Windows 8 改造

ある事情で
「Windows 8 搭載パソコン」

をメインマシンとして使うことになった。

使い始めたところ、あまりもの使いにくさにガクゼン。
以下の3つのポイントが、大問題!
とても不便なので、仕方なく「窓の社」に飛びました。

Windows 7 以前の使い勝手を取り戻すソフト
↑ここに行けば、修復ツールがありますよ。

(1)「スタート画面」が邪魔!

windows888.jpg

いわゆる「ラウンチャー」を意図しているんだろうけど、
パソコンに慣れている人間には、必要ありません!
こういう画面を使っていると、パソコンの階層構造とかが
理解できなくなるんじゃないでしょうか?
(つまり、ユーザーにとってわかりにくい)

と書いていたら・・・・

な、なんと!
この「スタート画面」を消しちゃうソフトがありました。

「Skip Metro Suite」という名前のフリーウェア。

star metro

速攻でインストールしたところ、
起動したらすぐにデスクトップが表示される
ようになりました!パチパチパチ!

(2)「スタートメニュー」が消えた!

うむむ、マイクロソフトめ・・・(笑)
不必要な「スタート画面」を追加したくせに
必要な「スタートメニュー」を消してしまった!
ソフトを起動するのがやりくにくてしかたがない。

これも、フリーウェアで対応。
「Classic Shell」をインストール。

shell.jpg

やった!「スタートメニュー」復活です!

ところが、次なる問題が・・・

(3)「メールソフト」も消えた!

スタート画面の「メール」を押したら
「メールソフト」が起動するだろうと思っていたら、
そうではないということがわかり、愕然とする。

しかたないなあ・・・
Windows 7 時代の「Windows Live 2011」をインストール。

メールアカウントを設定してから
メール作成しようとしたら・・・
ガーン!「日本語入力」ができない!

ここまでくると、さすがに
「これじゃあ、進歩じゃなくて後退だよ」
フリーウェアの「Thunderbird」に乗り換えました。

thunderbird.jpg

コイツは快適です。日本語入力も問題なし。
余計な「カレンダー機能」もないし、
サクサク動くので、いいですね。

うれしいいのは、メールアカウント設定を
自動でやってくれること。
メルアドとパスワードだけ入れたら、あとはお任せです。
(Windows 8にプリインストールしてほしい)

まとめると・・・
「Windows 8」は、使い勝手が悪い!
TOEICトレーニングの弊害に、なりかねない!
(3時間ぐらいとられちゃった)

今日はTOEICと関係ない話題で、ごめんなさい。

問題用紙の別冊化を!

みなさん!

明日は今年最後の
「第176回TOEIC公開テスト」ですね。

私の場合、「今年8回目の受験」となります。
(第171回は受験申し込みミスで受けられず)

まだ第175回の結果が出ていないのですが
今日は模試3セットこなして、リハーサルです。

ところで・・・
「国内模試ベスト3」といえば、この3冊で決まりでしょう!

■「究極の模試」(アルク) 模試3回分
前田先生の渾身の力作。
Hiro600.jpg

■「超リアル模試」(コスモピア) 模試3回分
花田先生の渾身の力作。
Real.jpg

■「でる模試」(ハッカーズ語学研究所)模試3回分
「ETS訴訟」で有名になったHACKERS日本上陸。
でる模試

いずれも内容はいいのですが・・・
問題部分が別冊になっていない点が
どうしても気に入りません。


声を大にして出版社にお願いしたい。
「問題用紙は、別冊にして!」

通勤電車の中で模試をやるとき
複数の模試が1冊になっているのは、

「重くてかさばり、場所を取る」
「どの模試をやっているのかがわかりにくい」

ですので、基本的に
国内模試の場合は
本をバラしてしまいます。

唯一の例外は、
「最強トリプル模試」(The Japan Times)
シリーズです!これには感動しました。

Triple 1 triple 2 トリプル③

このシリーズだけ、模試ごとに分冊になっているんです!
めっちゃ便利です。

ですから、
他の模試もすべて、この形式(模試部分を分冊)にしてほしい。
ただし、書籍サイズはB5サイズがベストです。
A5は小さすぎるし、A4やレターサイズは大きすぎます。

