容把握で1ミス!
(35)だけ「解答根拠」のチェックが甘かった。

「The Horse's Tale」(馬の家畜化)
苦手な生物系トピックで、文脈をつかむのに苦労する。
うーん、(35)で痛恨のミス!
前回に続き、2回連続で「あと1問で全問正解」という状態だった。
ぐやじい!!

「How Science Works」(パラダイムシフト)
長文の中で最も英文量が多いが、前の2つより組みやすし。
前回の「Disruptive Innovation」と類似したテーマなので
ある程度文脈がつかけて全問正解。(40)は難問だったがなんとか正解。

1級の長文は3つの特徴があると思う。
①「定説」の展開
②(定説に対する)「反論」の展開
③「譲歩」(限定条件)の把握


とにかく英検1級は「対立概念」が大好きである。
したがって、「何と何が対立しているのか?」と探すつもりで読むと文脈(正解)を理解しやすい。
対立概念を把握するには、「逆接の接続詞」に注目する。
however, but, conversely, in contrastはすべてマークする。
その接続詞の後に登場する情報を、
「別の表現で言い換えている選択肢」が正解である。

【リスニング】 26/27
※カッコ内は前回(2016年度第2回)の成績。

Part 1:10/10 (10/10)
Part 2:10/10 (9/10)
Part 3: 5/5 (3/5)
Part 4: 1/2 (1/2)
Total: 26/27 (23/27)


前回は23/27, 合計4ミスで大ブレーキだったので、
今回は集中して臨んだ。

そのせいか、全体的にやさしかったような気がする。
4ミス⇒1ミスは「進歩」と言える。でも満点取りたかった・・・

Part 4 1問目の
「この写真家はデジタル修正についてどう思っているか?」は、
正直、まったく聞き取れていなかった。

「肯定的ではない」というのはわかったのだが。
「アナログ時代のマリリンモンローやジェームズディーンの写真が素晴らしい」
とコメントしていたから。うーん、この設問だけは「完敗」だ。

たぶん、一次全体はこんな感じだろうと思われる。
※カッコ内は前回(2016年度第2回)の成績。

R:37/41 ⇒ CSE 735  (38/41 ⇒ CSE 749)
L:26/27 ⇒ CSE 791  (23/27 ⇒ CSE 721)
W:27/32 ⇒ CSE 703  (25/32 ⇒ CSE 656)
T:90/100 ⇒ CSE 2229  (86/100 ⇒ CSE 2144)


前回よりスコアが上がっていれば
「自己ベスト更新」となるので、まあよしとしよう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2845
(726/712/764/643)


【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 485 480 965
17/07 495 480 975
17/09 申込済

カテゴリ
検索フォーム