さっそく「でる模試」も、バラしました。
模試ごとにホチキスで留めて、ガムテープで補強します。
写真のような感じになります。

IMG_0778.jpg

軽いし、解説と見比べるのも楽になります。
ホントに使いやすくなるので、試してください。

本音を言えば
「韓流模試」もバラしたい気持ちがあります。

ここ2週間は
「KING'S TOEIC」12セットの模試2,400問を
通勤電車の中で解いたのですが
その不便さに「心が折れそうに」なりました・・・(笑)

でも、韓流模試をバラしてしまうと
模試冊子の数が全部で300セットぐらいになるので
整理がつかなくなりそうでコワイ・・・
保管するには、本のままの方が便利ですからね。

熱血Tommyさん

並み居る「TOEICブロガー」のみなさんの中で
HUMMERさん、Andyさんと並んで、
Tommyさんは、特別な存在です。

私がTOEICブログデビューする前は
masamasaさんとおっしゃる
「伝説のブロガー」がいらっしゃったのですが、
あいにく「TOEIC戦士」を引退されてしまいました。

Tommyさんはその「伝説のブロガー」の称号を
受け継ぐにふさわしい方の一人だと思います。
それくらい「熱い情熱」をお持ちの方です。

そのTommyさんが、
ショックを受けていらっしゃるのです。

ショックを受けたTommyさん

どうやら「申し込んでいたTOEICのテストを
期日を間違えてすっぽかしてしまった」ようです。
「気がついたら終わってた」ってやつですね。

試験日の設定が11月だけ変則的だったらしく
(Tommyさんは、現在カナダ在住です)
まちがえたという事情は、よくわかります。

ブログの記事を拝見し、
そのショックの受け方が
「熱いなあ」と思ってしまいました。

TOEIC受験に対して
それぐらい「熱くなれる」というのは
トイッカーの至福かも知れません。

理想の模試とは?

今日のテーマは「TOEIC模試本とは?」
について論じてみます。

(1)本のサイズ

TOEIC問題集には、以下の4つのサイズがあります。

(1)A5サイズ(日本の模試のほとんど)
(2)B5サイズ(韓流模試のほとんど)
(3)A4サイズ(スピードマスター、レベル判定模試など)
(4)レターサイズ(公式問題集、究極の模試)

みなさんは、どのサイズが好みですか?

日本で主流のA5サイズ、小さすぎます。
文字フォントが小さくなる、もしくは
レイアウトがホンモノと違ってしまいます。

「公式問題集」や「究極の模試」の
「レターサイズ」は、
「ホンモノと同じサイズ」なのですが、
携帯するにはかさばります。使いにくい。

A4サイズ。やっぱりでかい。
カバンの中に入れにくいですね。

ベストチョイスは、B5サイズ。

韓流模試で主流になっている理由は、わかります。
大きすぎず、小さすぎず、
このサイズがバランスがいいのです。

日本でもGakkenの翻訳シリーズは採用されてますね。
Hakcersの翻訳本がアスクから出るそうですが、
これもB5サイズ。ぜひB5サイズを主流にしてほしい。

(2)問題部分が分冊

TOEIC問題集には「問題」と「解説」が
あるわけですが、これが分冊化されているのが理想です。

模試をこなした後で、
問題分析するときに便利だからです。
分冊されていない場合、あっちこっちの
ページをめくらないといけません。

「問題用紙は本体、解説は分冊」という構成です。
でも、解説部分は、持ち運ばないんですよね。

きっと、ふつうの人は、
通勤電車の中で模試を解く
ことはしないんでしょうね(笑)

「問題部分がテスト毎に別冊になっている」
つまり「問題用紙」の形式になっている模試本と言えば、
私の知る限り、以下のシリーズだけでしょう。

★日本代表
「トリプル模試」シリーズ(The Japan Times)

Triple 1 triple 2 トリプル③

★韓国代表
「根気よくTOEICの勉強1000」シリーズ(モジルゲ)
(内容は「Limited Edition」と同じ)

8624574.jpg  12439779.jpg

この2冊の模試は、模試毎に問題を取り外せるため、
「通勤電車トレーニング」には最適です。

(3)難易度は3レベル

日韓模試のたぶん8割をこなしている
私ですが、たいていの模試は
「公開テスト」より難しめに構成してあるようです。

a)「本番より低い難易度」
b)「本番と同じ難易度」
c)「本番より高い難易度」

a)を希望する人は少ないでしょう。
本番のときに「あれ?難しい!」と感じるのは
困りますから。

b)は少なめですね。「公式問題集Vol .5」は
本番にかなり近いなあと思いました。

結局はc)になると思うのですが、
もし1つの本に3つの模試があるとすれば、

a)「本番より低い難易度」の模試
b)「本番と同じ難易度」の模試
c)「本番より高い難易度」の模試

・・・があると面白いように思います。

ご注意ください!

「第176回公開テスト」を受験予定のみなさん。

オンライン申し込み締切日は

10月30日(火)12:00

です!意外と早めの締め切りです。
申し込み手続きを急いでくださいね!

Rabbitさんのブログをのぞいて
「あ、ヤバイ!」と思い、さっき申し込みました。

(Rabbitさん、ありがとう!)

金メダルの話

ロンドン五輪が終わり、
「夜更かし」の毎日が終わりました。

最も印象に残った競技は、
私の場合は、「女子卓球」でした。

強敵シンガポールに勝った瞬間、
石川選手と平野選手が
ひしっと抱き合ったシーン・・・
思わず、もらい泣きしました。

決勝戦後の記者会見で、
「中国チームは強すぎます」という
愛ちゃんの笑顔のコメントも、
中国チームへの敬意が感じられて、
中国人の間でも人気者というのも頷けます。

さて、少し前に
「990点は金メダルじゃない」
という記事を書きました。

でも、これは「TOEICチャレンジ」という
「長期的な視野」で見た場合の話。

「1回の勝負」としてTOEICを見た場合は、
「満点=金メダル」という発想も
ありだなと思っています。

こんな感じだと思います。
(私の独断的な定義です)

medals.jpg

990点 =「金メダル」
985点 =「銀メダル」
980点 =「銅メダル」
975点 =「4位入賞」
970点 =「5位入賞」


こんな定義で、どうでしょう?

そういえば、金メダル受賞者は、
授賞式のあとに必ず「噛むポーズ」をさせられますが、
あのポーズは「金だと歯形がつく」ということに
由来しているそうです。
つまり「銀じゃないよ、金だよ」ということを
示すポーズだということ。

「銀メダル」+「噛むポーズ」
は意味がないっていうわけですね。

しかしながら、実際のところは
「金メダル」は「金メッキされた銀メダル」らしく、
貴金属の価値としては5万円ぐらいだそうです。

それでも・・・
「銀メダル」は2個もらったけど、
やっぱり「金メダル」がいいな~!

「含む」の動詞

先週日曜日からずっと気になるこの点。

ブログにいただいたコメントのおかげで
再度、火がつきました。

「含む」の動詞は、どう使い分けるのか?
contain, include, involveの違いは?


ネットで検索すると「Yahoo知恵袋」などにも
同じ質問がアップされていますね。

★contain★
con- (一緒に)+-tain(維持する)

「コンテナ」という単語にもあるように
「容器」や「物質」がある対象を含むという感じ。
基本的には「同質のものを含む」というニュアンスみたい。
「人」が主語になることはないようだ。

The disk contains confidential data.
(ディスクには機密情報を含んでいる)

The juice contains four spoons of sugar.
(ジュースにはスプーン4杯分の糖分が含まれる)

The book contains plenty of conversations.
(その本には、たくさんの会話が掲載されている)

こうして見ると、containは「含む」の中で
最も「動き」が少ない感じがする。

したがって「情報」「液体」「固体」など
全体の中の詳細を説明するときに使われるのではないか?
だから、「食品の成分表示」などにはピッタリ。

逆に、「業務」「行動」「思想」など、
「動きのある対象」を目的語にするには、
「相性が悪い」ような感じがする。

★include★
in- (中に)+ -clude(閉じる)

concludeに比較すると「異質なもの」を取り入れる
というニュアンスがあるようだ。
containとは違い、「人」が主語になることはある。

The price includes consumption tax.
(価格には、消費税が含まれている)

He includeda summary of the conclusion in the report.
(彼は、結論の要約を報告書に入れた)

Our members include small business owners.
(会員には、小規模ビジネスの経営者が含まれる)

containと比較すると、
「より異質な対象」を「追加で加えた」
的なニュアンスがあるように思う。

★involve★
in- (中に)+ -volve(回る)

「中に入れて」「まわす」ので
「より異質のものを」「巻き込む」というニュアンス。

「含む」というよりは「~に及ぶ」と訳すと
いい感じになるのでは?

Your job involves great deal of time.
(君の仕事は、かなりの時間が必要だ)

The treatment involves life style modifications.
(この治療は、生活習慣の改善にも及びます)

Are you involved with anyone?
(誰かと付き合っているの?)

★結論★

イメージとしては、こんな感じかな?

「同質なもの」→「異質なもの」
contain → include → involve


日曜日の場合、
どうやら「仕事」が主語だったようなので、
include もしくはinvolve が適切だったようだ。

主語が「書類」のような気がしたので
自信をもって、containを選んだのですが・・・・

The job contains...という英語表現も
ないわけではないみたいですが。

このテーマに関するご意見、大歓迎です!
コメント欄にてご発言おねがいします。

3段階理論:満点は「金メダル」か?

ロンドン五輪が、開催しました。

いろいろなドラマがあって、
どうしてもTOEICトレーニングの時間が減ってしまうのが
うれしい悲鳴です。

個人的には、
サッカー(男女)、女子卓球あたりを
特に応援しています。

さて、こんなコメントを、
最近ネットで見かけます。

「満点を取得できたので、TOEICは卒業します」

わからないこともないのですが、
私は「えっ?」と思ってしまいます。

次の問いかけについて、どう思われますか?

「990点満点は、金メダルか?」

つまり、「990点満点を取得すること」は
「TOEIC学習における最終目標(ゴール)」
と言えるのか?という問いかけですね。

私の個人的意見は、「否」です。
「990点満点は、金メダルとは言えません」

その根拠は、以下の通りです。

★ぬり恵オリジナル理論★
「TOEICチャレンジ」には「守・破・離」の3段階がある!


「え?そうだったの?」
はい!そうだったんです!!(笑)

★第1段階:「守」=990点を「初取得」するまでの過程★

つまり、TOEICが「自分の実力より高い存在」であり、
頭上にある目標に向かってチャレンジしていきます。
「TOEICチャレンジャー」の99%は、
このカテゴリーに入りますね。(私も含めて)

★第2段階:「破」=990点を「連続取得」するまでの過程★

「守」の学習期間(少なくとも1万時間以上でしょう)
やっと満点を取得しました。
きっと、周囲からチヤホヤされるでしょう。

「知ってる?○○さんって、TOEIC満点なんだって!」
「ウソっ!すっごーい!」


しかしながら、実力はまだ安定しておらず、
気を抜くと、満点を逃してしまうレベルです。

この段階では、「連続満点」あるいは「全問正解」を
ターゲットとして、「TOEICと自分を一体化」させていく段階です。

「満点ホルダー」としては、まだ「仮免」。
この段階で「卒業」するのは、いかにももったいない!

★第3段階:「離」=990点を「超越」する過程★

TOEICを何度受けても「満点以外のスコアは出ない!」
いわゆるBEYOND990というレベルですね。
一般的なTOEIC学習者から見たら「神レベル」かも?

「満点ホルダー」として「本免」
つまり「変態」、いや間違えた
「ホンモノの満点ホルダー」と言えるでしょう。

現在「守」のレベルにいる私からは、
ただただ想像するしかないレベルですが

ここまで来るとおそらく
「TOEICって、バカみたいに簡単」
とさえ、感じるのではないでしょうか?
(いいなあ、いやつまらないのかな?)

具体的に、この境地に到達している方と言えば、
ヒロ前田先生・TEX加藤先生・神崎正哉先生・
森田鉄也先生・菊池健彦先生などの
TOEIC界ではよく知られているお名前が浮かびます。

ここまで到達すれば、まちがいなく
TOEICチャレンジにおける「金メダル」
と言ってもいいでしょう。

このイメージに当てはめると
「990満点」(初達成)は、「オリンピック出場」
ぐらい(の達成度)ではないでしょうか?

「オリンピック代表になること」も
もちろん、それだけでスゴイ偉業では、あります。

しかしながら
「世界と戦う」「オリンピックで活躍する」という観点からすれば
「出場すること」は「プロセスの途中」でしかありません。

ですから
「満点を1回取得したので、TOEICを卒業します」
という話を聞くと
「え~っ!こっから本番なのに!」
・・・という気がします。

ここまで書いていたら、
「あ、これでもいいかな?」と思えてきました。

0728.jpg

「守」=「銅メダル」 (900点取得)
「破」=「銀メダル」(990点取得)
「離」=「金メダル」(990点×10回連続取得)


うーん、でもやっぱり
「金メダル」は「連続満点」がベースです。
1回ぐらいじゃダメです!(じゃ早くとれって話)

「全問正解」を目指す!

今日ある大学の書籍部で、発見。

「おお!なんだこれは!」と思い、
速攻で買ってしまいました。

「全問正解する新TOEIC990点対策」(語研)

全問正解

いいですね、このはじけっぷり。
すっかり気に入りました。

巷には、TOEIC対策本は、山ほどありますし
最近ではタイトルに「990点」とか「満点」
という表現を入れる本も出てきています。

でも、この「全問正解」
という表現をタイトルに入れた本は
これが初めてでしょう。

TOEIC専門校「エッセンス」の主任講師
加藤優先生の書籍。

加藤先生といえば「アビメ分析」
そして「金のフレーズ」の「TEX加藤」先生が
有名ですが、こちらの加藤先生もすごいです。

「満点を狙う受験者」をターゲットに
しており、シビレます(笑)

リスニングは、97問正解がノルマ!
リーディングは、99問正解がノルマ!

それ以下の正解数では、満点は取れない!

「空所補充問題」は、全文を読め!
「空所の前後だけ」では、満点は取れない!

「文章の先読み」をしよう!
「設問の先読み」では、満点は取れない!
これは、私に言わせると「本文の先読み」ですね。
とにかく本文をしっかり読み、文脈をつかめということ。

特急シリーズ

本ブログの連載記事が、「2本立て」になりました!

それぞれの連載の「立ち位置」について
まとめてみます(いらんがな)

★「ストーリー特急」で「概要」を攻略!

TOEIC Part 3, 4, 7に登場する
「ストーリー展開」のパターンを集めて
データベース化していきます。

story.jpg

★「リフレーズ特急」で「詳細」を攻略!

TOEIC Part 3, 4, 7に登場する
「リフレーズ」(言い換え表現)のパターンを
集めて、データベース化していきます。

リフレーズ

まとめますと、この2つの特集は・・・

「ストーリー特急」→「概要」(森)
「リフレーズ特急」→「詳細」(木)


を理解するのに役立つのではないか?
・・・とまったく勝手に思っています。

これらの「ネタ探し」をするつもりで
Part 3, 4, 7に取り組むことで、
少しでも楽しく攻略ができればいいなと思っております。

あとは「朝日新聞出版」から
クレームがつかないことを望むのみです(笑)


TOEIC対策学習にとって意味があるかどうかは
私にもよくわかりません。

でも、まあ、この2つの特急シリーズの
「ネタ探しをするつもり」でやると、
問題演習が楽しくなるような気がします。

さあ、どうなることやら・・・

more...

七夕の願い

今日は7月7日、七夕の日。

通りがかりのショッピングモールに
「無料短冊コーナー」があったので、
さっそく「お願い短冊」してみました。
(爆笑禁止)

IMG_0651.jpg

さすがに、
こういう「お願い」は
他の短冊にはありませんでした・・・

あと2週間、今度こそ達成したい。
先月お休みでしたしね。

そのためには、練習あるのみです。

※応援クリックお願いします!↓

刺激の素

最近私が刺激を受けているお二人を紹介します。

(1)英語学習法:Tommyさん

TOEICブロガーとして有名なTommyさん。
今年からカナダに赴任されています。

日本にいらっしゃるときは
どちらかと言うと「OEC記事」のイメージが
強かったのですが(笑)

トロントに行かれてからの記事には
すごく刺激を受けています。

Tommyさんの強みは「徹底した反復練習」です。
これ以上やる人はいないだろう、というぐらいの
量をこなされます。

「文法特急を500周した」
「公式問題集のPart 3, 4をすべて暗唱した」

などそのエピソードは有名です。

「誰でもできることを、誰でもできないくらいやる}
を地でいってます。私もぜひまねをしてみたいです。

トロントでのTOEIC受験レポートは
日本の試験風景とあまりに違いすぎて
「イスからずり落ちそうになる」おもしろさ(?)ですね。

次のレポートが、楽しみでたまりません。

(2)出題ポイントの研究:あ~るさん

ブログはされていませんが、
TBRのレギュラーメンバーですので
ご存じの方も多いでしょう。

TOEICという英語テストの特徴は
「リフレーズ(言い換え)」が多い点にあります。

あ~るさんは、ここに注目され、
言い換え表現のデータベースを構築され、
それをメールマガジンで配信されています。
(無料版と有料版があります)

これを使って990点に到達しました!
TOEIC(R)TEST 言い換えフレーズコレクション


このリフレーズのパターンをもとに
あ~るさんの手にかかると、
あのPart 7がたったの30分で攻略
されてしまいます。

Part 7が苦手な私が注目しているのは
「リフレーズのネタを探す」という意識
問題に接することにより
文脈理解への意識が高まるという点です。

この発想は、すごく面白いと思います。
Part 7 に取り組むのが楽しくなってきます。

あ~るさんのネタは、すでに200項目近いのですが、
それを全部見たくなり、有料メルマガも申し込みました。

このブログでもまねしてやってみたいです。
名付けて「リフレーズ特急」ですね。

(お二人とも満点ホルダーです。サスガです)

「甘口」vs「辛口」

「Number」608号 59ページ掲載の
「W杯アジア地区最終予選を3倍楽しく見る方法」
という記事ですが、爆笑しました。

Number 806

テレビ朝日のサッカー解説者の
松木安太郎氏の応援コメント
セルジオ越後氏の批評コメント
「甘口vs辛口」コメントが対照的でおもしろい!という話です。
(激しく同意です)

たとえば、
第170回の私の「戦いぶり」を
おふたりに批評していただくと、こうなるでしょう。

■松木安太郎氏のコメント(甘口)

matsuki.jpg

「うしゃあ!ぬり恵さん、スゴイスゴイ!
リーディングで98問正解って、さすがだね~!
今年になって4万問も問題をこなしている成果ですね。
正解率自己ベストですかあ、いやあ
確実にリーディング伸びてますよォ。カッ!」


限りなくヨイショしてくださる、松木さん。
セルジオ越後さんは、いつもの辛口。

■セルジオ越後氏のコメント(辛口)

Sergio.jpg

「でもね、ぬり恵さん・・・
ハッキリ言って今回は、相手が弱かったね。
つまり、問題が簡単だっただけですね。
だから、結果的にスコアが下がっているってこと、
これを忘れちゃいけないですね。

もう1つ忘れちゃいけないのは、
ぬり恵さんは、いままでにPart 7 を
全問正解したことがない、ってことですね。

このパートをノーミスでクリアする実力がないと
はっきり言って世界では戦えない、
いや、満点は取れないですね」


伸びたときは素直によろこび、
でも、課題をしっかり設定して
さらなるレベルアップを目指す。

TOEICチャレンジにおいては
「甘口と辛口」両方の視点が必要な気がします。


ただし!
TOEICのスコア換算においては
こういう「コントラスト」はちょっと
おかしいんじゃないか?と思っています。

「TOEICスコア」とかけて
リスニング:松木安太郎
リーディング:セルジオ越後
と解く。そのココロは・・・

「リスニング、甘すぎる!」
(少しぐらい間違えてもOK!細かいことは気にしないでね!)

「リーディング、辛すぎる!」
(1つのミスも許されません!完璧にこなしてください!)

具体的に、第170回公開テストを例にとると

リスニング:4問ミスでも満点!(松木評価)
リーディング:ノーミスのみ満点!(セルジオ評価)


「アドバイス」は、「主観評価」なので、
「甘口」や「辛口」があっていいと思います。

でも、「スコア」は、「客観評価」なのですから
「統一性」が必要だと思います。

現在のLとRのスコア評価の差は
バランスが悪すぎる
と思いませんか?

「そう思う」という方、クリックお願いします。

第171回受験不能

第170回のスコアもショックでしたが
追い打ちをかけるようなショックな事実。

第171回は、受験できないぜぇい!
申し込み手続き、してなかったぜぇい!(泣)


「あれ?受験票がとどかないぞ~」と思い
「ひょっとして・・」とネットで確認したところ・・・

000.jpg

ガーン!「第171回」がない!!

これで、次のスコアは
8月まで待たないといけなくなった。

予定していたい「ブログリニューアル」
8月まで延期になっちゃいました。

これで、今年はあと5回、
7月、9月、10月、11月、12月
しか、公開テスト受験のチャンスがありません。

あと5回か・・・だいじょうぶかな?
うーん、なんとか到達したい!

※落ち込んでますので励ましのクリックお願いします!↓

第170回の分析

今回のスコアにやや落ち込んでいる私ですが、
実は、あのTommyさんがトロントから
非常に興味深いコメントを書いてくださっています。

Tommyさんの分析

このコメントを読んで
「うーん、さすがはTommyさんだ」
・・・とうなりました。

今回のテストは、
受験者の学習到達レベルにより、
3つのリアクションがあったのではないか?
との分析です。

すなわち

初・中級者には「やさしく」感じられ→スコアアップ

上級者(900点レベル)には「むずかしい」と感じられ→スコアダウン

そして、超上級者は→いつもと同じく990点取得

もっと言えば・・・

「今回(170回)でスコアダウンした人は
本当の実力がまだ伴っていない」


・・・・ということでしょう。

まさにその通りだと思います。
まだまだ実力不足!
「いつでも満点が取れる」
圧倒的な実力を目指したいです!

★それにしてもTommyさんの
「トロント発・TOEIC受験レポート」
は必読です!絶対オモシロイです。

TOEIC受験レポート(カナダ編)

4月も公開テスト!

「TOEIC公開テストが、年10回に!」

TEX加藤先生のブログで見つけました。
来年から、4月にも実施されることが決定しました。

ここをクリック→TOEIC 4月実施

でも、ちょっと待てよ・・・

「試験会場は8カ所のみ」とある。

つまり、「都市在住でないと不利」ってことですよね。

私の場合、ふだん豊橋で受験してますが、
これについては、名古屋まで出ないと受験できない。

「限定実施」みたいなもんですね。
ややがっかり。でも受けますけど(笑)

韓国みたいな「毎月実施」
いつになったら実現するのか?早くしてくれ~!

※同意していただける場合は、クリックお願いします!↓


新公式問題集Vol .5

ついに発売!「新公式問題集 Vol .5」

Morite2先生のブログを見たら
「今なら、注文できますよ~」と書いてありました。

Vol 5

アマゾンから注文しちゃいました。
ワンポチ、いや「1 Click 注文」を使いました。

3年ぶりの新刊ですから、楽しみですね。
(飛ぶように売れているそうです)

あ、それまでに
Vol 1-Vol.4 の8セットを復習しちゃいます。

※応援クリックお願いします!↓

NOT 問題

「満点がねらえるレベル」まで
なんとかたどり着いた私ですが、
それでも問題演習で(本番ではしていないと願いたい)
「NOT問題のNOTを見落とす」
という「初歩的なミス」をすることがある。

IMG_0579.jpg

"What is NOT stated in the memo?"
(本文と一致しないものはどれか?)
(A)本文に不一致 =正解
(B)本文に一致 =不正解
(C)本文に一致 =不正解
(D)本文に一致 =不正解

ここで「NOT問題のNOTを見落とす」
というミスをした場合、2つの状況が発生する。

(1)メリット:「答えがすぐに見つかる!」
あたり前です。
「本文に一致する選択肢は3つもある」のだから。
確率的には4分の3、つまり75%の確率で
本文と一致する選択肢があることになる。

「やった!この選択肢って、本文と一致するぞ!
言い換えされているけど、ちゃんと見抜いちゃった。
うーん・・・こんなにスムーズに見つけちゃうなんて
結構レベルアップしたのかも!」
・・・などと喜んでマークできる。

でも、ここで
「あれ?答えが2つある?」って
気がつかないといけないんですね。
(よろこびすぎて気がつかない)

(2)デメリット:「正解が選べない」
しかし、「NOTを見落とした」にもかかわらず
「正解」(本文に合わない選択肢)を選べたら、ある意味スゴイかも。
(あ、すごくないか・・・)

解答用紙

とうとう、解答用紙を作っちゃいました。
(下がイメージです)
解答用紙

以前の記事で紹介した解答用紙は
アナログの切り貼りで作りました。

でも、やはり見栄えがよくないのと、
他の人に渡すことができないので、
エクセルで作成してみました。

思ったよりうまくできた感じです(笑)

でも、せっかく作ったのですが、
これ、エクセルファイルもPDFも、
FCブログでは、アップできないんですね~

なんとかブログからダウンロード
できるようにしたいのですが
(ご要望もありますので)

無料のストレージスペースを確保して、
そこにアップする方法らしいですが
やり方ご存じの方、教えてください。

究極の模試ゲット!

「究極の模試」ゲットしました!

すでにアマゾンで注文していたのですが、
なかなか届かないので、イライラ。

「DIOさんには届いたのに・・・」

そんな今日・・・

あるじゃないですか!書店の店頭に!
ついつい、購入してしまいました。
(2冊目になっちゃうけど、まあいいか)

Hiro600.jpg

「公式問題集」と同じサイズなんですね。
ここまで大きくなくてもよかった気もします。

でも、日本のA5サイズは「小さすぎる」
韓国のB5サイズが、ベストかも知れません。

↓前田先生ご自身のブログにもコメントあり。
前田先生のレビュー

ヨウシガンは、いったん中断!

「究極の模試」で、DIOさんをおいかけるぞ~

※応援クリックお願いします!

プロフィール

VOZE

Author:VOZE
【TOEIC倶楽部】
入会はこちら


【一級さん倶楽部】
入会はこちら


【英検1級 戦績】
2016-2 2800

(749/721/674/656)
2016-3 2918
(733/753/790/642)
2017-1 2202
(726/712/764)

【TOEIC 戦績】
LR 990 (14回)
S 200 (3回)
W 200 (2回)

青字=最高点
赤字=全問正解
13/01 495 490 985
13/03 495 490 985
13/04 495 475 970
13/05 495 495 990
13/06 495 480 975
13/07 495 495 990
13/09 495 495 990
13/10 495 485 980
13/11 495 480 975
13/12 495 495 990
14/01 490 460 955
14/03 490 495 985
14/05 495 475 970
14/06 495 495 990
14/07 495 480 975
14/09 495 495 990
14/10 495 475 970
14/11 495 490 985
14/12 495 495 990
15/01 495 485 980
15/03 495 490 985
15/04 495 485 980
15/05 495 490 985
15/06 490 495 985
15/07 495 495 990
15/09 495 485 980
15/10 495 475 970
15/11 495 485 980
15/12 495 495 990
16/01 495 490 985
16/04 495 490 985
16/05 495 470 965
16/06 495 495 990
16/07 480 495 975
16/09 495 495 990
16/10 495 465 960
16/11 495 495 990
16/12 495 485 980
17/01 495 490 985
17/04 495 495 990
17/05 495 495 990
17/06 申込済
17/07 申込済

カテゴリ
検索フォーム